« Vol.118 『恐れずに、足を踏み込んでみる。』 | トップページ | 今月の本棚 【2009年2月】 »

2009年1月26日 (月)

Vol.118 『点の発想から、面の発想へ。』

昨年1年の間、通常のコンサルティングやセミナーのほかにも、数多くの経営者とお会いしてきました。その中で、この不景気にも関わらず、業績を伸ばし続けている会社 の共通点は何か?を考えていたところ、「もともとあった仕事の橋渡しをするビジネス」が伸びていることに気づきました。

たとえば、名古屋にビルを構える、ピエロを育ててブッキングする会社。デパートの催事などでよくパフォーマンスをする姿を見かけますね。あのようなパフォーマーを育て、エンターテイメントはもちろんのこと、病院に派遣して子どもや老人を励ましたり、企業に出張してサービスについての教育にたずさわったり、と業界の間を橋渡しする仕事をされていて、10年間、ずっと右肩あがりで成長しています。

ほかの例では、出版プロデュース会社。著者と出版社と書店の間に入り、売れる素材を発掘し、それを売れるコンテンツに洗練させ、その分野に強い出版社を仲介し、本が仕上がった後は、書店とも連携してベストセラーになるのを支援する。

いずれも、以前は存在しなかった分野を創出しています。なぜ、そのような発想が持てたのか?推測するに、その理由の1つは、「業界全体を俯瞰して、連携が滞っているところに、スムーズな流れをつくる」発想を経営者が持っていたからだと考えます。つまり、仕事を点として見るのではなく、線、そして面として俯瞰して見ているからこそ、どこに滞りがあるかに気づき、チャンスを見出せたのではないでしょうか。

この点については、わたし自身は、これまで「会社」という社会の中で、社長と社員の連携の滞りにフォーカスしてきました。そして今後の関心の1つは、「学校教育」と「ビジネス」の連携です。その一環として、昨年は都内の女子高で授業を行いました。「知らないが故の漠然とした怖さ」で一歩踏み出せない若者の背中を押してあげたい。
これがビジネスとして成立するかどうかは、これからのチャレンジですが、何か新しい世界が待っているような、ワクワク感を感じています。
今月、いま足を踏み入れているフィールドを、マクロ的に眺めてみてはいかがでしょうか?

|

« Vol.118 『恐れずに、足を踏み込んでみる。』 | トップページ | 今月の本棚 【2009年2月】 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事