« Vol.77 『たった1割の前進でも、認めよう。』 | トップページ | 今月の本棚 【2005年9月】 »

2005年9月 1日 (木)

Vol.77 『失敗したら、教訓を学んですぐに忘れよう。』

多くの人は、自分の感じ方を変えたいと思いながら、その方法がわからずにいる。だが、感じ方を変えるのは簡単だ。フォーカスの当て方を変えればいいのだ。たとえば、今すぐみじめな気分になりたければ、これほど簡単なことはない。何かこれまでの人生で起こった辛いことを思い浮かべ、それに意識を集中するだけでいい。しばらくそのことを考えていれば、すぐにまた、みじめな気分になってくる。それにしても、なんとばかばかしい!みじめな気分になる映画を何度も繰り返して観たい人がいるだろうか。もちろんいない。それなのに、どうして心の中のみじめな映画を観に行くのだろう。

(『人生を変えた贈り物』 アンソニー・ロビンズ 著
 成甲書房 P.79より引用 )

「しまった!」と思わず叫びたくなるような失敗をしたとき。「どうして、あんなことをしてしまったんだろう」と自分を責めたくなるとき。誰にでも経験があると思います。しかし、その後の回復のスピードは人によって大きく違うのではないでしょうか。
失敗を悔いることは、同じ過ちを犯さないという意味では大切ですが、度が過ぎると心の健康が損なわれ、精神面で支障をきたすことがあり、危険です。特に、心の問題をかかえた人が急増している今の時代はなおさらです。

私は以前に比べて、その回復スピードはかなり早くなりました。かつての私は、自分が犯した失敗を悔いてから、数日間はそのことを引きずり、精神的ストレスをかかえながら日々を過ごしていました。しかし、最近は失敗を悔いてからしばらくは落ち込みますが、数時間後には気持ちを切り替えられるようになりました。

そこには、コツがあります。私の「失敗したときの気分切り替え法」をご紹介しましょう。
それは、「その失敗が何を私に学ばせようとしているのか?」を必死で考え、紙に書き留めるのです。これは、すべての失敗は、私が将来的に成長・発展していく上で必要だから起こっているという前提に立っています。そして、いつも携帯しているアイデアノートを開き、約30分程度、その答えを見つけ出すべく、思いついたことをどんどん書き出すのです。
「私はここから何を学ぶ必要があるのか」「この失敗を繰り返さないために今からできる具体的なはじめの一歩は何か」この2つの視点で、ノートを埋め尽くします。

そして、そこから自分が納得のいく教訓を得たら、今すぐ打てる手を急いで打ちます。それは、お詫びの電話だったり、誰かに言いにくいことを伝えることだったり、あるいは私自身が習慣化すべきことを1つ追加することだったり、いろいろです。いずれにせよ、24時間以内に教訓を学び、そしてそのことはスッキリと頭から抜き去る。それが精神面の健康を保ち、かつ失敗から学び続けるコツだと私は思って実践しています。

|

« Vol.77 『たった1割の前進でも、認めよう。』 | トップページ | 今月の本棚 【2005年9月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事