« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月 1日 (木)

Vol.86 『敷居の高さを克服するコツ、クイズをつくれ』

すべての恋愛が、ひと目惚れからはじまるとは限らない。とくに気にかけていなかった人が、ふとしたきっかけでかけがえのない人に変わることもある。美術の世界も同じだ。何気なく眺めていた1枚の絵。しかし、その裏側には謎に満ち溢れた不思議な世界が広がっている。作品に込められた画家の思い、駆使された驚くべきテクニック、名作が生まれた時代背景・・・・・・。そんなアートの秘密に触れた瞬間、作品はまた新鮮な輝きをもって私たちを魅了する。<中略>本書は、そんな番組のエッセンスを取り出し、美の秘密を満載している。読み進めていくなかで、それぞれの「特別な1枚」を見つけていただけたら、と思う。

( 『迷宮美術館』 NHK「迷宮美術館」制作チーム 著河出書房新社 P.2より引用)

 今月の読書レポートは、少し趣向を変えて、本の内容から得た気づきではなく、本の構成から得た気づきをシェアします。

この本は、ダヴィンチやピカソ、ダリ、北斎など、世界に名の知れた芸術家の作品をとりあげ、2~3ページでその背景にある秘話を紹介した本です。私はもともと芸術分野の造詣があまりにも浅いため、とっかかりとしての情報収集をしたいと思っていました。

ところが、どの専門書を読んでも、とにかく堅苦しくて楽しめない。学生時代の教科書もそうでした。正しいことが書いてあるのだろうけど、楽しくない。そんな中、地下鉄の広告チラシでこの本が紹介されているのを見て、ピンときて即注文しました。

ここでは30以上の作品について、時代背景、作家の性格や女性遍歴、画法や作品に秘められたストーリーまで、いろいろな切り口で紹介されています。この本を読んでいて、芸術に疎い私でも、ほんの1時間後には興味を持って作品を見ようという意欲と基礎知識を持てました。さて、なぜだと思いますか?それは、この各作品の冒頭に、クイズがあるからです。たとえば、「『東海道五十三次』は、なぜ書き直しを命じられたのか?」とある。すると、それまで『東海道五十三次』には何の関心もなかった人でも、「なぜだろう?」と興味を喚起されます。

つまり、教えたい情報を与える前に、質問を投げかけておくこと。それは、相手に「その情報をキャッチする器をあらかじめ用意させる」作業にほかなりません。それを平たく言うとクイズをつくって問いかけること。そのクイズが相手の頭に「?」を浮かばせるユニークな視点のものであれば、その後の相手の情報吸収力はほぼ自動的に高まっていきます。

ここに、「人に関心を抱かせるコツ」があります。つまり、先に「?」を与える。すると、次に「!」を引き起こせる。これを反対にして、いきなり説明からはいるから小難しくなるのです。人に教えるとき、クイズを利用してみてはいかがですか?

|

Vol.86 『情報公開が早ければ進化、遅れればリスク』

 暴露ニュースが連日、途切れることがありません。これは政治も企業も芸能界もどの業界にも当てはまります。その様子をよく見ていると、ある傾向があることに気づきました。それは、「情報公開が早ければ進化、遅れればリスクになる」ということです。下世話なところでは、たとえば一国の総理大臣や大企業の社長が離婚していたとする。それを総理大臣になる前、あるいは大企業の社長になる前からオープンにしていれば、後でそのことを誰もとやかくいいません。むしろ、時期遅れにそれを騒ぎ立てようものなら、その人は「え、今さら何を言っているの?」と逆に呆れられてしまうでしょう。また早めに公言していれば、周りの協力で再婚のチャンスも得られるかも知れません。

仕事でミスをした場合も同じです。早い段階で勇気をふり絞って上司に報告した人は、その場で痛い目にあっても、それを挽回する方法を上司から学ぶチャンスが得られます。また、二度と同じ失敗を繰り返さないための覚悟を持つでしょう。つまり、ミスを報告したその日から成長が始まります。ところがそのミスを隠したままプロジェクトが進行していくと、取り返しのつかない状態でミスが発覚し、その人は大きなリスクを負うことになります。

また、たとえば発明や著作物にも同じことが言えます。気づいたノウハウをタイムリーに公表していくと、その都度周りから賛否両論のフィードバックを受けます。それらは受け止め方によってはすべて改善のヒントです。一方、誰にも公表せずにひとりで抱え込んで仕事をした場合は自分で気づく範囲しか改善案は見出せません。その場合、情報を開示している人と一人で抱え込んでいる人とでは、1年後に出来上がる作品の完成度は雲泥の差になっているはずです。なぜなら、タイムリーに公開しながら著作物を作っている人は、何人もの知恵をその作品に投入していることになるからです。ソフト開発の世界でも、最近はオープンソースと言って虎の子の開発情報を開示して、その利便性や発展性を高めることを重視する傾向があるようです。それは一見、開発者の存在価値が薄まることのように見えますが、実は逆なのだと思います。独り占めしていると、時代の流れとズレていることに気づかず、そのまま陳腐化してしまうリスクもあるのです。また、致命的な欠陥があっても、それに気づくチャンスを逸してしまいます。私はこのことを、本を執筆していてつくづく感じます。

あなたにも、積極的に情報開示することで発展を加速させられることはありませんか?

|

今月の本棚 【2006年5月】

1)「東京タワー」
リリー・フランキー 著/扶桑社

自然体な語り口が、ひきこまれ、胸にぐっとくる1冊。

2)「病気にならない生き方」
新谷 著/サンマーク出版>

3)「植物の力」 
内野久美子 著/勉誠出版

これを読むと、なぜかリラックスできる。

4)「夜王 1~13巻」
倉科 遼 著/集英社

上を目指して上昇する勢いを感じたいときに、エネルギーを与えてくれる。

5)「破綻寸前!?国のサイフ家計のサイフ」
荻原博子 著/ダイヤモンド社

|

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »