« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月 1日 (木)

Vol.109 『イメージ力UPの公式=対話量×経験量×好奇心』

今でこそ、わたしは「ビジョンを描こう」「理想をイメージしてみよう」と人に言っていますが、ほんの十数年前の社会人になりたての頃は、いくらイメージしようとしても頭の中に映像が浮かぶことはほとんどありませんでした。成功哲学本を読むと、「イメージしたことが現実化する」と言うし、スポーツ同様、本番前にイメージしないと不安で仕方がなかったのですが、どうしてもイメージができない。言い方を変えると、先を読む力がなかったのです。そのため、はじめは無理やり言葉を紡いで、それを自分に思い込ませていたわけで、今思えばわたしの言葉には臨場感や説得力がなかったように思います。

そんなわたしが、「なぜ、今ではさほど苦労もなく先のイメージができるのか?」と振り返ってみました。その答えはずばり、「経験量」の引き出しが増えたからです。でも、はじめは誰もが経験量は少ないものです。そこで今すぐできることは、自分にない経験をした人との対話量を増やすこと。そしてそれらを積み重ねるうちに少しずつ興味がわくものが見つかり、好奇心が開発され、磨かれる。そして、好奇心が経験量を引き上げていく。
つまりイメージ力は、「人との対話量」「経験量」そして「好奇心」の相乗効果で磨かれていくということです。

もともと好奇心旺盛な人は、それを原動力にして人に尋ねたり、調べたり、実践したりとどんどん行動を起こしていけるのでしょうが、誰もがはじめからそうだとは限りません。社会人になりたての頃のわたしのように、はじめは好奇心がそれほど高くない人でも、まずは対話量を増やし、経験を積み重ねていくうちに、気がつくとある分野においては好奇心が高まり、さらに経験したくなる中で、イメージ力は磨かれていくことを知りました。
そして、ひとつの分野で深く掘り下げてイメージできる力が身につくと、不思議とそれは全く関係ない分野のことでも応用できることもあるようです。スポーツの超一流選手が超一流ミュージシャンとの対談でものすごく話がシンクロして盛り上がる場面を見たことがありますが、それは自分の領域でトコトン深掘りして考え抜いて生きている者同士だからこそ、お互いの話が手に取るようにイメージできるからでしょう。
イメージ力を磨くはじめの一歩。対話量を増やすことから始めてみては?

|

Vol.109 『自分の才能は、人に教えてもらう。』

ぼくがこのキャラクターになるまでに、じつはかなりの時間がかかった。恥ずかしかった。人前で変な顔をしたり、変なポーズを取ったり、以前はそういうことが全然できなかった。恥ずかしいものは、道化師になったって変わらず恥ずかしい。道化師のぼくがいうのもなんだけど、ぼくは人よりよっぽどまじめな性格なんだと思う。転機は、ある人から公演で「バカキャラをやってくれ」と頼まれたこと。イヤだったんだけどなぜか断りきれなかった。「人からの頼み」って、たぶんすごい力を持っているのだろう。無理やり背中を押されたぼくは、なかばヤケクソぎみに「バカキャラ」になることになった。恥はひとたび捨てると、なぜ今までそんなことを恥ずかしがっていたのか、自分でも思い出せなくなるものだ。懸命になってドジを演じているうちに、いつの間にか「自分」と「役柄」との境目が消え、環境の笑い声に包まれながら、ぼくはステージと一体になっていた。自分の殻を破った瞬間。それはとてもすばらしい気分だった。才能は探すものじゃない。人とのかかわりあいの中で、自然に見つかるものかもしれない。そのときつくづくそう思った。

(『ホスピタルクラウン』 大棟耕介 著 サンクチュアリ出版 P.55より引用)

「人生は才能探しの旅である」とは、東京ディズニーランドの元総合プロデューサーの堀貞一郎先生の言葉。数々の偉業を成し遂げてこられた上に、多彩な趣味も楽しまれ、まさに人生を謳歌されている人物ならではの、含蓄のある深いお話でした。数年前にこのお話を伺ったときから、「ぼくの才能って、一体何だろうか?」という問いかけが始まりました。でもこれをイスに座っていくら自問しても、答えはなかなか出てきません。なぜでしょう?

それはおそらく、自分の才能は、自分としては当たり前過ぎて、目に留まらずにやりすごしてしまうからです。

・人が自分にどのような頼みごとをしてくるかに注目する。
・あなたが何をしたときに、人が喜んでくれているかに注目する。
・人に、直接聞いてみる。

そんなことをしていくうちに、わたしは自分の才能は、「人の話を楽しく“積極的に”聴けること」「難しいことをわかりやすく表現すること」「コツコツ続けること」の3つだろうと、今のところは思っています。振り返ってみれば、その3つを武器にして、コンサルティングや執筆・講演など今の仕事をしていることにも気づかされます。そして、それがわかっていると、その才能をますます発揮しようという気にもなり、仕事が楽しくなります。

あなたは、ご自身の才能は何か、つかんでいますか?

|

今月の本棚 【2008年4月】

1)3分間コーチ ★
伊藤守 著/ディスカヴァー

3分間、部下について考える時間をとることと、部下と的を絞った
短い会話をすること。この2つがシンプルマネジメントの鍵。

2)ワインと外交
西川恵 著/新潮新書

饗宴のテーブル上が、政治情勢とどう関係しているのか。
飲食と人間関係の密接な関係が学びとれる。

3)なぜ、追いつめられたネズミはネコに噛みつくのか? ★
溝口耕児 著/フォレスト出版

非日常空間でビジョンを探すことの意味と、その具体的な方法がよくわかる。捨てる勇気、写真を再現するイメトレなども重要。

4)天命の暗号 ★
出口光 著/中経出版

人の聴き方には、達成・親和・献身・評価の4タイプあり、それぞれに傾向がある。良し悪しではなくタイプである。

5)すごい仕事力 
朝倉千恵子 著/致知出版

朝倉さんの強さの秘訣の1つは、この本の扉にある「強運をつかむ31の言葉」に背中を後押しされているからだと感じた。

6)富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか ★
高岡壮一郎 著/幻冬舎

インテリッチなハイエンド層が、自分にふさわしい場所や人、サービスを手に入れることにいかに困っているか、伝わってきた。

7)ポケット成功術
山崎拓巳 著/サンクチュアリ出版

8)痛み解消メソッド脅威のエゴスキュー
ロジャー・ギティンズ 著/KKロングセラーズ

9)ココロ充電池
奥田弘美 著/サンクチュアリ出版

10)1冊まるごと佐藤可士和。 ★
pen編集部/阪急コミュニケーションズ
 
アート・ディレクターという世間に認知されていない職業のポジションを確立した立役者にせまった1冊。写真が多くてgood。

11)竹原慎二のボコボコ相談室 ★
竹原慎二 著/小学館プロダクション

「日本で一番救いのない悩み相談室」のオビコピーの通り。痛快で毒舌な中に、核心をついた回答が目をひきつける。

|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »