« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月

2004年8月 1日 (日)

Vol.64 『人生のプロセスを、楽しんでいますか?』

私たちは人生の目標を真剣に考えすぎるあまり、それに到達する過程を楽しんだり、たまには気を抜くことを忘れてしまう。ありきたりの優先順位にこだわり、それを幸せの条件に仕立て上げる。あるいは、自分でつくった締め切りに間に合わせようと、しゃにむにがんばってしまう。その非常事態をつくっているのは自分だと認める謙虚さをもつこと、これが心豊かな人になる第一歩だ。自分の計画どおりにいかなくても人生は進んでいくものだ。「人生は一大事ではない」とたえず自分に言い聞かせるにかぎる。

(『小さいことにくよくよするな!』 リチャード・カールソン 著
サンマーク出版 P.66より引用 )

人生を楽しみたい。私は日頃そう願いながら、いつの間にかその逆の行動をしていることがあります。
「ただでさえ息苦しい程タイトなスケジュールなのに、誰かと会う予定を入れてしまう」 「そんなに緊急じゃない仕事なのに、家族との夕食の時刻に遅れてまでも、それをやりきってしまう(未完了感が気持ち悪いので)」
「せっかく家族とゆっくり接することのできる休日なのに、本を読んだり、メールチェックをして時間を費やしている(平日の仕事モードの慣性の力が働いている)」

このようなことを無意識でやり続けた結果、どういうことが起こるか?それは、「体調を崩して風邪で数日寝込む」とか、「家族とのコミュニケーション量が減り、些細なことでモメるようになる」、さらには「家族のストレスが蓄積して、大喧嘩になる」など様々です。

では、こうなることが分かっているのに、なぜ自分で自分を追い込むのでしょうか?
それは、「人生をトータルで楽しむためのバランスのとり方」に意識を向けていないからです。私は少し前まで、1歳の娘と接する時間は限りなくゼロに近い状態でした。しかし、我が家でそのような育児放棄がいつまでも許されるはずがありません。そこで、ある日決心して、娘に食事をさせたり、風呂にいれたり、一緒に散歩にいったり、遊び相手をしたりする時間を平日の中に組み込むことに挑戦しました。この程度のことに「決心」とは大げさに聞こえるかも知れませんが、私は心のどこかでは「この時間を執筆に充てられたら、あと10ページは進むのになあ」などと考えていたので、実行するには勇気が必要だったのです。

しかし、数日経つと、そのような時間を確保しても、仕事にはさほど支障がでないことに気が付くのです。おそらく、やらなくてもいいことをいろいろやっていたのでしょう。人生を楽しむプロセスを組み込む。あなたが、人生のプロセスを楽しむために本当はやりたいのに、つい先送りしていることは、何でしょう? ためしにそれを今日、やってみては?

|

Vol.64 『継続が、複利効果でパワーとなる。』

 「いつの間に、この人はこんなに成長したのだろう!?」そんな驚きを感じたことはありませんか?つい最近までさほど目立った活躍をしていなかったのに、あるときから突然、その活躍が目立ってきた友人や後輩。いますよね。TVを見ていて、突然頭角をあらわしてきたスポーツ選手も時々みかけます。
彼らは、一体なぜそれほどの成果を上げることができたのでしょうか。しかも、その成果がじわじわとではなく、あるとき突然のように表立ってきたのは何故でしょうか?

このことについて、私は、「継続が、複利効果でパワーとなる」という考えをもっています。独立して間もない頃、努力しても成長を実感できなかった時、ある疑問が頭をよぎりました。

「1日0.5%の成長を、365日継続したら、その人の能力は何倍になるのだろう?」

「常に前日よりも0.5%成長する」。目に見えないぐらいのわずかな成長です。本で知識をつけるもよし、新しいチャレンジを試みて経験値を積むもよし、芸術に触れて感性を磨くもよし。なんでもいいから、前の日よりも0.5%成長する。先日、セミナーで参加者に尋ねたら、ほぼ全員が「1日で0.5%ぐらいの成長ならできると思う」と答えました。

100の能力がある人なら、1日目で100.5になり、2日目に(ほぼ)101になります。3日目には(ほぼ)101.5です。これを続けると、365日後にはどれだけの能力になっていると思いますか?

答えは617。なんと、6倍以上の力を備えることになるのです。ここに「複利効果」が働いていることにお気づきだと思います。毎日、毎日、100よりも成長している状態に対してさらに5%の成長が蓄積され続けるのです。つまり、ある時点から成長が二次曲線を描いて加速度的に上昇していくので、そこではじめて周りの人たちはその変化に気がつくのです。そして、彼のライバルが気づいて負けじと頑張っても、それまでの蓄積がないと、そこから成長を積み重ねるしかない。よって、0.5%以上の成長を継続するか、相手が成長を怠るのを待つしか勝てないことになります。「継続は力である」とはよく言ったものですね。

|

今月の本棚 【2004年7月】

1)「スイス人銀行家の教え」
本田健 著/大和書房

2)「朝起きるたびに、どんどんお金持ちになっている情報商人のすすめ」
岩元貴久 著/総合法令

3)「プロフェッショナルマネージャー」
ハロルド・ジェニーン 著/プレジデント社

4)「デビルマン 全5巻」
永井豪 著

漫画と思ってあなどれない。壮大な世界観が語られていて驚いた。違ったところを刺激されて、たまには漫画もいいですね。

5)「1分間パパ」
スペンサー・ジョンソン 著/ダイヤモンド社

6)「1分間ママ」
スペンサー・ジョンソン 著/ダイヤモンド社

7)「失敗はなかったことにできる」
斎藤広達 著/ゴマブックス

8)「1週間自分リセット計画」
ダーリン・ジーア 著/PHP研究所

9)「100億稼ぐ仕事術」
堀江貴文 著/ソフトバングパブリッシング

10)「人生の目的が見つかる魔法の杖」
西田文郎 著/現代書林

P.63の質問は、私に大きな気づきと衝撃を与えてくれた。

11)「影響力の武器」
ロバート・B・チャルディーニ 著/誠信書房

再読。言葉は正しく使いたい。武器にも凶器にもなることを学べる恐るべき一冊。

12)「お金と英語の非常識な関係(上)」
神田昌典 著/フォレスト出版

13)「お金と英語の非常識な関係(下)」
神田昌典 著/フォレスト出版

14)「パパっとわかる年金絵本」
高木隆司 著/こう書房

15)「初対面の1分間で相手をその気にさせる技術」
朝倉千恵子 著/日本実業出版社

16)「あくせくするな ゆっくり生きよう!」
リチャード・カールソン 著/角川文庫

心の健康を呼び覚ますこと、心をカラにした状態に保つこと。それが結果的に生産性を上げてくれる。

17)「『家族』と『幸福』の戦後史」
三浦展 著/講談社現代新書

データをいかに読むか。家族の幸せをテーマに、その具体的な切り口とストーリー展開が非常に参考になる一冊。

|

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »