« Vol.120 『お客さんに罪悪感を持たせない工夫、してる?』 | トップページ | 今月の本棚 【2009年4月】 »

2009年4月 2日 (木)

Vol.120 『心の中で会話をしない。』

心理学者によると、平均的な人間は一日に6万個の思考を頭の中にめぐらせるそうです。残念なことに、この思考の95%はあなたが昨日考えたことと同じことです。そしてその前日に考えたこととも同じです。
要するに、あなたの頭の中にめぐっている思考のほとんどは、生産性がないおしゃべりで、何の役にも立ちません。<中略>
あなたが全く独自の面白いアイデアを出したのは、いつのことでしたか?悲しいことに、大多数の人々が日常の雑念にとらわれて日々を無駄に過ごしています。人生を明瞭に見つめることをあなたの優先事項にする訓練をしてください。どのような形でもかまいませんので、瞑想をする時間と場所を作ってください。行かなければならない場所、やらなければならないことを忘れ、心の中の無意味なおしゃべりを止めるのです。そして高尚な叡智を感応できるように自分をオープンにしてみましょう。

(『ガラクタ捨てれば自分が見える』   カレン・キングストン 著 小学館文庫 P.195より引用)

「最近、ちょっと気分が乗らないなあ」「っていうか、かなりテンション低いし、憂鬱だし」そう感じているとき、大抵はネガティブで後ろ向きな言葉が頭の中を駆け巡っています。そしてしばらく嫌な気分をひきずってしまう。そんなことありませんか?

わたしの場合、無意識のうちに頭の中でボ~っと考えていることの大半は、心配ごとや大して建設的でないことばかりでした。
「心を健康で保つことが何より大切」だと感じる今、「必要以上に自分を後ろ向きにさせるような“心の中の会話”はストップさせよう!」と決めてみました。すると、こんな簡単なことで、けっこう気持ちがラクになってビックリ!
ただ、はじめのうちは、うまくいきませんでした。なぜなら、気がつかないうちに「不安」が頭の中に侵入してきて、いつの間にか“心の中の会話”が勝手にスタートしてしまうから。そこで、「このことを今は考えなくてもよい」という許可を自分に与えるために、次のルールをつくりました。

「考えごとは、
①その考えごとの当事者と会っている(電話している)ときか、
②パソコンに向かってメールを書いているときか、
③紙に向かって書きながらやるか、のいずれかでのみ、行う。
それ以外のときは、考えないでボ~っとしていたほうが、むしろいい」

というルールです。
そして、漠然とぐるぐる考えることから自分を解放することがスムーズになりました。そして、新たに生まれたボ~っとした「間」が、自分に本当に必要な“ひらめき”を与えてくれたりします。それをちゃんとキャッチできると信じて、安心してボ~っとしてみる。一度、試してみてはいかがでしょうか。

|

« Vol.120 『お客さんに罪悪感を持たせない工夫、してる?』 | トップページ | 今月の本棚 【2009年4月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事