« Vol.119 『切り返しのトレーニングを積む。』 | トップページ | 今月の本棚 【2009年3月】 »

2009年2月25日 (水)

Vol.119 『その議論は“前提”が間違っていないか?』

ある製造メーカーの業績会議でのこと。不良率を下げることをスローガンに掲げるにあたり、この1年間の不良率とロスの金額が書かれた報告書が参加者に配られました。
それを見ると、1か月あたり何十万円、多い月は百万円を超えるほどのロスが発生していると書かれています。会社の売上規模からすると、これは利益を大幅に圧迫する事態です。
その報告書を見た社長は、みるみる表情が変わっていきました。
「いったい、何をやってんだ!こんなにロスが出ていたら、利益が出るわけがないだろう!」

もっともな話です。現場責任者の工場長は、呟きます。
「いや~、そんなに言うほどはロスはないはずなんですけどね~」

しかし、経理担当者は言い返します。
「いえ、ちゃんと現場から出てきた数字を拾って出しているので、間違いはありません」

会議室の空気が重くなる中、ちょっと気になったわたしは、ある質問を投げかけました。
「この不良によるロスの金額は、“販売額”ベースか“原価”ベースか、どちらですか?」
つまり、「正常につくれていたらこの金額で売れていたはず」という、自社の見込み利益を乗せた“販売額”ベースか、それとも「実際に会社が負担したコスト」つまり原材料や外注費などの原価だけを乗せた“原価”ベースか、どちらですか?と尋ねたのです。

確認していくと、“販売額”ベースでの算出になっていました。たしかに仕事が一杯で、「つくればつくっただけ売れる」ときであれば、“販売額”ベースでの計算でいいでしょう。
しかし、いまは発注量が少なく、受け皿に余裕がある状態。ならば、実質的なロスは原材料と外注費だけなので“原価ベース”ではじき出すべきです。
前提が「仕事量>受け入れ余力」のときと「仕事量<受け入れ余力」のときとでは、考え方がまったく違ってくることを見落としていたわけです。
そこで、前提をそろえて数字をはじき出すと、さほど問題ではないことがわかりました。
危うく、ゴールのない議論を積み重ねてしまうところでした。人によって“前提”が違うことは多い。建設的な議論をしたければ、まずは前提を確認してからにしましょう。

|

« Vol.119 『切り返しのトレーニングを積む。』 | トップページ | 今月の本棚 【2009年3月】 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事