« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月 1日 (月)

Vol.85 『やってみてから考える勇気を持て』

ですからこれからは「何だかわからないけど、やってみると、行動に移すと、理由がわかる」という時代になります。行動に移す(表現する)と、本当の理由が見えてきます。こういうことがいっぱい起こってきますので、勇気を出して行動に移して下さい。頭は本当にロクなことを考えず、すぐ判断してしまいますから、ありのままを受け入れる為には、出来るだけ頭の中はボーッとさせておいた方がいいですね。頭をボーッとさせているのは罪悪のように思っておられる方が、今まではたくさんいらっしゃったと思いますが、これからは出来るだけ頭はカラッポにしておいた方がいいのです。<中略>ですから数字の計算とか、どうしても頭で考えなければいけない時以外は、なるべく意識はハートに降ろしておいた方がいいですね。そうしますと本当に楽で、平安な気持ちになれます。

( 『あるがままに生きる』 足立幸子 著  七賢出版P.54より引用)

 私は、日頃から何も考えずに動く人には、「ちゃんと事前に考えましょう」とアドバイスしますが、ときに逆の人もいます。つまり、「あまりにも頭でっかちに考えすぎて、かえって行動しない、はじめの一歩を踏み出さない」人がいるのです。彼らは、自分が納得できる答えを見出してから動こう、というのです。でも、それは「納得できる答えを見出さないうちは動かない」わけですから、見方を変えれば、「頭(思考)が行動や感覚にブレーキをかけている」とも言えます。そんなとき、私は彼らには「考えるな」といいます。

ただ、納得していないうちから、それをやってみよう、と決意するには相当の勇気がいります。まず、うまくいかなかったときに、心の整理がつきません。「僕も上手くいかないと思いながら、とりあえずやってみたんですが、やっぱりダメでしたね」とは言えないものです。したがって、最終的には「ダメモトでやってみよう!うまくいかなくても、死ぬわけじゃなし」という、開き直りというか、勇気が重要になります。

たとえば私は数年前に、堀貞一郎先生に「堀先生の話を本にまとめさせてください」と直訴したことがありました。あのとき、出版社のあてもなく、私自身著者としても無名で、堀先生のリスクや負担を考えると、断られて当たり前の状況でした。したがって、もしダメなら「無謀なチャレンジをした自分の勇気を誉めてあげよう」と決めていました。

しかし、私の胸のうちから湧き出てくる情熱に素直にしたがって、小細工なしにストレートにぶつかってみました。すると予想に反して快諾いただき、その日から12ヶ月にわたる対談の日々が始まったのです。最初は、「堀先生から日々お聞きする珠玉の知恵を周りの人に伝えたい、そして私自身のビジネスのテキストにしたい」という思いから始めました。しかし、実際に本を作り終えたとき、そのプロセスは当初の期待をはるかに超える体験となり、今では私のかけがえのない財産となりました。そのとき、やったからこそわかることがあるという学びも得たのです。「迷ったら、やる!」それも1つのスタンスだと思います。

|

Vol.85 『約束を守るシステムはあるか?』

 開業して、今年で8年目になりました。クライアントや仲間、友人、家族など周りに支えられ、おかげさまでここまでやってこれました。本当にありがたいことに、今までのところ、計画通り、ときには計画以上の早さで経過しています。先日、ある人から「和仁さんが順調に計画通りに成長してこられた秘訣は何ですか?」と尋ねられました。

1つ大きな要素としてあげられること。それは、「約束を守るシステム」を持っていたことだと思います。約束には「人との約束」と「自分との約束」があります。そのどちらも、キッチリ守るという意思と、それを行動に起こすためのシステムが必要です。

ときどき根性論で、「約束は守る」と言って、実際にはあっさりとそれを破る人を見かけます。本人には悪気はないのですが、つい忘れてしまうようです。とくにお酒の席などでする小さな約束事ほど、安請け合いするだけで、そのまま忘れ去られてしまいます。まあ、1日の中で発生する約束事の多さを考えると、それも仕方がないのかも知れません。

しかし、ちょっとしたコツで、そんな小さな約束すら守れるようになります。そして、小さな約束をキッチリ守っていくと、相手は「この人は、なんてキッチリした、義理がたい人だ。小さな約束でもこれだけちゃんとやってくれるんだから、大きな仕事も任せられるのではないか」という評価をしてくれるのです。つまり、人との信頼関係を築く上で、小さな約束ほど重要だということです。

では、私が日頃実践している「約束を守るシステム」をご紹介しましょう。

・胸ポケットに、ポストイットとペンを常に入れておく
・人と会話をしていて、約束事が発生したら、その場で即ポストイットにメモする
・そのメモしたポストイットをその日のうちに、スケジュール帳に貼り直す

これだけです。たとえば「こんどの福岡出張の際に、柚子胡椒を買ってきますよ」と約束したら、その出張の日のページにそのポストイット・メモを貼っておけば、忘れません。

ただし、前提としてスケジュール帳を毎日開く習慣がない人は、まずはそこから、ですね。

|

今月の本棚 【2006年4月】

1)「国家の品格」
藤原正彦 著/新潮新書

2)「ウェブ進化論」
梅田望夫 著/筑摩書房

3)「この国のゆくえ」
猪瀬直樹 著/ダイヤモンド社

4)「ドラッカーの遺言」
ピーター・F・ドラッカー 著/講談社

若いうちにこそ視野を広くもつために海外で仕事をすることの大切さを感じさせられる。

5)「すでに起こった未来」
ピーター・F・ドラッカー 著/ダイヤモンド社

6)「迷宮美術館」
NHK「迷宮美術館」制作チーム

7)「リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間」
高野登 著/かんき出版

高野さんがこの本を出した経緯に危機感の高さと先見性を感じた。

8)「極める台湾茶」
池上麻由子 著/グリーンキャット

9)「植物の力」
内野久美子 著/勉誠出版

植物が人間に与える目に見えない力をわかりやすく教えてくれる1冊。

|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »