« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005年3月 1日 (火)

Vol.71 『情熱を込めて、今すぐやれ!』

どんなことをするにも情熱の有無で結果は大きく変わってくる。私は人より特別な才能を持っているとは思っていない。ただ、自分の信じた事に寝食を忘れて打ち込むことはできる。情熱は誰でも平等に持つことができる。その点が生まれ持っての資産や容姿、才能とは違う。あなたは「あの人は生まれつき恵まれている。自分は平凡だから仕方ない」などと諦めていないだろうか?確かに、スタートラインでの差はあるかも知れない。しかし、特別な境遇にある人たちよりも強く情熱を持って取り組めば、何事にも負けないはずだと私は信じている。また、情熱は不思議と「運」をも引き寄せ、不可能だと思っていたことを可能にしてしまう力も持っている。

(『すべては一杯のコーヒーから』  松田公太 著  新潮社 P.12より引用 )

今年私が意識していること。それは、1日1日、情熱を込めて生きることです。最近の日本の経済情勢や治安、地震災害、外国との外交事情などを知れば知るほど、「今当たり前に感じているこの環境が、明日あるとは限らない」ことを実感します。

私は今は、好きなことを仕事にして、大切な家族や友人、仲間、クライアントなど会いたい人たちと会い、おいしい食事をとりながら笑いあったり、ときには旅行を楽しむことができています。しかし、この環境が明日ある保証がないと実感したら、行動はどうなるでしょう?

また、自分の身が実際に危険にさらされたときも同様です。会社が深刻なピンチに見舞われたとき。大口の取引先を失ったとき。重大な失敗をしてしまったとき。それを挽回するためにアドレナリンが全身を駆け巡ります。

危機感が高まると、自然と情熱を込めて生きるようになります。情熱を込めて生きると、ものごとを先送りをしなくなります。今すぐやるようになります。今日やるべきことを今日中にやってしまうと、未完了感がなくなり、充実感を味わいながら眠ることができます。
こんな日々を365日継続することができたら、間違いなく最高の1年になるだろうと思えます。

今年の私のスローガンは「情熱を込めて、今すぐやれ!」です。1日の中で、何十回とこの言葉を自分に投げかけています。人間の活動の9割以上は無意識でやっています。つまり、過去の経験の延長でできることばかりやっているということです。日頃、当たり前に行なっているアクション1つ1つに、どれだけ情熱を込めることができるか。そして、それを今すぐやる瞬発力を持てるか。それを1日の中で何度も繰り返し自分に問いかけることで、得られる結果は全く違ったものになるのではないでしょうか。

|

Vol.71 『似顔絵を書くつもりで見る。ミスドの戦略』

 「私は何をやっても要領が悪いのですが、効果的に目的を果たすコツはないでしょうか?」そのコツを1つご紹介したいと思います。私はそれを「ミスドの戦略」と呼んでいます。ミスドとはミスタードーナツのことです。以前ミスドのテレビCMを見たとき、私は「なるほど!」と膝を叩いた覚えがあります 。

通常、ドーナツ屋のCMなのだから、商品であるドーナツの宣伝をしますよね。しかし、そのCMでは、ドーナツの宣伝をしていませんでした。ご存知のように、ミスドは「ドーナツをいくつも買うとポイントカードがもらえる。それが10点に到達した際に、3つの景品の中から1つを選べる」という仕組みで、その3つの景品の特長をしきりにPRしていたのです。これはどういうことかと言うと、「“本当の目的”(ドーナツを買いに何回も来店してもらう)のさらに先に、もう1つの目的を持たせることで、“本当の目的”をラクラク果たしてしまう」仕組みなのです。

つまり、お客さんは次の3つの順番に行動を起こします。
「(1)ドーナツを買いに来店する」⇒「(2)ポイントカードが10点になるまでドーナツを買いに来店する(リピートする)」⇒「(3)商品を3つの中から1つ選べる」
この順番は変わりません。したがって、この・のアクションに焦点をあてさせることで、・と・は当然のごとく実行させているのです。例えば、お客さんは「3種類あるバッグのどれをもらおうかな~」というほうに意識が向いているので、「ミスドに行こうか、ダンキンドーナツに行こうか?」とか「ミスドはおととい来たから、今日はやめよう」などという思考回路を吹っ飛ばしてしまうのです。目的が・に設定されているので、・と・はプロセスでしかないのです。たとえば私たちが会社に行くことを目的に設定したときに、車の運転の仕方(プロセス)をいちいち意識しないのと同じです

この効果は、ちょっとしたことでも体験できます。たとえば、私は初対面の人の顔を覚えるのが苦手です。しかし、あるとき「ミスドの戦略」を応用して、「その人の似顔絵を書くつもりで見る」ことにしました。すると、なんと!一瞬しか見ていないのに、残像が頭の中にしばらくくっきりと残っていたのです。その一歩先の目的を設定してみましょう。

|

今月の本棚 【2005年2月】

1)「ザ・プロフィット」
エイドリアン・スライウォツキー 著/ダイヤモンド社

いかに利益を生み出すか。その思考回路を持ちたい人は繰り返し何度も読みたい

2)「鈴木敏文の『本当のようなウソを見抜く』」
勝見明 著/プレジデント社

3)「イチロー思考」
児玉光雄 著/東邦出版

4)「イチローに学ぶ「天才」と言われる人間の共通点」
児玉光雄 著/河出書房新社

天才の思考回路がよく分かる。継続は力であることを知り抜いているところに真髄があるような気がする。

5)「ハッブル宇宙望遠鏡で見る驚異の宇宙」
伊中明 著/技術評論社

6)「考える技術」
大前研一 著/講談社

再読。論理的思考を鍛える上で優れた1冊。

7)「人生に奇跡をもたらす7つの法則」
ディーパック・チョプラ 著/PHP研究所

再読。自分の生きかたの振り返りにぴったり。

8)「お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!」
中村文昭 著/サンマーク出版

「ビジネスマン」というより、「商売人」の魂に 触れたい人は、これを読むと力が湧い

9)「the Great Game of Business」
Jack Stack 著/CURRENCY DOUBLEDAY

|

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »