« Vol.83 『制約の中に自由を見出すと、楽しい』 | トップページ | 今月の本棚 【2006年3月】 »

2006年3月 1日 (水)

Vol.83 『所有か?借りるか?』

それから、私の家では、衣服などについて、いつも「つもり」買いの「つもり」貯金というのをやった。すなわち、呉服屋のショウ・ウィンドウを外から眺めさせて、気に入った柄、気に入った物はいつでも望み通り買うことに賛成した。賛成はするが、それを即座に持ち帰るのではない。ただ買ったつもり(気分)にさせるだけだ。そうして、品物はそのまま店に預けておくことにし、ぜひその品物がなくてはならなくなるまで、別にその代金同額を銀行に預けさせておくのである。すると、いつしか欲しいと思ったものも欲しくなくなり、必要なものも必要でなくなって、貯金だけがチャンとあとに残るという仕組みなのである。

( 『私の生活流儀』 本多静六 著 実業之日本社P.91より引用)

何か欲しいモノがみつかったとき、あなたは所有するか、借りるか、どちらですか?

「借りる」とは、所有するよりも使用することに価値をおく行為です。

かつてのモノ不足の時代には、家であれ美術品であれ「所有することが素晴らしい」という価値観が幅を利かせていました。しかし、モノ余りの現代では、所有することの価値観もかなり見直され、「所有して使用したほうが良いモノ」と「所有せずに、借りて使用するほうが良いモノ」があることに気づきます。例として、私の考え方を少しご紹介しましょう。

あなたの基準はいかがですか?

  • 別荘→所有よりも借りて使用する。

    リゾート地にセカンドハウス(別荘)を持つことに、かつては憧れていました。しかし、実際には不在時のメンテナンスに加え、滞在時の食事や掃除、洗濯などやる仕事が増えます。その上、買った以上「使わにゃ損」と、休暇が取れるとそこばかりに行くようになり、ほかの温泉やホテルに行くという選択肢が狭められます。そのため、今では行動半径を広げることを優先すべく、別荘を持つ魅力をあまり感じていません。(リタイアしたら別でしょうが)

  • 本→借りるよりも所有する。

    「本を図書館や人から借りて読む」習慣の人がいますが、私は断然、本は買って(所有して)読みます。私は読みながらペンでアイデアを書き込むからです。人から借りたものをそのようにはできないので、本は所有することを優先します。

  • 映画のDVD→借りて、何度も観たいものだけ買う

    レンタルで借りて、観る。そして何十本かに1本、「これは何度も観たい」と思える素晴らしい作品に出会うので、それはDVDで買って、その気分を味わいたいときに自由に楽しみます。返却の時期を心配する必要もないので、人に貸してあげることもできます。

|

« Vol.83 『制約の中に自由を見出すと、楽しい』 | トップページ | 今月の本棚 【2006年3月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事