« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月 1日 (日)

Vol.99 『再現性のある仕事の仕方とは?』

「仕組み化」とは別の言葉で言えば、再現性を持たせることです。たとえば、いつもは五時間かかっていた仕事が、たまたまその日だけ、ラッキーなことが重なって一時間で終わってしまうこともあるでしょう。しかし、その日だけで終わってしまい、後に続かなければ、浮いた四時間は時間資産とは言えません。体系立ったやり方を考え、その後もずっと一時間で終わらせられるようにすることが、再現性を持たせるということなのです。アメリカに留学して分かったのですが、アメリカ人はこういうことが非常に得意です。彼らは常に物事を体系立てて考え、再現性を持たせようとしている。再現性を持たせられれば、人に教えることも可能になるので、単に個人レベルでなく、チームのメンバーの時間資産を増やすことにつながります。だからアメリカ企業の組織の効率性はきわめて高いのです。

( 『レバレッジ時間術』 本田直之 著 幻冬舎新書 P.40より引用 )

この「再現性」というのは、今でこそわたしが仕事をする上で非常に大切にしているテーマの1つですが、社会人に成り立ての頃は、そんなことはまったく無頓着でした。
あの頃は、いきなり目の前の業務に飛びついて、成り行きと狭い視野でそれに取り組む。完成形から逆算で発想することは皆無。とにかく目の前にあることから1つ1つ取り組んでいけば、いつかは終わる。そう思い込んで、愚直にやっていました。
しかし、そんなやり方では、二度手間や重複業務のヤマ。仕事に追われる毎日で、プライベートの時間もまったくとれず、同僚との間に差がつくばかりでした。しかし、ある程度の仕事量をこなして独立する頃には、さすがのわたしにも「その仕事の完成形とはどんなものか?」に思いをはせるゆとりがうまれてきました。

「この資料を完成させるには、どこから手をつけたほうが効率的なんだろうか?」
「この資料のこの部分は、別のプロジェクトの管理資料として使えないだろうか?」
「同僚が、これに似た仕事をしていたなあ。彼も使えるように、少しだけアレンジしてサンプル版もつくっておいてあげよう」

これがゴールからの逆算発想。そうやって徐々に再現性を持たせようという意志が生まれてきました。たとえば、「自社の管理資料をエクセルで作る際、『コンサルでも活かせる』と思ったものは、あらかじめクライアント用として体裁を整えて作る」のはその一例です。
社内で使う資料というのは、他人に見せるものではないので、普通は適当につくってしまいがち。でも、その先にクライアント用として使える可能性があるなら、はじめからきちんと作っておく。すると、いつでもその資料は二度三度と活躍のチャンスを得るのです。そういう意味では、「再現性を持たせる」というのは、日頃わたしが意識している「1アクション3ゴール」とも通じることなのかも知れません。

|

Vol.99 『継続のコツは、始まりにあり。』

長く続けること、得意ですか?先日知人に「何かを長く継続するコツってなんでしょうか?」と質問をされました。振り返ると、わたしは、何かを長い間続けることはさほ ど苦手ではないようで、長年にわたって継続してきたことはいくつかあります。
たとえば、前向きな経営者の集まりである「わにかい」は今年で12年目になります。学生時代から続けている少林寺拳法は17年目。このワニレポは独立当初から毎月続けているので、8年以上になります。その他、特定の勉強会やサロンには毎月通い始めて5~6年になるし、ちょっと前は、英語でセミナーをやる、ということで、コツコツその準備をしていたこともありました。
わたしは、その知人に逆に尋ねてみました。「どうして長く続かないのですか?」「なんだか、だんだん自分の中でマンネリ化して、すぐに飽きちゃうんですよね。いつの間にか、それを続ける意味が見出せなくなったり。そういう人は多いと思うんですが・・・。」つまり、「マンネリ化して飽きる」ことと「それを続ける意味が消滅する」ことが続かない理由らしいのです。

なんとなくやり始めたことでは、長く続かせるほうが難しいものです。そこで、わたしは継続する前提で何かを始める場合、入り口で必ずあることを考えます。それは、「これを続けたら、どんなご褒美があるか?」です。それをできる限りリストアップして、それが手に入ったときのことを想像するのです。たとえば、社会人になって少林寺拳法を続けようと思ったのは、「若々しい肉体をキープできる」「身体をつかってコミュニケーションのヒントが得られる」「趣味を聞かれたら、『少林寺拳法三段で現役です』と見栄を張れる」などと連想したからです。所詮1ヶ月に1度、道場に顔を出す程度ですが、細くとも長く続けば、全くやめてしまった場合と比べて、10年もすれば相当の差がつきます。
そんなわけで、「おぉ~、こうなったら儲けもんだなあ」とニヤニヤできたらスタートです。もっとも、はじめに考えすぎると身動きできなくなるタイプの人なら、とりあえずやってみればいいと思うんです。1年もやれば、どんなご褒美が得られるか見当がつきます。1ヶ月に1つ新しいコトを始めれば、1年後には12個のプロジェクトを手がけていることになる。考えてから始めるか、始めてから考えるか。どちらにせよ、マンネリ化する前に、「続けることによって得られるご褒美」をいくつも見つけ出すことがコツだと思っています。

|

今月の本棚 【2007年6月】

1)オレなら、3秒で売るね!
マーク・ジョイナー 著/フォレスト出版

2)食品の裏側
安部司 著/東洋経済新報社

3)飲食店「メニューと集客」の黄金ルール
松本和彦 著/日本実業出版社

4)マネジメント革命
天外伺朗 著/講談社

5)週休3日の成功ルール
マーク・アレン 著/講談社

午前中は働かない、月曜日は働かない、長期休暇は必ずとる!だけど着実にビジョンに近づいていく方法がある。

6)レバレッジ・シンキング
本田直之 著/東洋経済新報社

人と会うときは、どんな貢献ができるかをまず考える。

7)宇宙を味方にしてお金に愛される法則
ボブ・プロクター 著/きこ書房

1にイメトレ!2にイメトレ!3にイメトレ!

8)手相を書くだけで運命が変わる!
川邉研次 ほか 著/マキノ出版

遊び気分で試してみたい。

9)ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する
島田紳助 著/幻冬舎新書

社員にとって、そこで働くことが本当の意味で自分のためになるという環境をつくることが経営者の大切な役割。そうなれば社員は本気で働いてくれる。

10)すごい「実行力」
石田淳 著/三笠書房

動機づけの条件と環境を整えることに知恵を絞ろう。

|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »