« vol.117 『これは、ホントにいまのわたしに必要な我慢か?』 | トップページ | 今月の本棚 【2009年1月】 »

2008年12月26日 (金)

vol.117 『きっかけの訪れを待つ人、自らきっかけをつくる人。』

「急ぎではないけど、いつかはやってみたいことをリストアップしてください」そういわれたら、どんなことを思い浮かべますか?

わたしは「何年も前からやりたいと思っていながら、やらずに過ぎていること」がたくさんあります。部屋に飾れるレベルの絵を描くこと、落語やお笑いライブを観にいくこと、オーケストラのコンサートをCDではなく生で聴くこと、などなど。その一方で、「前からやりたいと思っていて、実際にやれたこと」もあります。自分で料理をして家族に食べさせること、裏庭での家庭菜園、社交ダンス、生け花、陶芸、などです。(いずれも短い時間ではありましたが)

どちらも「やりたいと前から思っていたこと」です。それなのに、やれたこととやれなかったことがありました。その違いは一体何か?やりたい度合の強さか? あるいは、自分にとっての必要性か? いずれもNOです。

よく振り返って考えてみると、その違いは「きっかけがあったかどうか」でした。

もっと正確に言うと、「誰かに声をかけてもらったかどうか」です。「花を習おうよ」「ダンスを習おうよ」「料理を作ってみてよ」と、誰かに背中を押してもらえたことは、やれた。逆に誘われていないことはやっていない。ただそれだけの違いでした。

「なんだか、他人依存的な理由だな」と思いました。でも、そんなものかも知れません。ただでさえ、「やらなきゃいけないこと」が沢山ある中で、「急ぎではないけど、いつかはやってみたいこと」は強制力がない分、先送りしやすい、つまり「きっかけをつくりにくい」からです。理由がわかったら、対策は打ちやすい。はじめの一歩は、「これをやってみたい」と人前で言うこと。そして、人に誘ってもらえる可能性を高めることです。そしてできたら、こちらから人を誘い、自らきっかけをつくる人になれたら素敵ですね。

|

« vol.117 『これは、ホントにいまのわたしに必要な我慢か?』 | トップページ | 今月の本棚 【2009年1月】 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事