« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005年7月 1日 (金)

Vol.75 『ツール(道具)を使えばラクにできる。』

物事成就の母体は強烈な願望である。あまり科学的とはいえない言葉ですから、これを単なる精神論として退けたがる人もいることでしょう。しかし思いつづけ、考え抜いていると、実際に結末が「見えてくる」ということが起こるものです。つまり、ああなったらいい、こうしたいということを強く思い、さらには強く思うだけでなく、その実現へのプロセスを頭の中で真剣に、こうしてああしてと幾度も考え、シミュレーションをくり返す。将棋の指し手を何万通りも考えるように、何度も何度も達成への過程を模擬演習し、うまくいかない部分は棋譜を描いては消すように、プランをそのつど練り直してみる。

(『生き方』 稲盛和夫 著  サンマーク出版社 P.44より引用 )

夢を強く思い描けば、それは実現できる。よく聞く言葉であり、私もその通りだと信じています。しかし、それは実際にやるとかなり大変なことであることに気づきます。それは、いくつものハードルがあるからです。

まず、1つめに「夢を思いつく」までにハードルがあります。それを飛び越えると、次に「それを具体的に頭の中に描く」までにもハードルが。さらに、「そこにたどり着くまでの道すじをイメージする」「それが実現可能と自分に信じ込ませる」「そこに到達するまでのはじめの一歩を決め、踏み出す」など、いくつものハードルが存在し、それを次々とクリアしてはじめて、夢は実現されるのです。

問題は、これを「頭の中だけで考えようとする」ことです。よっぽどイメージ力の強い人でない限り、頭の中だけでこれらを考えるのは大変な労力とエネルギーのかかることです。
「頭で考えるだけなら、体は使わなくても良いからラクだ」と思ったら大間違いです。頭しか使わずにやろうとするからこそ、大変なのです

私は夢をノートに書くことを提案していますが、ノートを使わなくても夢は描けます。でも、ノートに書いたほうが記憶に残り、忘れませんよね。このように、ツールを使えば、よりラクに欲しい結果を得られることはたくさんあります。仮にそのツールを手に入れるために多少のお金がかかるとしても、その分早く、スムーズに目的を果たせるのであれば、ツールを手に入れたほうが良いでしょう 。

世の中には、ツールを使ったり、他の助けを借りることを良しとしない人がたくさんいます。たとえば「うちの会社は小さいから、税理士にお願いする必要はない。経理作業は自分でやれます」という議論もそうです。しかし、税理士の力を借りることで課題を早くスムーズに解決できるなら、ズルズルと問題を先送りするよりも良いと思うのです。社長は本業に専念できるのですから。あなたは、ツールを使う許可を自分に与えていますか?

|

Vol.75 『人は“自分でわかる部分”でのみ判断する。』

 あなたの提案を受ける人と断る人。何を提案しても、相手の反応は2通りに分かれます。その違いは何がもたらすのでしょうか?私自身も独立して間もないころ、コンサルティングの仕事を受注するために、仕事内容をいろんな人に話してきました。しかし、コンサルティングの仕事は形がないので、目で見て確認することはできません。また、いくら丁寧に説明しても、完璧に理解することは困難です。もし完璧に理解できるようなら、そもそも私に依頼せず、自分でやってしまうでしょう 。

ということは、大前提としてその人は私がやっていることを100%理解して仕事を発注するわけではありません。当然ですよね。そんなことをしようと思ったら、私が何年にも渡り経験したコンサル活動のすべてをほんの数時間でお話しせねばならず、それは物理的に不可能です。それなのに、なぜ決して安くはない報酬を支払う決意ができるのでしょうか?
この答えは、逆の立場になったときに気がつきました 。

先日、ある知人に証券投資について話を聞きました。私は金融商品については素人なので、購入にあたっての判断基準がありません。それでも話を聞いて30分もしないうちに、「とりあえず口座を開設します」と彼に言いました。それはなぜでしょう?彼は、証券の内容についてはほとんど説明しませんでした。ただ、「なぜその事業を行なっているのか」「それによってクライアントにどんな価値を提供したいのか」「彼自身は、どのように証券とつきあっているのか」を話してくれたのです。それを聞いた私は、その考え方に共感し、口座を開く気になったのです。

つまり、もちろん採算は考えるものの、最終的には商品の内容がどうかではなく、相手のスタンスで決めたことになります。思い返せば、私が決断するときは大体そのパターンです。そもそも、その商品・サービスの内容を正確に把握しようと思ったら、買って使ってみなければわかるわけがありません。私が買う前に考えることは「買ったことを後悔したくない」という思いです。そのためには、私は“自分でわかる部分”の情報で判断するしかありません。言い換えれば、お客さんが理解できることをきっちりお伝えすることで、理解できないところまで信じてもらえるぐらいの信頼感を勝ち取ることが大切だと思いました。

|

今月の本棚 【2005年6月】

1)「すごい会議」
大橋禅太郎 著/大和書房

2)「英文会計の基礎知識」
西山茂 著/ジャパンタイムス

以前行なった英語版CF経営セミナーをきっかけに、英語の決算書にも目を通しておきたくなったので読んでみた。

3)「パーソナルブランディング」
ピーター・モントヤ 著/東洋経済新報社

スモールビジネスを展開している人は、早いうちに読んでおきたい1冊。中身も大切だが、「どう見られるか」も同様に重要。

4)「クリエイティング・マネー」
サエヤ・ロウマン デュエン・パッカー 著/マハロバアート

「引き寄せる」ことの威力に気づくと、ビジョン実現のスピードは加速する。「引き寄せる」概念を知る上で、お勧めの1冊。

5)「女子大生会計士の事件簿 公認会計士萌ちゃん 1」
山田真哉 高野洋 著/集英社

公認会計士の仕事を、ここまで面白おかしく描いた本は見たことがない。漫画で表現する試みもユニークだ。

6)「女子大生会計士の事件簿 公認会計士萌ちゃん 2」
山田真哉 高野洋 著/集英社

7)「女子大生会計士の事件簿 公認会計士萌ちゃん 3」
山田真哉 高野洋 著/集英社

8)「女子大生会計士の事件簿」
山田真哉 著/英治出版

9)「日本の常識世界の非常識」
竹村健一 著/幻冬舎

10)「人生を変えた贈り物」
アンソニー・ロビンズ 著/成甲書房

元気がでる1冊。さらっと読め、何度も読みたくなる本である。

11)「「幸運の人」になる技術」
A.H.Z.カー 著/成甲書房

幸運を主体的に引き寄せるコツがわかる。

12)「お客様の感動を設計するハッピーエンドのつくり方」
平野秀典 著/ダイヤモンド社

13)「日経平均4000円時代が来る」
大竹愼一 著/フォレスト出版

14)「英文ビジネスレター&Eメールの正しい書き方」
松崎久純 著/研究社

15)「英語で学ぶトヨタ生産方式」
松崎久純 著/研究社

16)「相手を必ず動かす英文メールの書き方」
ポール・ビソネット 著/アルク

17)「夢の見つけ方教えたる」
今村克彦 著/祥伝社

|

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »