« Vol.84 『今、置かれている立場、わかってる?』 | トップページ | 今月の本棚 【2006年4月】 »

2006年4月 1日 (土)

Vol.84 『言葉に反応する前に、その奥の気持ちをくみとってみる』

親は子どもたちとのかかわりで、特別なコミュニケーションのスキルを必要とする。外科医が手術室にやってきて、麻酔前の患者に向かってこう言ったら、患者はどんなふうに感じるだろう?「ほんとうのことを言うと、手術の訓練をあまりうけていないんです。でも、患者さんを愛してますし、常識はずれのことはしませんから」おそらく患者はあわてて逃げ出すだろう。でも、愛と常識で十分だと信じている親をもつ子どもは、そう簡単に逃げ出すわけにはいかない。<中略>子どもとのコミュニケーションを改善したかったら、何からはじめればいいのだろう?まず、子どもへの対応の仕方を調べる必要がある。そして、ふるまいを批判するのではなく、気持ちをくむ言葉を見につけなければならない。

( 『子どもの話にどんな返事をしてますか?』 ハイム・G・ギノット
著草思社P.12より引用)

  家族とのコミュニケーションを良いものに保つことほど、努力を要することはない。そう感じることはありませんか?それはおそらく、家族は身近であるが故に、感情(とくに怒りの)をストレートに出しやすいからです。

そんなとき、私はまず「それを解決できるテクニックは何か?」を探し始めます。話の上手な聞き方、きちんと意図を伝える話し方、状況を改善する質問の仕方、などなど。ところがそれを知っても、なかなか上手くいかないことに気づきました。それは、「そのテクニックを実行できる心の状態をつくる」ことができていないからです。

たとえば子どもが親に対して悪態をつくことがあります。そのときに、「なぜそんなことを言うのか?そんな態度を取るのか?」という、言葉の奥にある気持ちをくみとる余裕があれば、どう対応しようかを選択することができるかも知れません。しかし現実には、そんな選択をする余裕もなく、ほぼオートマチックに相手の言葉や態度に反応してしまうのです。

たとえば、私も朝、3歳の娘をパジャマから服に着替えさせる際に「パパはあっちに行って」とか「ママに着替えさせてもらうから、パパはイヤ」などと何度も言われると、「なにを!」と感情的になることがあります。「じゃあ、自分でやりなさい!」と大きな声で言って、娘を泣かしてしまうことも。ところが娘としては、しばらく風邪のためかまってもらえなかったママに、もっと甘えたいことの裏返しなのかも知れません。そう考えると、「ああ、またしても言葉に反応していたなあ」と気づくことが。おそらく本人に悪気はなかったのです。

気持ちをくみとって欲しい相手に、つい説得をしたり、正論で返してしまうのは私の家庭内でのパターンです。そのパターンから抜け出すには、どうすべきか?どうあるべきか?それは、私の家庭内のチャレンジの1つです。あなたの家庭内のチャレンジは何ですか?

|

« Vol.84 『今、置かれている立場、わかってる?』 | トップページ | 今月の本棚 【2006年4月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事