« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月 1日 (木)

Vol.95 『努力のベクトルは、それで合っているか?』

何をしたらいいかはっきりしない時には、何もしないことをお勧めする。次にすることがわからないのなら、有意義な行動の前に、見出すべきもの、あるいは学ぶべきことがあるのかもしれないからだ。そうした状況では、一歩下がって(ほんの一瞬でも)内面を向き、内なる大いなる力に導きを求めるのだ。その状況について何をすべきかといった自分の先入観をすべて手放し、より高い叡智が最善の結果を出してくれるように招くのだ。パニックを起こして行動したり、混乱や狼狽の中でただ座っていることがあまりにも居心地悪いからといって闇雲に何かをやってしまうと、何もしないよりましだと思ったためにかえって見逃してしまったことを見つけるために、自分の足跡を振り返ることになるだろう。もし何かしないではいられないのなら、心を安らかにさせることだ。それは何につけても大切な基盤に立つことになるから、正しい行動はついてくるだろう。恐れやパニックで行動する者は、単に闇を深くするだけだ。しかし、安らいだ心で行動する者は、内なる知という静けさからくる言葉や行動で、光を増すのだ。

( 『人生の答えはいつも私の中にある』 アラン・コーエン 著
KKベストセラーズ P.257より引用 )

頑張り屋で真面目な人ほど、自分を追い込んでいく傾向があります。「ここで妥協をしてはいけない」と思うのでしょう。ちなみに、わたしもその一人。しかし、「何事もストイックに自分に厳しくすべき、というものではない」ことを、わたしはある体験で学びました。
それは、あるリーダー研修のイベントでのこと。「お金や身分を証明するものを一切持たずに、東京から静岡を経由して、2日後に大阪の某所に集まれ。やり方は自由だ」という指令がありました。30人ぐらいの参加者はチームを組んだり、個人行動をしたり、動き始めました。わたしは自分の器の大きさ、交渉力を試すチャンスだと思い、「デパート内か駅近辺で見知らぬ人にお金を借りてグリーン車で悠々と移動する」作戦を立てました。
ところが、時間が経てど、まったくお金を借りられる見込みが立ちません。とうとう最終電車の時刻も過ぎてしまいました。翌日の昼までに静岡に到着するには、もはや深夜バスに乗るしかありませんが、グリーン車どころか、バス代すら手に入っていないありさま。
「あ~、もはやこれまでか。過去に脱落者はゼロだって言うし、コンサルタントの僕が一番に脱落、っていうのも恥ずかしいなあ~。どんな顔で、みんなに会えばいいんだろう!?」そんな絶望の思いでいたとき、参加者のひとりがやってきました。「今、知人にばったり会って、お金を借りた。バスなら2人乗れるから、和仁さん、一緒に行こう!」
わたしは一瞬躊躇するも、その好意をありがたく受け、後半の大阪までの道中は彼とチームを組み、恩返しすることに努力のベクトルを方向転換しました。結果、2日後には私たちは大阪に一番乗りで到着。大切なことは、「欲しい結果は何か」ということ。日頃の思考パターンに操られて、1つの方向だけで必要以上に頑張りすぎていた自分に気づいたのでした。

|

Vol.95 『その原動力は、「恐れ」か「欲求」か?』

「心構えを前向きにしよう」と思いつつも、イマイチそれができずにいること、ありませんか?たとえば営業や接客、コンサルティングのように人と接する仕事の場合、自分の心の状態が相手にダイレクトに伝わります。そのため、こちらが後ろ向きな心の状態では、伝わるはずの価値も伝わりません。
「でも、どうやって心を前向きにしたらいいんだろう?いまだって前向きになろうとしているつもりなんだけど、なんとなくネガティブな感じがするんだよなあ」
そんなときに、気持ちを切り替えるちょっとしたコツをご紹介しますね。
それは、その仕事をする原動力が、「恐れ」によるものなのか、それとも「欲求」によるものなのか、を観察するのです。

わたしがかつて独立間もない頃、好きではじめたコンサルティングであったとは言え、「恐れ」の感情のほうがはるかに大きかったものでした。「価値を感じてもらえなかったらどうしよう?」「契約を解除されたらどうしよう?」「クレームが来たら、嫌だなあ」そんな不安がわたしの行動を突き動かしていた面がありました。
それから数年が経ち、それなりの経験を積み、毎年1歳ずつ歳を重ね、クライアントとの信頼関係も上乗せされているはずなのに、やはりその「恐れ」がわたしの心を突き動かしていました。その「恐れ」は、サービスレベルを高めたり、向上心につながる「危機感」を生み出す、という点では良いことだと思います。しかし、これも程度の問題。たとえば、お客さんがちゃんと喜んでくれているのに、こちらが必要以上に不安や恐れを抱いていたら、それって取り越し苦労というか、精神衛生上、イヤ~なストレスですよね。
そんなあるとき、発想を切り替えてみたのです。
「そういえば、もともとこの仕事は好きではじめたんだ。どんな欲求を僕は持っていたんだろうか?」その答えは、「クライアントの力になりたい。どんなことができるだろうか?」「クライアントを喜ばせたい。どうしたら喜んでもらえるだろうか?」ということでした。
そして、このように、「欲求」に意識を集中させると、自然と心構えが前向きになっていくことに気づきました。心が前向きなとき、仕事が楽しく感じられます。楽しいことをやろうとするとき、カラダの緊張・こわばりがとれて、リラックスします。そして、心身ともによい仕事ができる状態が整うのです。恐れと欲求のバランス、とれていますか?

|

今月の本棚 【2007年2月】

1)『日本をロハスに変える30の方法』
NPOローハスクラブ 著/講談社

2)『日本の笑いと世界のユーモア』
大島希巳江 著/世界思想社

3)『家づくりの前に必ず読みなさい』
赤塚幹夫 著/ビジネス社

4)『ラスベガス黄金の集客力』
長野慶太 著/ダイヤモンド社

5)『おかあさまのためのコーチング』
あべまさい 著/ディスカヴァー

6)『子どもの心のコーチング』
菅原裕子 著/リヨン社

7)『国家の品格』
藤原正彦 著/新潮社

再読。今後の人生やビジネスの舵取りのヒントがある。論理の限界、ちょうどいい加減を感じる感性を持ちたい。

8)『「エンタメ」の夜明け』
馬場康夫 著/講談社

こんなすごい人が日本にいた、ということを、改めて実感させられる1冊。

9)『真気の入れ方と邪気の抜き方』
本宮輝薫 著/コスモス・ライブラリー

|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »