« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月

2005年4月 1日 (金)

Vol.72 『ふだん使っている言葉の定義を見直してみる。』

思考トレーニングのより効率的な方法としておすすめしたいのは、「よい会話の相手を見つける」ということだ。よい会話の相手というのは、お互いに自分の仮説について考えを戦わせることのできる相手のことである。幸い、私にはけっこういい友人が何人かいる。たとえば、ある友人が私に「この会社の株価が思ったほど下がらない。ボロ会社なのにどうしてなのか。オレはこの会社がこの後減資するからじゃないかと思うんだけど」と訊いてくる。それに対して私は「いや、そうじゃない。こういう事情があるからじゃないか」というようなことを言う。すると、相手もまた「いや、それは違う」というふうに、お互いの仮説をぶつけあうのである。そうすることで自分の仮説についてさらに考えを深めることができるから、こうした友人がいることは論理的思考のトレーニングをするうえで非常に効率的だ。

(『考える技術』  大前研一 著  講談社 P.209より引用)

人と会話をしていると「この人は、よく考えているな~」と私をうならせる人と、「この人は何も考えていないのかな?」と戸惑わせる人がいます。それは、考えるクセがついているかどうかの差であり、考える頻度の差であり、考えをぶつけ合える仲間がいるかどうかの差だと感じます。といっても、きっかけもなく、ただ「考えろ」と言われても困ってしまいますよね。私自身は、もともと深く考えるタイプではなかったのですが、仕事をしていて上手くいかないことがおこるたびに「考えざるを得ない」から、深く考えるようになりました。
そうやって、いろいろ考えているうちに、「ふだん使っている言葉の定義を見直してみると、そこにいろいろな発見がある」ことに気づきました。

たとえば「コミュニケーション力」という言葉の定義を考えてみます。昔の私は、コミュニケーション力とは「いかに自分の伝えたいことを正しく相手に伝えるか」「いかに相手の意図を正しくくみ取るか」について、主に言葉を適切に使う能力だと思っていました。従って、正確で具体的な言葉の使い方、分かりやすい事例の話し方、相手の意図を的確に引き出す質問法、などを磨いてきました。しかし、今の定義は、「相手と望む関係を築く力」、そして「その関係を継続させる力」である、と考えています。これは小手先のテクニックを超えたところにあります。そこで、私は考えました。「コミュニケーション力の定義をそのようにした場合、具体的にはどうやって高めていけば良いのだろうか?」
そして、2つのことをする必要があると気がつきました。1つは、「私は相手とどのような関係を築きたいのか?」を知ること。そして、もう1つは「その関係を築き、継続させるために何をすべきかを考え、実行する」こと。つまり、スタンスの明確化と実行力が大切だということです。そうなると、必然的に行動が変わってきます。言葉の定義を見直すことで、考えが深まり、行動が変わる。考えるトレーニングとして、試してみてはいかがでしょうか。

|

Vol.72 『根拠のあるほうが勝つ!』

 仕事をしていると、意思決定する機会はいたる場面で発生します。「●●さんとのアポはいつにしようか?」「新商品の価格設定はいくらにしようか?」「冬のボーナスは払うかどうか?払うならいくらにしようか?」などなど。役職やポジションによって、意思決定すべき内容は様々ですが、その人にとって必要な意思決定を日々していることでしょう。

このとき2通りの人を見かけます。1つはその際に根拠をとくに持たず、その場の感覚、フィーリングで突き進むタイプです。そのタイプの人たちの中には、天性のエネルギーと動物的カンみたいなもので突進し、それでちゃんと上手くコトを運べる人もいます。

しかし、それは万人には当てはまらないのではないでしょうか。少なくとも私がそのようなやり方をしていたら、そのときの精神状態の良し悪しや時間の余裕の差によって、判断がブレてしまい、一定のクオリティのサービスを提供することはできないと思います。その結果、後追いでやり直しが発生したり、効率の悪いスケジューリングの組み方をしたり、仲間のモチベーションを引き下げるような意思決定をしてしまいかねません。

そこで私が日頃から心がけていること、それは根拠を設けて考えるクセをつけることです。

たとえば新商品の価格を決めるときに、いくらにするかを話し合うのではなく、その前に「どういう根拠で価格を設定するかを話し合う」のです。すると、「5千円だ」「いや6千円だ」という会話ではなく、「最低でも●●以上の利益が出せる価格設定にしよう」「お客さんが人に相談せずに気軽に買える価格帯にしよう」というような考え方の根拠を先に出して、徐々に具体的に詰めていくことになります。その際に出てくる数字は、根拠となる考え方を踏まえた数字のはずなので、私の意向から大きくズレることはありません。

仮に私が出した根拠に問題があれば、もちろんそれ自体を見直せば良いのです。すると、たとえば「6千円にしよう」という私の意見に対する議論ではなく、その根拠のつけ方に対する議論にすりかわるので、私は精神的にとってもラクになるのです。そして、根拠のある意見は根拠のない意見よりも説得力を持つので、結局は根拠のあるほうが勝つことが多いです。

|

今月の本棚 【2005年3月】

1)「成功の教科書」
原田隆史 著/小学館

ここに書いてあることを本当に実践すれば成功するだろう。

2)「カリスマ公認会計士が教える収入に合わせてお金がグングン貯まる3原則」
天野隆 著/明日香出版社

私が言いたいことをとてもわかりやすく代弁してくれている良書

3)「英語は絶対、勉強するな!」
チョンチャンヨン 著/サンマーク出版

再読。英語のトレーニングを受けている今読むと、改めて 納得感が高い内容である。

4)「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」
山田真哉 著/光文社新書

会計の話をここまでわかりやすく興味を湧き立たせながら書いた本は過去にないのではないか。

5)「行政書士の花道」
澤田尚美 著/ダイヤモンド社

6)「竜馬がゆく(1)」
司馬遼太郎 著/文春文庫

7)「できる男が選ぶ生き方ビジネスダディ」
トム・ハーシュフェルド 著/きこ書房

|

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »