« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月 1日 (土)

Vol.87 『形にとらわれる前に、中身を磨き上げよう』

今の七十歳以上の日本人で、英語をうまく話せる人はあまり多くない。海外へ行った彼らの多くは仕方なく、にこやかに微笑んでいました。だから欧米の人たちは、「日本人は何か胸の底に深い物を持っているらしい」と思ってくれました。ところが最近の若い人たちは、内容は何もないのに英語はペラペラしゃべるから、日本人の中身が空っぽであることがすっかりバレてしまいました。内容がないのに英語だけは上手いという人間は、日本のイメージを傷つけ、深い内容を持ちながら英語は話せないという大勢の日本人を、無邪気ながら冒とくしているのです。「内容ナシ英語ペラペラ」は海外では黙っていて欲しいくらいです。

( 『国家の品格』 藤原正彦 著  新潮新書  P.42より引用)

未知の分野に挑戦するとき、私たちはなぜか「それまで当たり前にわかっていることを見失う」ことがあります。たとえば数年前、「IT化」が騒がれ、どのオフィスにもパソコンが導入され、業務用のソフトウェアや社内LANの導入が持ちはやされたころ、中小企業の間でこんな会話をよく耳にしました。

「うちの会社もIT化だ。ソフト会社に委託して業務効率のあがるシステムを導入しよう」

しかし、ちょっと待ってください。もともと社内の情報共有ができておらず、報告・連絡・相談をしようという社風のないところに、システムを導入したって機能するわけがないですよね。もともとそれをやっていた人たちがよりスムーズに行なうために導入するのが本質です。それなのに、彼らはITをまるで「それを導入したら、なぜかすべての問題が解決する魔法の杖」みたいに錯角していたのです。

同じことが英会話にも言えます。「英語が話せれば、外国人と自由にコミュニケーションできる」と錯覚し、決意します。「英語をしゃべれるように、英会話学校で勉強しよう」と。

ちょっと待ってください。英語で何をしたいのか、自分でわかっていますか?どこで、誰に、何を話したいのですか?「いや~、海外旅行のときに、お店やレストランで困らないくらいになりたいんです」それなら、お店で使うきまり文句を4~5個、暗記すればお終いでは?

私はまさにこのことで苦い思い出があります。以前、在日外国人が集まるビジネスマンの交流会に参加し、たどたどしい英語で会話を試みました。そのとき、気がつきました。「いかに英語で上手に話すか、にとらわれ、中身のないことをペラペラしゃべっている」と。まさに、形(英語を話す)にとらわれて、肝心の中身に意識が向いていなかったのです。日本人同士だったら「会話の中身が大切」なのは当たり前ですが、相手が外国人になると、なぜか「言葉が通じるだけで、相手も会話につきあってくれる」と錯覚しがちです。しかし、本質は会話の中身が面白いからつきあってくれるのです。本質をきちんと見つめたいものです。

|

Vol.87 『プラスのビジョンを描けないうちは、マイナスをゼロにする目標を描いてみる』

 ビジョン、すなわち「こうなったら最高だなあ」という理想の状態を描こうと思っても、なかなかできないという人がいます。私はコンサルティングやセミナーの中で、そのような人がどうすればビジョンを描いて、希望を抱きながら人生や仕事に取り組めるかをアドバイスしています。私の知人で右脳開発コーチの寺下和也さんとそのあたりのことを話していたところ、非常にユニークな視点を披露してくれました。多少、私の脚色がはいっていますが、それは次のような話でした。

「世の中にはプラスのビジョンを描ける人がいる一方で、うまく描けない人(描くことを放棄している人)がいる。人生の大切な目的が魂の成長であるとするなら、天はどちらにも成長を促すためにチャレンジを与える。ただ、プラスのビジョンを描ける人には、そのビジョンに到達するための前向きなチャレンジがやってくる。しかし、描けない人には、その人をマイナスの状況に陥れるような大変な出来事が訪れる。つまり、必然的にそれを克服せざるを得ない状況としてマイナスをゼロに戻すための後ろ向きなチャレンジがやってくる。同じチャレンジするのだったら、前向きなプラスのチャレンジをしたいですよね」

私はこの考え方に賛成です。だからこそ、せっかくの人生なんだから、ビジョンを描いてプラスのチャレンジをしましょうよ、と言いたいのです。そう言うと、ビジョンを描くことを放棄していた人でも「やってみようか」という気になるようです。

ただそれでも、真剣に考えても、なかなか目標を設定することができない、という人もいます。そのような人には「今、自分でマイナスだと思っていることをゼロの位置まで引き上げる目標を設定してみてはどうですか?」とお伝えしています。

たとえば、散らかった部屋のガラクタを整理して快適な環境をつくる、適正体重に戻すためにダイエットをする、借金をすべて返済する、など、いろいろみつかりそうです。

やりたいことが見つからない人は、自分が欲するものが見つからないわけです。そこで、すでに見えているところで「目標設定→チャレンジ→達成」の蓄積をしていくことで、徐々に自信がついて、欲も出て、プラスのビジョンを描けるようになると思います。

|

今月の本棚 【2006年6月】

1)「秘密」
布袋寅泰 著/幻冬舎

ギタリストとして常に上を目指していた著者の生き様は、夢に挑戦する若者に勇気を与えてくれる。

2)「何のために生きるのか」
五木寛之 稲盛和夫 著/致知出版社

3)「使う力」
御立尚資 著/PHPビジネス新書

4)「 突破力!」
堀紘一 著/PHPビジネス新書

5)「即戦力の磨き方」
大前研一 著/PHPビジネス新書

6)「愚直に実行せよ!」
中谷巌 著/PHPビジネス新書

7)「中谷の頭脳 時事問題」
中谷彰宏 著/PHP研究所

10年以上前の本だが、時事問題を独自の切り口で書き下ろす、ということの面白みを感じた。本にするかどうかは別として、いつか私もやってみたい。

8)「仕事が嫌になった人へ」
岩元貴久 著/PHP研究所

仕事をしながら「いかに楽しむか」を考えることを忘れている人に気づいてもらえる1冊。

9)「英語で日記を書いてみる」
石原真弓 著/ベレ出版

さらっと読んだだけだが、この日から1日1行のサクセスダイアリー を英語で書くようになった。

10)「2008年IMF占領」
森木亮 著/光文社

11)内側から見た富士通
城繁幸 著/光文社

世の中で言われている評価とその実態とのギャップが
いかにしておこるかが生々しく描かれている。

12)しあわせの居場所
川上与志夫 著/アートヴィレッジ

「本当の無敵とは、相手を理解し、違いを認め、自分の
ふところに包み込むこと」に同感した。

13)日本一やさしいネットの稼ぎ方
平賀正彦 著/フォレスト出版

|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »