« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月 1日 (日)

Vol.81 『自分の人生を“選択しているつもり”になっていないか。』

「機能不全な人間関係やネガティブな状況を、自分の人生に選択する人がいる」というのは、誤解を招く表現です。「選択する」という言葉は、本来、意識の活動、それも高いレベルの意識の活動を意味しているからです。意識の活動ぬきでは、わたしたちは、ほんとうは何も選択していないのです!「いま」に在ることによって、思考のリアクションのパターンを、自分から切りはなすことができるようになってはじめて、ほんとうの意味で「選択する」という行為が、可能になるのです。
ほんとうの意味で「選択する」ことをしていない人は、精神世界的な表現をするなら、「無意識に生きている」のです。パターン化した思考が、その人の思考、感情、行動を決めているようなものだからです。

( 『さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる』 エックハルト・トール 著
 徳間書店 P.300より引用 )

「今の自分は、これまでの人生で自分が“選択”してきた結果である。」
よく言われる表現だと思います。私も最近までそのように考えてきました。ただ、この言葉の裏には、「人生を主体的に生き、主体的に選ぶこと」を前提とした響きがあります。
では、「こんなはずではなかった」「なぜ私はいつもこうなってしまうのか」と愚痴をこぼしている人たちは、本当に自分の人生を“選択”してきたのでしょうか?

本当の意味で【選択する】とは、選択肢がいくつか目の前にあって、その中のどれかを意識的に選んだときになされますよね。そのときはじめて【選択した】という実感を持つはずです。ところが、過去の蓄積によってできた思考パターンに乗っかって、無意識に選んでいることを【選択する】とは言わないような気がします。無意識のうちに、“自動操縦の思考プログラム”がはたらいて、世の中に無数にある選択肢の中から、これまでに蓄積された極めて限られた選択肢を抽出し、その中から勝手に決めているだけだからです。はたして、このような状態を【選択している】と言えるでしょうか?
つまり、私たちが無意識のときは「私自身」が選択しているのではなく、“自動操縦の思考プログラム”が私に代わって勝手に選んでいるに過ぎないように思うのです。

「それはできない」「それは無理だよ」「ツイてないなあ」というような、否定的な発言が頻繁に口に出る人。その瞬間、あなたの頭の中の“自動操縦の思考プログラム”が「カチッ」とスイッチオンになりませんでしたか?自動操縦の思考プログラムに操縦席を乗っ取られないコツ。それは、大きく3回深呼吸をして、今何が見えているか、何が聞こえるか、何を感じているか、を意識すること。そして、考えごとは頭の中では行なわず、必ず紙に書き出しながら行なうことです。あなたは、最近、自分の人生を【選択】していますか?

|

Vol.81 『価値をきちんと伝える工夫、していますか?』

先日、妻と温泉旅館で夕食をいただいていたときのこと。テーブルの傍らに当日の夕食のメニューが毛筆で書かれた1枚の紙がおいてありました。妻は料理を食べるとき、そのメニュー名を1つ1つ確認しながら食べていました。
「へぇ、このソースには柚子が入っているんだ」
「あれ、この食感、なんだろう?あぁ、山芋がはいっていたんだ!」
なんて話しながら食べると会話も弾むし、また時折料理をはこんできてくれる仲居さんにも話を振ったりして、その食事のひとときが一層たのしいものになったりします。

また別の日に、妻の誕生日のお祝いで、あるホテルで豪華な食事を楽しんだときのこと。コースメニューなので次々に料理が運ばれてくるのですが、その内容について全く説明がありませんでした。そして、メニューの紙もありません。サーブしてくれるスタッフに尋ねれば答えてくれるのでしょうが、わざわざ聞くのもわずらわしいため、それが何かもわからず食べることになりました。

もちろん、それが肉か魚かぐらいわかりますし、サラダの中に何が入っているかも見ればわかります。でも、明らかに手の込んだ料理なのだから、きっと隠し味とか、産地にこだわっているとか、何か工夫をこらしたところがあるはずです。しかしながら、それも伝えなければ伝わりません。当たり前ですが。

ただ、こんな勘違いな対応の例もあります。先日、友人と会話を楽しんでいたときのこと。料理をサーブしてくれるウエイトレスが、全く我々の空気を読まずに会話をさえぎってまで料理の説明を長々としたのです。私たちはその度に話の流れを中断させられ、うっとおしく感じました。何が問題かというと、そこに「さりげなさ」がなかったのです。

人は自分が選んだモノやサービスがいかに良いモノだったかを再確認したいもの。だからこそ、その価値を十分に伝えることはお店の都合としてもお客さんの喜び感を高める上でも、とても重要なことです。ただ大切なのは、それを「いかにさりげなくやるか」。そこに、今提供しているモノやサービスの価値を本当の意味で高める鍵があるような気がします。

|

今月の本棚 【2005年12月】

1)「生命のバカ力」
村上和雄 著/講談社プラスアルファ新書

2)「いたずらの天才」
A・スミス 著/文春文庫

3)「私は神!」
リズ・ブルボー 著/ハート出版

4)「お寺の経済学」
中島隆信 著/東洋経済

5)「いのちのまつり」
草場一ひさ 平安座資尚 著/サンマーク出版

6)「いい会社をつくりましょう」
塚越寛 著/文屋

7)「あなたの会社にお金があふれる金のたまごを生むがちょうの増やし方」
村松達夫 著/ユウメディア

この48のいずれかを使えば、もはや売上アップができない、とは口が割けてもいえないだろう。

8)「 日露戦争物語 1~2」
江川達也 著/小学館

|

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »