« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月 1日 (金)

Vol.112 『視点を与えてから、考えさせる。』

部下や後輩が早く育つあなた独自のコツって、ありますか?その人のキャパシティ以上にあれこれ詰め込んでも、結局は右から左に流れてしまうだけで、お互いストレスになってしまいますよね。上司としても、同じことを繰り返し言うのはイライラするもの。

「人に教える人がもっとも学んでいる」と言われるように、エネルギーを一番出している人が成長します。問題を解決するために考え抜くのもエネルギーの放出ですから、それを上司ばかりがやっていると、部下は考え抜くことをサボるので、成長しません。
かと言って、「君はどうすればいいと思う?」と問いかけても、一向に答えは出てこない。本人の中に答えがないのだから、引き出しようがないと落胆する。だったら、「結局はトップダウンで教え込むしかないか」となってしまうのは、あなただけではありません。
本人の中から答えを引き出そうとして、かえって上司がストレスをかかえている状況は、日本のビジネスシーンに浸透してきたコーチングが、間違って解釈された弊害なのかも。
コーチングはあくまで問題解決のツールなので、他のツールと使い分ければいいはず。

そこで部下の成長を促すために、部下自ら建設的に考えさせるコツを紹介します、それは、上司があらかじめ多面的な視点を与えた上で、その具体策を考えさせるのです。
よくある失敗例は、漠然と質問をするから漠然とした答えが返ってくるケース。たいていの部下は一面的にだけ考えて、あらゆる角度から考える視点を持っていません。
たとえば、営業マンが「なぜあのお客さんは買ってくれなかったのか?」と考える際に、「金額が高すぎたのか?」「ほかにキーマンがいたのか?」「そもそも欲しいというモチベーションを引き出していたか?」「タイミングが早すぎたのか?」「最近買い物に失敗して営業マンに不信感を抱いていたのでは?」など、いろいろな視点がありますが、その視点自体が思いつかないのです。だからいつも「金額が高いと言われました」という画一的で進歩のない営業報告をしてくるのではないでしょうか。
はじめの一歩は、1つの問題に対して、複数の視点を上司が紙に書き出して部下に渡す。
部下はその視点の下にアイデアや考察を書き出すというもの。
上司はそれを見ると、どこまでわかっていて、どこがわかっていないのか、部下の頭の中が丸見えになります。これはもう一目瞭然です。一度、トライしてみてください。

|

Vol.112 『最終ゴールは、前日の晩に決めておけ。』

マイヤー氏のノートにあったルール-「交渉の目的と最終ゴール」を紙に書いて明確にしておくこと。
これがなければ、よくても悪くても雰囲気にのまれてしまい、本当のハッピーな結末には至らない。厳しい雰囲気だと交渉の本質を見失うことは少ないが、ジョーク交じりの楽しい雰囲気だと、気を許してわれを忘れることが多い。楽しい雰囲気の中でこそ、交渉の目的と最終ゴールをきちんと確認しなければいけないというのが、セカンドステップにおいてイタリア人から学んだことだ。

(『3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術』 マーク富岡 著
サンマーク出版 P.78より引用)

先日コンサルが終わり、同行していた仲間と食事をしていたときのこと。
乾杯をしたあと、彼が首をかしげて尋ねてきました。
「和仁さんの面談は、クライアントに合わせて行き当たりばったり的に話しが飛んでいるように見えるんですが、ポイントというか落とし所は絶対に外さないですよね。普通ならその場のノリで、そのまま流れてしまいそうなんですが。なにかコツでもあるんですか?」

わたしは重要な面談や打ち合わせ、セミナーなどがあるときに必ず行う習慣があります。
それは、前日の晩に、「翌日、どんな結果が欲しいかを3つ、デイリーシートに箇条書きで書き留めておく」というものです。数年前からふと思いついてやっていたのですが、実際にやってみると、それがくさびとなって確実にそこに落ち着くようになりました。
たとえば、翌日に経営者向けのセミナーを控えているときであれば、次のように。

1. 過去数年悩んでいたというお金のストレスから解放され、先の見通しがたつ状態を味わっていただき、夢を勇気と希望を持ち帰っていただく。
2. 同席する後輩に、セミナー講師のモデルとして、またコンテンツの伝授の意味で、継承の場として活用する。
3. セミナー後に、達成感と充実感を味わいながら、帰りにビールで一杯やる。

これをすると、わたしの無意識にそのゴールがインプットされ、自動的にそちらに向かっていくような感じになります。また、それを書きながら「明日1日の意義はここにある」と決意しています。つまり、手帳に書き込むのは、わたしがそれを最重要テーマであると位置づける儀式なのです。そしてその日の晩に手帳を振り返ると、いずれもクリアされていて、ペンで「OK」とチェックした瞬間、達成感と自信を味わいます。
簡単な習慣ですが、これで結果が違ってくるのであれば、やらない手はないですよね。

|

今月の本棚 【2008年7月】

1)ビジョナリークリニックって? ★
丹羽浩之 著/デンタルダイヤモンド社

階段の踊り場で一息ついている歯科医院が、次の
ステージをいかに駆け上がるかのビジョンを描ける1冊。

※アマゾン非掲載。

2)最上川ものがたり ★
堀貞一郎 著/ユニバース出版社

人生の教訓がおりこまれた物語の中に、地域の特徴がちゃんと
取り込まれていて、これを読んだらその地に足を運びたくなる。

3)世界一わかりやすい会計の本
ウエスタン安藤 著/イースト・プレス

4)いい会社をつくりましょう
塚越寛 著/文屋

5)仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか
山本ケイイチ 著/幻冬舎新書

6)日本進化論
出井伸之 著/幻冬舎新書

7)出逢いの大学
千葉智之 著/東洋経済新報社

8)不謹慎な経済学
田中秀臣 著/講談社

9)物理学はいかに創られたか(上・下巻)
アインシュタインインフェルト 著/岩波新書

10)雨の日も、晴れ男
水野敬也 著/文春文庫 

笑えるほどのプラス発想で、元気づけてくれる1冊。

11)絆の法則
澤谷鑛 著/学研

12)未来予知ノート ★
ジョセリーノ 著/ソフトバンククリエイティブ

地震など未来の天災にそなえて、準備をし、それが来ないことを祈ろうと思う。

13)あなたは、わたし。わたしは、あなた。 ★
中西研二 著/VOICE

理不尽や理解できない出来事に直面したとき、立ち止まって読みたい。

|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »