« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004年9月

2004年9月 1日 (水)

Vol.65 『もし明日世界が滅びるとしたら、今日あなたは何をするか?』

「もし明日世界が滅びるとしたら、今日あなたは何をするか?」あまりにも恐ろしい質問だから、皆さんも答える必要はありません。もし読者の中に勇気のある人がいて、「俺はどうしても答えたい」ということなら、じっくり考えて正直に答えを出してほしい。明日死ぬという仮定の場合は、まだ理屈の脳が動く。死後の名誉とか残された家族に対して、いろいろな配慮が働くからだ。しかし世界が滅亡するとなると、少し事情が変わってくる。そういう配慮も一切必要でない無責任状態になれるから、普段は理屈の脳に押さえ込まれているものが、ここぞとばかりにあふれ出てくるのだ。

(『人生の目的が見つかる魔法の杖』 西田文郎 著  現代書林 P.63より引用)

今、私は自分の好きなことを仕事にしています。人の相談に乗って、解決策を導き出す。あるいはそのヒントを与える。周りの人々のインスピレーションとなるべく、自らの成長を加速させるために多くの体験や勉強をする。そんな日々をとても楽しく感じているし、今後もいろんなチャレンジをしていきたいと考えています。

そんな私は、以前次の質問をされたとき、回答に迷ったことがありました。「あなたにとって、仕事と家庭、どちらのほうが優先順位が高いですか?」私は考えました。「家族はもちろん大切だけど、僕の人生を生きる上で、仕事は重要だ。ミッションに沿った仕事をしていると思えるし、その仕事が大切な家族を支えている。だから、結果的には家族よりも仕事のほうが優先順位が上なんじゃないかな」

そんなある日、この本を手にとり、冒頭の質問(「もし明日世界が滅びるとしたら、今日あなたは何をするか?」)を自分に投げかけ、答えを本の余白に書き込みました。そして、その答えを読んで自分でビックリしてしまいました。

「家族と共に、これまで歩んできた人生の思い出をふり返り、幸せ感をかみ締める」

最後の日をイメージすると、そこに幸せ感を一緒にかみ締めてくれる家族がいなければならないことに気づいたのです。そう書いた自分が意外でした。それに引き換え、今の自分の時間の使い方は、果たしてどうか?仕事に集中し過ぎるがあまり、気がつけばロクに家族との会話をしないまま何日も時間が過ぎることはしばしば。まして子供が幼く手のかかるうちは、食事中でも夫婦の会話も表面的なものになりがち。気がつくともう何ヶ月もお互いの考え方や価値観に触れるような深い話しはしていなかったりする。

「おっと、バランス感覚を取り戻さなければ」と気づかされた、究極の質問でした。

|

Vol.65 『あなたにとっては小さなことが、相手にとってはスゴイこと。』

 自分にとっては当たり前のことが、他人からするとスゴイことに見えることって、ありますよね。例えば、海外旅行。学生にとっては大きな支出の伴う一大イベントだとしても、海外を飛び回る経営者にしてみれば、日常の一コマでしかない。例えば、マラソン。ホノルルマラソンに向けてトレーニングしている人にとって、「10kmを走れ」という指令はたいしたことではないでしょうが、運動不足の中年サラリーマンなら相当苦痛でしょう。

あるいは会社の社長と社員の関係でも同じことが言えるかも知れません。先日社員5名の会社の社長が相談にきました。「うちは社員は頑張ってくれているのですが、定期昇給はしていません。やはり昇給の仕組みをつくったほうがいいのでしょうか?給料を上げれば皆、励みになってますます頑張ってくれるとは思うのですが、なんとなく不安なんです」

私は答えました。「“業績に関係なく給料が上がりつづける”という幻想を社員に抱かせないことは大切ですが、仮に1人5千円昇給しても、社員5人で月2万5千円、年間30万円のアップです。月5千円アップすることで、社員が生き生きと頑張って年間30万円以上の粗利をラクラク生み出すイメージが持てるのであれば、それもアリじゃないですか?」

毎月数百、数千万円を稼ぐ会社の社長にすれば、月5千円のアップは小さな額かも知れません。でも毎月20万円前後を受け取るスタッフにすれば、5千円のアップは大きなインパクトを持ちます。このように、自分にとっては小さなことが、他の人にとってはスゴイこと、って結構ありますよね。そのときに、私は思いました。

「自分が好きで得意な分野のことが周りにとっては大変なことだとしたら、その得意分野でたくさん貢献しておけばどうか。自分の苦手な分野で貢献してもらえて、トータルではものすごく助かるのではないか!?」

つまり、得意な分野で周りに貢献するのは、実はお互いに大変ハッピーなことなんです。

|

今月の本棚 【2004年8月】

1)「映画で学ぶ心を揺さぶるコーチング」
鈴木義幸 著/ディスカヴァー

映画の見方が深くなり、また一段楽しくなる1冊。

2)「ダ・ヴィンチ・コード 上」
ダン・ブラウン 著/角川書店

3)「ダ・ヴィンチ・コード 下」
ダン・ブラウン 著/角川書店

4)「これからの10年団塊ジュニア1400万人がコア市場になる!」
三浦展 著/中経出版

5)「男は女で修行する。」
中谷彰宏 著/大和書房

6)「「女を楽しませる」ことが男の最高の仕事。」
中谷彰宏 著/大和書房

7)「30日で億万長者になる方法」
石井貴士 著/徳間書店

アイデアでお金を作り出す人の思考回路を覗き見できる1冊。

8)「ビジュアルワイド世界遺産」
小学館

世界遺産を見て周りたい人は、この1冊で全てを俯瞰できる!

9)「オズ 全5巻」
樹なつみ 著/白泉社

10)「ノンストレスボディを作る3つのステップ」
坂本春之 著

自分の体の一部、一部に意識を向けるだけで感じ方が違ってくる。身体の知性に目覚めさせてくれる小冊子。

11)「Good Luck」
アレックス・ロビラ 著/ポプラ社

楽しく読みながら、夢を実現するためのシンプルで重要な原則に気づかせてくれる。

12)「巨泉 人生の選択」
大橋巨泉 著/講談社

再読。過ごしやすい季節に過ごしやすい国で過ごす。人生を楽しむイメージを具体的につかめる1冊。

13)「箱」
ジ・アービンガー・インスティチュート 著/文春ネスコ

14)「クリエイティング・マネー」
サネヤ・ロウマン デュエン・パッカー 著/マホロバアート

15)「バフェットからの手紙」
ローレンス・A・カニンガム 著/パンローリング

16)「ビジネスは人なり投資は価値なりウォーレン・バフェット」
ロジャー・ローウェンスタイン 著/総合法令

17)「フォーカル・ポイント」
ブライアン・トレーシー 著/主婦の友社

18)「変な人が書いた心が千分の一だけ軽くなる話」
斉藤一人 著/角川書店

車の移動時に夫婦で一緒に添付のCDを聞くと共通言語ができるかも。

19)「変な人が書いた成功法則」
斉藤一人 著/総合法令

再読。何度読んでも学びになる1冊。

20)「ツイてる!」
斉藤一人 著/角川書店

|

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »