« Vol.97 『人と人の間に入るときのスタンス。』 | トップページ | 今月の本棚 【2007年5月】 »

2007年5月 1日 (火)

Vol.97 『ストレスに強くなるには』

「ストレスの多い、病める現代社会」これはゆるぎのない事実なのでしょうか。しかし私を含め、ある年代の方々はもっともっと強烈な、致命的なストレスをくぐり抜けてきたといえるのではないでしょうか。<中略戦時下という極端な状況とは比べられない、という方もおられるでしょうが、少なくともあのころが現代よりも「ストレスが少なかった時代」だとは私には思えません。もとより、太古の時代から21世紀の現代にいたるまで、人間がこの世に存在して社会を形成するかぎり、ストレスのまったくない時代など存在しないのです。であるならば、私たちが生きているいまの時代だけが、とびぬけてストレスが多いとは断定できないのではないでしょうか。「ストレスの多い時代」とは、現代人が勝手に決め、信じこんでいる困った常識なのかもしれませんね。<中略つまりはストレスの原因がなにかではなくて、それをストレスと感じてしまう人間の側の問題だと私は考えています。もう一歩ふみこんで申しますと、現代は格別にストレスの多い時代なのではなく、ストレスに弱い人間が多いということなのです。

( 『不老力』 塩谷信男 著 ゴルフダイジェスト社 P.75より引用 )

ノイローゼや鬱など心の問題が社会現象になっています。一昔前までは、このテーマは自分には全く関係ないと思っていました。ところが、今や経営者の大半は何らかの心の問題を抱えているという説があるし、わたしの知り合いの会社にも心の問題を抱えた社員がいるという話を聞くにつれ、急速に身近な話題であると感じています。
わたし自身にとってもそれは他人事ではなく、「傲慢にならず、心の健康を保つ努力をしなくては」と思っています。そこで、今回は心の健康を保つための工夫として、わたしが最近心がけていることを少しご紹介しますね。いずれも「よりよい状態づくり」のコツです。

1. 気がつくたびに深呼吸をする。身体中の全細胞に酸素を届けるのをイメージしながら。
2. 朝、近所の雑木林を散歩する。植物に触れることは、心に大きな影響を与える。
3. 裏庭でプチ・ガーデニング。野菜を栽培しつつ、土を触る。雑草抜きも、いったん始めると瞑想みたいな感じになって、日常から心が解放される。
4. 自分がお役に立てる人と常に一定間隔で会う。自分の存在価値を感じたとき、身体の中からエネルギーが湧いてくる。わたしの場合は、本業が人の相談相手になることなので、仕事そのものが心の活力になっているのだが。

最後に、もっとも大切なことは、心構え。わたしはあらゆる困難や逆境に出くわすと、それを「新商品や本のネタになる!」「雨降って地固まるチャンス!」「すべての逆境はそれと同等以上のチャンスを秘めている」とあらかじめ決めています。ある程度の訓練が必要でしたが、入り口からそう捉えることで、マイナス感情に過剰に引きずり込まれず、ストレスをプラスに転換させることができるようです。よかったら、試してみてくださいね。

|

« Vol.97 『人と人の間に入るときのスタンス。』 | トップページ | 今月の本棚 【2007年5月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事