« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月 1日 (土)

Vol.101 『今の姿は忘れて、望む姿になっているイメージを持つ。』

彼はこれまでの業績の結果に縛られたイメージを心に抱いてしまっている。175位というイメージを心に抱きながら、ベスト100に入ろうと努力しているのです。残念ながら、心に抱くイメージと目指している結果が同じでなければ、どんなに優秀なスタッフが一生懸命努力しようと、望む結果を得ることができません。そこでわたしはポールに、現在の業績は忘れて、業績がベスト100になっているイメージをもつことをアドバイスしました。つまり、すでにベスト100に入っているつもりで行動するのです。現実の世界で達成する前に、まず心の中(精神界)で達成しておくことだと諭しました。そして、この考えをスタッフ全員に理解してもらうことも必要であることも付け加えてアドバイスしました。

( 『宇宙を味方にしてお金に愛される法則』 ボブ・プロクター 著
 きこ書房 P.106より引用 )

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」という名言を知っている人は多いと思います。
つまり、心の中でイメージしたことは現実の世界でも実現する、という話です。
それを聞いたときの人の反応はさまざまです。とくに、その考えに否定的な人は、
「心の中でイメージしただけで、そうなるぐらいなら、苦労はしないよ。少なくとも、わたしには当てはまらないさ」というような意見を持つようです。
しかし、わたしはあるときから、この現象はかなり高い確率で起こることを実感しています。
ただ、イメージする内容によっては実現までに時間差があるようです。それは、実現することを自分が本当に望んでいるかどうかを検証し、確信するのに時間がかかるからかも知れません。それ故にほとんどの人は現実化する前にあきらめてしまうのではないかと思うのです。
それだけ、信じつづけることは簡単ではないということですよね。

最近、わたしがこの現象を実感した例を1つご紹介しましょう。3年ほど前、あるきっかけで「わたしは将来、何万人という大観衆の前で講演をすることになる。そのためには、近いうちに1千人ぐらいの前で講演をする機会を持っておきたい」と思い、それをイメージし、ビジネスプランに書き入れたり、ことあるごとに人に言ったりしました。
もっとも、それがどうやって実現するのか、さっぱり想像すらできませんでした。しかし、先月それがついに実現しました。4人の合同講演会として、東京で800人の観衆を前に、1時間の講演をする機会を持てたのです。「そうならなきゃいけない」という強迫観念を持つと、「そうならないんじゃないか?」という疑念との闘いでかえってストレスになります。
大切なのは、「そうなったらいいな。きっと、ちょうどいいタイミングでそうなるだろう」と、肩の力を抜いて、楽しくイメージして気長に待つこと。よろしければ、お試しを!

|

Vol.101 『手帳術や時間管理に走る前に・・・』

わたしはいつも時間に追われている感じがしていて、時間管理や手帳術を学びたいと思っているんですが・・・」という相談をたまに受けることがあります。
以前のわたしなら、そのような相談があると、いきなり自分の手帳を開いて見せ、これでもかとばかりに熱心に具体的にアドバイスをしていました。
しかし、そのときわたしの手帳を初めて見た人が口にする第一声は「うわっ、緻密ですね~」「よくここまでやりますねぇ」「僕には絶対にできないなぁ」そして中には、「ここまでくると、クレイジーですね」などなど。考えてみればそれも当然で、10年以上かけて少しずつ積み重ねていったことの集大成を、いきなりドーンと見せられても、見せられた方が困ってしまうというもの。(相手をビックリさせる目的ならそれもありですが)

そしてわたしは気づきました。時間管理も手帳術も、その人のステージと目的によって負荷もスピード感も違って当然であると。わたし自身過去を振り返ってみると、次のような変化がありました。
手帳術を習得しはじめの頃は、「連絡漏れやうっかりミス、予定のすっぽかしが多いので、そのような失敗を防げるようになりたい(第1段階)」が動機でした。それがクリアされてくると次に、
今よりもっとスピーディーに仕事をこなせるようになって、早く家に帰れるようになりたい(第2段階)」と思うようになりました。
やがてそれも実現できるようになったとき、さらに上のレベルを欲求するようになりました。
仕事のレベルをさらに引き上げつつ、並行して複数の仕事をこなせるようになりたい(第3段階)」そして、さらには、
ビジネスとプライベートのバランスが取れるようになりたい(第4段階)」となり、最終的には「部下などに効果的な時間や手帳の活用術を教えてあげたい(第5段階)」となりました。第1段階にいる人に、第3段階の話をしても受け取るキャパシティがないので、混乱させてしまいます。また、第2段階の人に第4段階の話をしても、「プライベートだなんて、悠長なこと言っていられません!」と反発されてしまうかも。時間管理や手帳術を習得したい人がまずはじめにすべきこと、それは、自分がどの段階にいるかを知ること。あなたは、今、どの段階にいますか?

|

今月の本棚 【2007年8月】

1)からだの声を聞きなさいQ&A
リズ・ブルボー 著/ハート出版

2)28歳からのぶっつけ留学成功法
平川理恵 著/NHK出版

留学すると、どんないいことがあるのか?そんな質問に具体的なイメージを与えてくれる1冊。

3)わが子に豊かさと成功をもたらす7つの法則
ディーパック・チョプラ 著/大和書房

4)ワーキングプア
NHKスペシャル「ワーキングプア」取材班・編/ポプラ社>

5)取締役 島耕作(全8巻)
弘兼憲史 著/講談社

6)消えるサイト、生き残るサイト
宇都雅史 著/PHP研究所

どの分野でも、目先の欲や感情を基準にせず、長期的な視点で本質を突き進むことが大切と気づかされる。

7)すべての「結果」は引き寄せられている
澤谷鑛 著/総合法令

|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »