« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月

2004年10月 1日 (金)

Vol.66 『十年後の自分をイメージしたこと、ありますか?』

十年後のキミを、具体的にイメージしてみよう。どこで、どんな服装で、どんな歩き方で、どんなことを考えているか?そのイメージに向かって日々を過ごすんだ。(中略)自分がなりたいと思ったイメージには、絶対なれると信じる。あなたにそのイメージができるということは、それを達成できる能力を神様があなたに与えてくれていることにほかならない。つまり、その人がすでにイメージどおりになれるということに等しい。自分で思いついたことは、百パーセント達成可能だから思いつくのだ。

(『6000人を一瞬で変えたひと言』  大越俊夫 著
サンマーク出版 P.37より引用 )

私はセミナーなどで「10年後のビジョンを描いて、紙に書いてみましょう」という課題を出すことがあります。そうすると、スムーズに書ける人は少数派で、多くの人は戸惑うようです。ペンが進まない理由は「こんなことは“自分にはムリだ”と感じて、反応的にそれを拒否する」こともありますが、それ以前に「ビジョンが思いつかない」人も多いようです。

私は今でこそ、「ビジョンを描こうよ」と人に提案していますが、社会人になりたての頃はビジョンを描くことがなかなかできませんでした。漠然と「独立したい」とか「社長になる」というぐらいの夢はありましたが、具体的にどうなっていたら最高な状態かを聞かれると、言葉が出てこないのです。その頃は、そもそも「こうなりたい」という憧れる人もいなかったし、「こんな体験を自分もしたい」と思えるような魅力的なことも知りませんでした。つまり、自分の中の情報量が少なすぎて、イメージが湧かなかったのです。

私にとって、それを克服する最大の秘訣は「未知なる人との出会いと会話」でした。
その当時、私は営業活動を通していろいろな経営者と出会いました。そして彼らの体験談にひたすら耳を傾けているうちに、「ああ、こういう世界があるんだなあ」と少しずつ疑似体験値が蓄積していきました。

それらの中には、今すぐできることもあったので、実際にやってみました。例えば、勇気を出して一流のホテルに泊まってみる。新幹線のグリーン車でゆったりとワインを飲みながら移動してみる。海外旅行に行った後に、現地で知り合った人とメールのやり取りをして、「海外にも知人がいる」という国際的な実感(?)を味わってみる。本を書くのは難しいとしても、簡単な書評を知人に送ってみる。それらを積み重ねていくうちに、徐々に「こんなことが日常的にできたらいいな」という感覚が芽生えてきました。少しでもかじったことならイメージが湧きます。ビジョンは頭の中だけで考えても出てこないときがあります。そんなときは、その初めの一歩を踏み出す勇気がビジョンづくりを後押ししてくれるように思います。

|

Vol.66 『目の前でメモをとるのは、お客さんに安心感を与えるためのサービスの1つ。』

 先日、ある方と食事をしながら仕事の打ち合わせをしていました。食事をしながらだったこともあり、彼はメモをとろうとしませんでした。
私は自分の記憶力は信用していません(10秒経てば忘れてしまう!)。そのため、何か約束をしたり依頼をうけた場合、その場で胸ポケットからペンとポストイットを取り出してメモを残します。そしてそのメモが書かれたポストイットは後でシステム手帳に貼り直され、確実に実行に移されます。もしメモを残さなければ、私はうっかり忘れて、約束を破る恐れがあります。したがって、約束を破らないために私はメモを重要視しています。
そのため、私はメモをとらないその人に対して若干の不安を感じて、言いました。

「あの、今のこと、メモしなくてもいいですか?良かったら、ポストイット使います?」
とポストイットとペンを差し出そうとした私に対し、彼は言いました。

「いえ、大丈夫です。ちゃんと覚えてますから」
そう言われ、私は若干の不安を感じながらもペンをポケットに戻しました。

そして数日後。彼に依頼していたことは実行に移されていませんでした。電話を入れました。「あのお店で依頼して、了解をいただいたはずなのに、どうして出来ていないのですか?」

彼は謝るしかありません。しかし、私はそうなることは予想できていたから、わざわざメモすることを勧めたのです。そのとき感性の鋭い人なら「メモをしないことが依頼者に不安を与えているのかも知れないから、ちゃんとメモをしよう」というふうに解釈するはずです。
本人は、メモしないでもちゃんと依頼事項を頭に入れて仕事をこなすことがカッコいい、と思っているのか、あるいは、単にわずらわしくて、自分の記憶力を過信していたのかもしれません。ところが、依頼をする私にすれば、「大事な用件をメモしないなんて、なんて無用心な人だ」と判断します。依頼者の目の前でメモを取ることは、約束を守るために必要なだけでなく、「これで大丈夫だ」という安心感を相手に与える意味もあると考えたいですね。

|

今月の本棚 【2004年9月】

1)「考えるヒント生きるヒント」
ジェームズ・アレン 著/ごま書房

ビジョンを持つ人を勇気付けてくれる。

2)「借金国家から資産を守る方法」
前田和彦 著/フォレスト出版

3)「ドラッカーが語るリーダーの心得」
小林薫 著/青春出版社

4)「オフィスのベストパートナーになるために」
ジョン・グレイ 著/ダイヤモンド社

5)「夜と霧」
ヴィクトール・E・フランクル 著/みすず書房

6)「最驚!ガッツ伝説」
ガッツ石松&鈴木佑季 著/光文社

7)「会社を成長させるために絶対に必要なこと」
佐藤昌弘 著/フォレスト出版

8)「凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク」
佐藤昌弘 著/日本実業出版社

9)「裏帳簿のススメ」
岡本吏郎 著/アスコム

10)「さわりで覚えるクラシックの名曲50選」
中経出版

クラシックを入門編としてかじりたい人にピッタリ。CDと解説で、おいしいどこ取りできるありがたい本。

11)「キッパリ!たった5分間で自分を変える方法」
上大岡トメ 著/幻冬舎

このイラストの雰囲気が、試してみたい気にさせてくれる。小さな初めの一歩を踏み出したい人に最適。

12)「クリエイティング・マネー」

再読。自分にあったアファメーションを見つけ出したいときにその答えが見つかる1冊。

13)「セムラーイズム」
リカルド・セムラー 著/新潮社

14)「小さな会社の最強メルマガ営業術」
平野友朗 著/日本実業出版社

メルマガ発行者が商売につなげるヒントが見つかる。

15)「サービスの心理学」
松村清 著/商業界

サービス業でお客様の感動の具体的な状況を感じ取りたいときに参考になる。

16)「ストライキング・ソーツ」
ブルース・リー 著/福昌堂

自分の考え方を見つめなおしたいときに、繰り返し読みたい1冊

17)「コーチング」
落合博満 著/ダイヤモンド社

自身の実体験に基づいた、本質的なところを分かりやすく説いた実践的コーチング本である。先日の中日の優勝が、また一段とこの本の内容を説得力あるものにしている?

18)「勝利のビジョン」
マーク・アレン 著/PHP研究所

再読。久しぶりに読み返して、私のコンサルティングのスタイルの内容チェックを行えた。(すごく似ているので)

|

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »