« Vol.115 『欲しいものは、1週間だけ待ってみる。』 | トップページ | 今月の本棚 【2008年11月】 »

2008年11月 1日 (土)

Vol.115 『もっともらしい既成概念を破るのは、経験。』

あるリゾートホテルに家族で遊びにいったときのこと。当時5歳の娘と妻の3人で滞在している間、みんな一緒のときもあれば、子どもに体 験アクティビティを受けさせている間、わたしと妻はとなりのブックカフェでしばしのリフレッシュタイム。家族一緒の時間とひとりの時間をバランスよく楽しみました。

後日ある雑誌でそのホテルのオーナーが「大人のためのファミリーリゾート」のコンセプトで作ったとの記事を読みました。そのコンセプトを決める会議の席で、彼は社員たちに対して次の質問を投げかけたそうです。

「ファミリーで旅行に来た場合、親は滞在中、子どもとずっと一緒にいるのが本当に楽しいのだろうか?

「ファミリー旅行」イコール「家族団らん」。
何も疑わずそう考えていた人にとって、この投げかけは衝撃的だったことでしょう。

わたしは親として、家族と一緒の時間も楽しいが、別行動も大いにアリだと考えていました。
一緒に旅行に行ったら、その間はずっと一緒に行動しなければならない、というのは、型にはまった既成概念ではないでしょうか?実際には、静かなところでホッと一息入れたいときもあるし、自分のペースでウインドウショッピングしたい人もいるでしょう。

また、あえて別行動のひとときがあるからこそ、その引き離された「冷却期間」のうちに愛おしさも募り、あとで再会したときの会話が一層盛り上がることもある。これは夫婦旅行でも同じで、わたしたちは「別行動タイム」を持つようにしていました。

実際に経験してみると、想像とは違うことはたくさんある。そんな一見もっともらしい既成概念は、世の中にたくさんある。その改善を待っている人たちも少なからずいるでしょう。期待と現実の間にギャップがあったとき、そこに宝の山がある。頭で考えるだけじゃなく、いろいろ経験することで、その宝の山を見つけていきたいと思います。

|

« Vol.115 『欲しいものは、1週間だけ待ってみる。』 | トップページ | 今月の本棚 【2008年11月】 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事