« Vol.108 『発想がズレてきたと感じたら、現場に戻れ。』 | トップページ | Vol.109 『自分の才能は、人に教えてもらう。』 »

2008年5月 1日 (木)

今月の本棚 【2008年4月】

1)3分間コーチ ★
伊藤守 著/ディスカヴァー

3分間、部下について考える時間をとることと、部下と的を絞った
短い会話をすること。この2つがシンプルマネジメントの鍵。

2)ワインと外交
西川恵 著/新潮新書

饗宴のテーブル上が、政治情勢とどう関係しているのか。
飲食と人間関係の密接な関係が学びとれる。

3)なぜ、追いつめられたネズミはネコに噛みつくのか? ★
溝口耕児 著/フォレスト出版

非日常空間でビジョンを探すことの意味と、その具体的な方法がよくわかる。捨てる勇気、写真を再現するイメトレなども重要。

4)天命の暗号 ★
出口光 著/中経出版

人の聴き方には、達成・親和・献身・評価の4タイプあり、それぞれに傾向がある。良し悪しではなくタイプである。

5)すごい仕事力 
朝倉千恵子 著/致知出版

朝倉さんの強さの秘訣の1つは、この本の扉にある「強運をつかむ31の言葉」に背中を後押しされているからだと感じた。

6)富裕層はなぜ、YUCASEE(ゆかし)に入るのか ★
高岡壮一郎 著/幻冬舎

インテリッチなハイエンド層が、自分にふさわしい場所や人、サービスを手に入れることにいかに困っているか、伝わってきた。

7)ポケット成功術
山崎拓巳 著/サンクチュアリ出版

8)痛み解消メソッド脅威のエゴスキュー
ロジャー・ギティンズ 著/KKロングセラーズ

9)ココロ充電池
奥田弘美 著/サンクチュアリ出版

10)1冊まるごと佐藤可士和。 ★
pen編集部/阪急コミュニケーションズ
 
アート・ディレクターという世間に認知されていない職業のポジションを確立した立役者にせまった1冊。写真が多くてgood。

11)竹原慎二のボコボコ相談室 ★
竹原慎二 著/小学館プロダクション

「日本で一番救いのない悩み相談室」のオビコピーの通り。痛快で毒舌な中に、核心をついた回答が目をひきつける。

|

« Vol.108 『発想がズレてきたと感じたら、現場に戻れ。』 | トップページ | Vol.109 『自分の才能は、人に教えてもらう。』 »

今月の本棚」カテゴリの記事