« 今月の本棚 【2004年7月】 | トップページ | Vol.64 『人生のプロセスを、楽しんでいますか?』 »

2004年8月 1日 (日)

Vol.64 『継続が、複利効果でパワーとなる。』

 「いつの間に、この人はこんなに成長したのだろう!?」そんな驚きを感じたことはありませんか?つい最近までさほど目立った活躍をしていなかったのに、あるときから突然、その活躍が目立ってきた友人や後輩。いますよね。TVを見ていて、突然頭角をあらわしてきたスポーツ選手も時々みかけます。
彼らは、一体なぜそれほどの成果を上げることができたのでしょうか。しかも、その成果がじわじわとではなく、あるとき突然のように表立ってきたのは何故でしょうか?

このことについて、私は、「継続が、複利効果でパワーとなる」という考えをもっています。独立して間もない頃、努力しても成長を実感できなかった時、ある疑問が頭をよぎりました。

「1日0.5%の成長を、365日継続したら、その人の能力は何倍になるのだろう?」

「常に前日よりも0.5%成長する」。目に見えないぐらいのわずかな成長です。本で知識をつけるもよし、新しいチャレンジを試みて経験値を積むもよし、芸術に触れて感性を磨くもよし。なんでもいいから、前の日よりも0.5%成長する。先日、セミナーで参加者に尋ねたら、ほぼ全員が「1日で0.5%ぐらいの成長ならできると思う」と答えました。

100の能力がある人なら、1日目で100.5になり、2日目に(ほぼ)101になります。3日目には(ほぼ)101.5です。これを続けると、365日後にはどれだけの能力になっていると思いますか?

答えは617。なんと、6倍以上の力を備えることになるのです。ここに「複利効果」が働いていることにお気づきだと思います。毎日、毎日、100よりも成長している状態に対してさらに5%の成長が蓄積され続けるのです。つまり、ある時点から成長が二次曲線を描いて加速度的に上昇していくので、そこではじめて周りの人たちはその変化に気がつくのです。そして、彼のライバルが気づいて負けじと頑張っても、それまでの蓄積がないと、そこから成長を積み重ねるしかない。よって、0.5%以上の成長を継続するか、相手が成長を怠るのを待つしか勝てないことになります。「継続は力である」とはよく言ったものですね。

|

« 今月の本棚 【2004年7月】 | トップページ | Vol.64 『人生のプロセスを、楽しんでいますか?』 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事