« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

2005年1月

2005年1月 1日 (土)

Vol.69 『“与える”ことができる自分になるには。』

豊かな発想を持っていると、損得勘定のようなWin-Loseではなく、Win-Winを考えるようになります。まずは困っている人を助けてあげよう。そしてその相手が準備できたら、私を支援していただければ嬉しいと考えるのです。これは、相手に支援してもらうことを前提とするよりは、結果として相手が自発的に自分を支援したくなるようにするものです。与えることで、あなたから何かが減ってなくなるということはありません。あなたの価値が減じることは何もないのです。むしろ、与えれば与えるほど、信頼とか感謝といったものを多く受け取ることになります。与えれば与えるだけ,減じるどころか豊かになるのですね。このことを知っていれば、最初に与えるという行為の中ではケチるということがありません。

(『「稼ぐ人」だけが知っている!13の氣づき』  岩元貴久 著
   フォレスト出版 P.206より引用 )

よく成功哲学の本などには、「与える人が受け取る人」「リーダーは先に与えることができる人」という主旨のことが書かれています。これは真理のような気がします。しかしながら、それを実践できる人はあまり多くはいません。仮に見返りが保証されているのであれば誰でも「与える」でしょうが、それは「与える」とは言いません。「取引」です。私はこの「与える」ことができる人になりたいと思い、具体的にどんなことができるかを考えてみました。

・ あいさつ、ねぎらいの言葉、感謝の言葉、笑顔
・ アドバイス、情報、ノウハウや知恵
・ 手紙やハガキ、新刊のプレゼント

いざ具体的にリストアップしてみると、私が「与える」ことをしてみよう、と思えることは、ほとんどお金がかからないことばかり、ということに気がつきました。ということは、「与える」ことができるかどうかは、経済的状態とはあまり関係ないようです。では、何が鍵となるのでしょうか?それは私が思うに、「相手に焦点を合わせようという精神的状態を保てているかどうか」です。自分のことで精一杯の状態では、なかなか他人のことまで心配りが行き届きません。鶏と卵の話しと同じで、「与える」ことと「精神的状態を保つ」こと、どちらが先かは微妙です。ただ、少なくとも自分で自分に「与える」よりも、他人に「与える」(そして結果的に巡りめぐって自分も与えられる)ほうが精神的負担が少なく楽しい。なぜなら、同じ労力をかけた場合、自分に与えても感謝の声は誰もかけてくれませんが、周りの人に与えた場合、喜びや感謝の声をかけてもらえて、活力が湧いてくるからです。その上、めぐり巡って何かの形でその行為が報われたとしたら、ラッキーですよね。一方では、ときに立ち止まり、焦点を自分のことから周りのことに切り替えることの大切さを感じています。

|

Vol.69 『理屈通りにはいかないこともある。』

 以前、あるコンサルタントが顧問先の社長と話しをしている場に立ち会ったときのこと。その社長は自社の悩みを打ち明けていました。そしてコンサルタントはその会社の問題点について語り始めました。「ここが良くない。あそこが問題だ。解決するにはこうすべきなんだ」と、端で聞いていて理屈のあった、ある意味もっともな意見を述べていました。客観的に考えれば、たしかにそれを実行すれば、解決していくように見えます。

しかし、そのクライアントの表情に徐々にイライラ感が出ていることに気がつきました。コンサルタントはそれに気づかず、いつまでも自論を一方的に熱っぽく語っていました。そして、クライアントは途中で話しを打ち切り、その後その相談をコンサルタントにもちかけることはありませんでした。それは「この人に言っても、分かってくれない」というふうに見限ったように私には見えました。

このようなやり取りは日常的によく見かけます。ある程度の経験と知識がある人ほど、上記のコンサルタントのような自論熱弁タイプとなり、相手に敬遠されていたりします。私は今でこそ、このやり取りの中で何が問題であったのかが分かります。それは、この人は「相手のもっている情報を充分に共有しないうちから、提案やアドバイスに入っている」ことです。

クライアントは必ずしも全ての情報を言葉で伝えられるとは限りません。それを自分でももどかしく感じながら、悩んでいたりします。よって相談に乗る人は、それをちゃんと聞き出さない限り、いくらもっともらしい正論を並べても、相手の心には響かないのです。それどころか、前述のコンサルタントのケースのように怒りを買うことすらあります。私はこのことに気づいて以来、提案をするときに1つ言葉を付け加えるようにしました。
「すでに○○さんもお気づきかも知れませんが、~という対策も考えられますよね。そのアイデアについてはどう思いますか?」
私が提案するまでもなく、相手がすでに考えついているかも知れません。そこで、それを承知の上で提案している、というニュアンスを伝えるのです。すると、気持ちよく受け入れられる場合もあります。理屈通りにはいかないこともあることを理解した上で提案すると、相手も受け止めやすくなるようです。

|

今月の本棚 【2004年12月】

1)「『絵本』小さいことにくよくよするな!」
リチャード・カールソン 著/サンマーク出版

客観的に自分を振り返りたいときにパラパラすると、ふとした気づきをもたらしてくれる。

2)「マジネタ」
長井秀和 著/ダイヤモンド社

ストレートな視点が面白い。

3)「イチローに学ぶ『天才』と言われる人間の共通点」
児玉光雄 著/河出書房新書

目標は小単位にすることでクリアしやすくなる。

4)「ドラッカーに学ぶマーケティング入門」
片山又一郎 著/ダイヤモンド社

新しい事業展開を考えるときの発想のヒントが得られる1冊。

5)「運が開ける3行ハガキ」
中谷彰宏 著/PHP研究所

6)「稼ぐ人だけが知っている!13の氣づき」
岩元貴久 著/フォレスト出版

与えること、自分で買いたくなるか、など身近なところにある気づきが得られる1冊。

7)「加速成功」
道幸武久 著/サンマーク出版

6つのことを同時にはじめて、2~3残ればそれでOK、という発想は特に今の時代、重要である。

8)「成功曲線を描こう」
石原明 著/一世出版

すぐに成果が出なくても、継続していけば必ず結果はでると感じることができる。

9)「すべては一杯のコーヒーから」
松田公太 著/新潮社

家業から企業にステップアップし、周りを巻き込む上で最も大切なことは熱い情熱と徹底したデータ調査であると確信できる。

10)「人生に奇跡をもたらす7つの法則」
ディーパック・チョプラ 著/PHP研究所

再読。自分の心の動きや精神的なブレを軌道修正したいときに 読みたい。

|

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »