« Vol.112 『最終ゴールは、前日の晩に決めておけ。』 | トップページ | 今月の本棚 【2008年8月】 »

2008年8月 1日 (金)

Vol.112 『視点を与えてから、考えさせる。』

部下や後輩が早く育つあなた独自のコツって、ありますか?その人のキャパシティ以上にあれこれ詰め込んでも、結局は右から左に流れてしまうだけで、お互いストレスになってしまいますよね。上司としても、同じことを繰り返し言うのはイライラするもの。

「人に教える人がもっとも学んでいる」と言われるように、エネルギーを一番出している人が成長します。問題を解決するために考え抜くのもエネルギーの放出ですから、それを上司ばかりがやっていると、部下は考え抜くことをサボるので、成長しません。
かと言って、「君はどうすればいいと思う?」と問いかけても、一向に答えは出てこない。本人の中に答えがないのだから、引き出しようがないと落胆する。だったら、「結局はトップダウンで教え込むしかないか」となってしまうのは、あなただけではありません。
本人の中から答えを引き出そうとして、かえって上司がストレスをかかえている状況は、日本のビジネスシーンに浸透してきたコーチングが、間違って解釈された弊害なのかも。
コーチングはあくまで問題解決のツールなので、他のツールと使い分ければいいはず。

そこで部下の成長を促すために、部下自ら建設的に考えさせるコツを紹介します、それは、上司があらかじめ多面的な視点を与えた上で、その具体策を考えさせるのです。
よくある失敗例は、漠然と質問をするから漠然とした答えが返ってくるケース。たいていの部下は一面的にだけ考えて、あらゆる角度から考える視点を持っていません。
たとえば、営業マンが「なぜあのお客さんは買ってくれなかったのか?」と考える際に、「金額が高すぎたのか?」「ほかにキーマンがいたのか?」「そもそも欲しいというモチベーションを引き出していたか?」「タイミングが早すぎたのか?」「最近買い物に失敗して営業マンに不信感を抱いていたのでは?」など、いろいろな視点がありますが、その視点自体が思いつかないのです。だからいつも「金額が高いと言われました」という画一的で進歩のない営業報告をしてくるのではないでしょうか。
はじめの一歩は、1つの問題に対して、複数の視点を上司が紙に書き出して部下に渡す。
部下はその視点の下にアイデアや考察を書き出すというもの。
上司はそれを見ると、どこまでわかっていて、どこがわかっていないのか、部下の頭の中が丸見えになります。これはもう一目瞭然です。一度、トライしてみてください。

|

« Vol.112 『最終ゴールは、前日の晩に決めておけ。』 | トップページ | 今月の本棚 【2008年8月】 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事