« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005年8月 1日 (月)

Vol.76 『「引き寄せる」威力を知ろう。』

あなたはいつもエネルギーの放送を送り出していて、この放送があなたの欲しいものを引きつけたり、退けたりしている可能性があります。あなたは物質を引きつける技術を育て、欲しいものをもっと引きつけることができるようになれます。まず、自分のエネルギーに働きかけることで、欲しいものを引きつけ始めましょう。くつろぐこと、集中すること、視覚化すること、そして自分の想像力を使うことを学んでください。物事を引きつけることは、磁力界を生み出すことを含んでいます。「磁力コイル」のイメージは、この物事を引きつける力を視覚化し、「感じる」ことを助けるために使われます。あなたは、お金、大小の物、そして質や本質というような形のないものを引きつけることができます。

(『クリエイティング・マネー』 サネヤ・ロウマン デュエン・パッカー 著  
マハロバ・アート P.84より引用 )

「欲しい」と思ったものを思い浮かべるだけで、それが数日後になぜか自分の手元まで引き寄せられてくる。そんなことができたら、いいと思いませんか?

私や周りの知人は、次のような形で、「欲しい」もの(人)を引き寄せた体験があります。

 

自社の幹部として、期待する役割や能力、任せたい仕事内容を詳しく書き出し、その候補者として知人の名前を書き出したところ、数日後にその中の1人が「今の会社をやめるので、一緒に仕事をしたい」と申し出てきた。
「某出版社で本を出したい」と身内にだけ話していたら、数日後にクライアント先の料理屋さんにその出版社の社長が訪れ、そこの常連客になっていたことがわかった。
「この人と一緒に仕事をしたい」と憧れの人の名前を言っていたら、数ヶ月後に一緒に本を書くプロジェクトがはじまった。
「半年後に英語で講演をする」と決断したら、それをサポートしてくれる英語コーチが現れ、本当に半年後に講演会を開催し、盛況だった。

これらはいずれも、その目標をかなえるために必要な人を引き寄せた例です。
では、どうやって引き寄せたのでしょうか?その秘訣は、私が思うに2つあります。1つは「具体的に条件を書き出した」こと、そしてもう1つは「その目標をかなえたい理由がはっきりしていた」ことです。どうやら、その両方がクリアになると、早い人は数日で、遅くとも数ヶ月以内には、その目標をかなえるキーマンが現れ、私たちの目標実現を後押ししてくれる力が働くようです。
もっともこれは、実証が難しいので、私が勝手にそう思っているだけです。でも、本当にそうだとしたら、あなたはこの2つの条件をクリアして、引き寄せたいと思いませんか?

|

Vol.76 『暇が続くと、ロクなことを考えない。』

今年の4月頃、私にとって、6年半前に独立して以来、極めてめずらしい、初めての体験をしました。それは、「毎週、土日に家族と過ごしていた」ということです。言い換えれば、「土日に1つも仕事がなかった」ともいえます。ここ数年、土日に休みが取れるのは、月に1回あるかどうか。平日はほとんど外出中という生活をしていたため、戸惑ってしまった。実はそれには訳があって、この月は本の執筆に専念するため、セミナーや講演などスポットの仕事を一切入れず、通常のコンサルティングの仕事だけに徹したのです。しかも、その仕事も月のはじめと終わりに集中したため、正味月の半分は自宅で執筆をしていました。

以前の私は、「ああ、毎日全国あちこちに飛び回って大変だな~。近い将来、もっとゆとりをもって働けるシフトを実現するぞ」と考え、「理想の1週間」なるものを描いたことがありました。気がつくと、今年の4月はその通りの生活を送っていたことになります。
では、その理想の生活を実現した私の心境はどうだったか?

なんと、退屈感を感じてしまったのです。もちろん、執筆の仕事があるので、本当に暇だったわけではないのですが、外で人に会う訳でもなく、毎日昼には家族と顔を合わせ、一緒に外食に行ったりもしました。平日の昼間にスポーツクラブで汗を流すなんて夢のまた夢、みたいに思っていましたが、それもできました。しかし、時間に張りと緊張感がないので、精神的に間延びしている自分に気づきます。
すると、忙しかったときには考えないようなことを、次々と考えるようになるのです。

「本当に今の仕事がこれからも続けられるのだろうか?」「これから立ち上げるこの事業は本当にうまくいくのだろうか?」「この新しい仕事は、ちゃんと受注できるのだろうか?」

考える時間があるのはいいことですが、時間が余計にありすぎると、その時間のありがたみがわからなくなります。すると、時間の使い方に緊張感がなくなり、考える中身が「不安なこと」に偏るのです。忙しいときは気持ちが前向きになっているので「事業をどうやって成功させようか」と前向きなことを考えます。忙しいか暇か、で、考える中身が全く違ってくることに気づきました。適度に忙しいほうが実は楽しいことが、実感としてわかりました。

|

今月の本棚 【2005年7月】

1)「次にくる波」
浅井隆 著/PHP研究所

2)「ホリエモンへの挑戦状」
浅井隆+戦略経済研究所21 著/第二海援隊

3)「なぜライブドアは フジテレビを乗っ取ろうとしたか!?」
浅井隆+戦略経済研究所21 著/第二海援隊

4)「レターズ・トゥ・ミー」
アレックス・ロビラ 著/ポプラ社

5)「借金国家から資産を守る方法 不動産編」
前田和彦 著/フォレスト出版

6)「追われ者」
松島庸 著/東洋経済

7)「鈴木敏文 考える原則」
緒方知行 著/日経ビジネス人文庫

8)「2008年破綻する家計生き残る家計」
荻原博子 著/ダイヤモンド社

今後、5年間をいかに生きるか、を考える際に、世の中の動向について大いなる示唆を与えてくれる良書。

9)「世界一読みたかったお金の聖書」
ザビエル 著/PHP研究所

短時間でお金をあらゆる角度から考えるきっかけを与えてくれる。

10)「感じるカラダ。」
関野直行 矢尾こと葉 著/総合法令

仕事ばかりじゃなく、体にも意識をむけてあげるきっかけとなる1冊。

11)「近未来のつくり方」
猿橋望 著/東洋経済新報社

12)「孫正義のクレージー経営者宣言」
竹村健一 著/太陽企画出版

13)「2008年IMF占領」
森木亮 著/光文社

日本の隠れた実態がよくわかる。

14)「失礼ながら、その売り方ではモノは売れません」
林文子 著/亜紀書房

15)「新版 年収300万円時代を生き抜く経済学」
森永卓郎 著/光文社

16)「ガラクタ捨てれば自分が見える」
カレン・キングストン 著/小学館文庫

心の中で考えていることのほとんどは過去の未完了の繰り返しで精神衛生上、よくないことに気づかされた。書きながら考えよう。

|

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »