« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月 1日 (金)

Vol.89 『ボーッとする時間、ありますか?』

親子関係で言えば、子供に対して「早く早く」と強いないで、ボーッとしているところを認めてあげる。ボーッとして何もしない時間が多ければ多いほど、伸び伸びとすこやかに育つ可能性がある。ボーッとする時間というのは、自分で物を考える時間です。それを許さないで、常に親が指示をして「早く夕食を食べなさい」「早く宿題しなさい」「早く風呂に入りなさい」「早く寝なさい」と言っていると、子供は指示されなければ何もしなくなる。そのほうが楽だからです。そうならないようにするには、自分で物を考えることをやらせたほうがいい。だから、ボーッとすることがとても大切。そして、そのための重要なポイントは、親もみずからボーッとしている時間を持つこと。親がいつもいつも何かに追いまくられて、「忙しい、忙しい、忙しい」と言っているようではダメ。ボーッとしているというのがとてもいいわけですね。それを見て子供は「ああ、ボーッとしていると何か気持ちよさそうだな」と学ぶのです。これが宇宙の法則が教える子供の育て方です。

( 『宇宙を味方にする方程式』 小林正観 著 致知出版社 P.31より引用)

 この本を読んだとき、私はドキッとしました。私は出張がない日の朝、保育園に通う娘に着替えをさせたり、朝食後の歯磨きをしたり、たまに保育園まで連れて行くことがあります。その後に自分が仕事をする予定があるので、動かずにウダウダしている(ように見える)娘を見ると、じれったくなって、「早く早く」を連発してしまいます。

週末は週末で、旅行や外出の予定を朝早くから入れていたりして、やはり「早く早く」とせかしてしまう。

でも、考えてみれば「早く早く」を言い続けていて、楽しい人は本当は誰もいないんですよね。娘が自分で考えるひまも与えないほど、先回りして、「次はズボンを履いて」「じゃあ、朝ご飯食べるから、椅子に座って」と誘導し、ときには力づくで履かせたりするのですが、保育園の先生によると「プールに入ったあと、自分でタオルで身体を拭けるし、服も自分で着ている」そうな。

「じゃあ、僕がやっていることは、いったいなんだろう!?」と思えてしまう。

先日、4歳になった。1つ大きくなったことを本人もとても喜んでいた。

自分のペースに巻き込もうとしすぎていたのかな、とちょっと反省。

せめて仕事がお休みの週末だけでも、僕自身がボーッとして、娘の様子をただ見ているぐらいの余裕を持ちたいものだ。

今、それが私の今の、ちょっとしたチャレンジです。

|

Vol.89 『怖くなったら、集中できる環境をつくれ』

  日々の生活の中で、気持ちがアップダウンすることはありませんか?しばらく気分がいい状態が続いていたと思ったら、ほんのちょっとした出来事がきっかけで、気分がブルーになり、それがしばらく続いてしまったり。

先日、経営アドバイザーの梅谷忠洋先生が講演で次のようなことを言われたのですが、思わず「そうか!」とパ~っと視界が開けた思いがしたのです。

「気が散ったときに、人は恐怖心が出てくるものだ。つまり、何か不安や恐怖に支配されたら、それは自分の気が散っている証拠だと思えばいい」

不安や恐怖心とは、「私はこんなことをやっていて、いいんだろうか?」「自分はやるべきことを、やっていないんじゃないだろうか?」「この先、一体どうなっていくのだろうか?」という思いのことです。不安を解消しようとすると、そこに意識を向けてしまって、なかなか解消できないことがあります。私は不安や恐怖心がよぎったとき、ポジティブな講演CDを聴いたり、身体を動かしたり、いろいろやっていたのですが、そこに「いかにして集中した状態をつくるか」という選択肢を加えました。すると、結構スムーズにモードの切り替えができるのです。

「すぐに集中できる環境をつくるには?」という質問を投げかけると、いろいろと思いつくことがあります。

たまっているメールを一気に返信する。制限時間を決めて。

  • 将来の理想を描いたビジョナリーマップに目を通す。数分間で、ただ見るだけ。
  • 手帳を広げて、今日以降の予定を全部書く。すでに書いてあるものもあるが、新たに加わった予定を全て書き記す。
  • その上で、今日やるべきことを確認する。そして、今日やること以外は(今日は考えなくていいのだから)一切無視する。
  • さらに、「今日はこれだけやればよい」という許可を自分に与える(これが重要)。

あなたは、集中できる環境をつくるために、何ができますか?

|

今月の本棚 【2006年8月】

1)「イリュージョン」
リチャード・バック 著/集英社

当たり前と思っている日常を疑って見る、違う目線からながめてみるきっかけを与えてくれる1冊。

2)「あなたの話はなぜ「通じない」のか」
山田ズーニー 著/筑摩書房

3)「天国へのマーチ」
西谷尚雄 著/かんぽう

4)「ミリオネア・マインド大金持ちになれる人」
ハーブ・エッカー 著/三笠書房

5)「イチロー×矢沢永吉 英雄の哲学」
イチロー 矢沢永吉 著/ぴあ

その世界の第一線で活躍する人に共通するスタンスや心構えが伝わり、心奮い立つ。

6)「宇宙を味方にする方程式」
小林正観 著/致知出版社

親ばボーっとする時間を持つことで、子供もボーッとする時間を持てる(自分で考える時間を持てる)というのは目からウロコだった。

7)「運命の仕事に出会う本」
和田裕美 著/大和書房

8)「不撓不屈(上巻・下巻)」
高杉良 著/新潮文庫

9)「まんが八百長経済大国の最期」
ベンジャミン・フルフォード 著/光文社

10)「さらば小泉グッバイ・ゾンビーズ」
ベンジャミン・フルフォード 著/光文社

11)「ヤクザ・リセッション」
ベンジャミン・フルフォード 著/光文社

12)「自己探求」
飯塚毅 著/TKC出版

13)「幸せに気づく”3daysレッスン”」
梅谷忠洋 著/ゴマブックス

日常にありそうなシーンを題材に、うまくいくための法則をナビゲートしていて、理解しやすい。

14)「第四の生き方」
アン・ディクソン 著/つげ書房新社

15)「ひとりっ子の深層心理がわかる本」
田村正晨 著/河出書房新社

|

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »