« Vol.121 『カッコいい定額給付金の使い方って?』 | トップページ | Vol.122 『“売り込み臭”を感じさせる言葉とは?』 »

2009年5月 7日 (木)

Vol.121 『苦手な人に対するマイナスイメージを軽減するには?』

映画監督のロイ・ロンドンは言いました。
「長所だけが才能ではなく、短所もまた才能である。他人と違う面、なじまない面こそ、自分をユニークにするもの。世にささげるべき真の才能である」
才能が長所の形だけで現れないということが、自分自身の個性をわかりにくくしているのですね。才能の種とは、ユニークさの発見であり、それが開花へのステップなのです。変化の激しい世の中では、まともな人よりも、変わり者の方が役に立ちます。<中略>思い出しましょう。もともと人は、個性あふれる存在だということを。他人の個性をまねるほど個性が不足している人は、一人もいないのです。個性を表現していないから忘れているだけで、なくなってはいないのです。個性を思い出すヒントは、たとえば、あなたが感じる「違和感」の中にあります。同じような違和感を何度も感じたとき、それは眠っていた個性が無意識に反応している可能性が高いのです。<中略>長所は、よく表現された個性。短所は、まだ表現されていない個性。

(『人を幸せにする話し方』   平野秀典 著)
実業之日本社 P.76より引用)

わたしたちは、人の性質を長所・短所というように良し悪しで評価しがちですが、上記のように「ユニークさ」ととらえたときに、いままでにない衝撃がありました。

たとえばわたしは、帰りの地下鉄で読書中によく下車駅を通過して終点まで行ってしまいます。これは現象だけみれば「ただの天然な人」とも言えますが、「集中力が半端でなく高い」わけで、仕事や勉強などで、それがプラスに働くこともあります。

また、わたしの周りに、どこに行ってもすぐにダメ出しがポンポン浮かぶ友人がいます。彼は、レストランでもホテルでも、「なんで?これは、ありえないだろ?」と不満を漏らします。それは、ある面では「欠点ばかり見つける嫌味な人」に映るかも知れませんが、要はそれだけ「居心地の良し悪しに敏感」なわけで、見方を変えれば「人が見過ごしがちな改善点をすばやく見抜く、洞察力の鋭い人」とも言えます。

このように、「集中力が半端でなく高い」とか「居心地の良し悪しに敏感」というのは、それぞれに「ユニークさ」です。「ユニークさ」を探すと、そこに良し悪しの評価は入らず、その人自身をありのままに見ることができます。

これからは、苦手だな~と感じる人が近くにきたら、「この人のユニークさは何か?」という問いを自分に投げかけてみようと思いました。

|

« Vol.121 『カッコいい定額給付金の使い方って?』 | トップページ | Vol.122 『“売り込み臭”を感じさせる言葉とは?』 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事