« Vol.63 『ちょっと高めの目標も、2倍の時間を つかえば達成できる。』 | トップページ | 今月の本棚 【2004年7月】 »

2004年7月 1日 (木)

Vol.63 『次のチャレンジが見えているか?』

堀さんの部下育成術の1つに、『1ランク上の仕事をこなせるようにしろ』と言いつづけてきたことがあります。それは必ず向上心につながるそうです。「君は今これをやっているけれども、本当はいつの日か、もうそう遠くないときに、あの仕事をしなくちゃならない。そのときにちゃんとやれるかどうか考えてやってごらん」と言って、目標意識を持たせるのです。(中略)そのように言われることで、スタッフは常に焦点が告ぎのステージに向かっているので、心構えができて、結果的に実力もついていくのです。

(『夢現力』 和仁達也 著  ゴマブックス P.125より引用 )

あなたは今の1ランク上のステージがどのような状態か、想像したことがありますか?最近はどうでしょう。私はかつて、仕事がマンネリ化したり、忙しくて視点が近過ぎると、生活にワクワク感がなくなり、退屈さや焦燥感にさいなまれることがありました。そして、そこから脱却する和仁流のコツを見出しました。それは、次のチャレンジを明確にすることです。

たとえば、英会話の勉強。私は1年前から電話でのレッスンを毎週受け始めました。英語で書かれたビジネス書を毎月1冊目を通すことも始めました。最初は今までに無い世界が私の生活にやってきたという感じで、とても新鮮でワクワクしながらやっていました。しかし、日が経つにつれて、それが当たり前になり、マンネリ化するときがやってきます。その理由の1つは、当初の目標がいつの間にか到達できているからです。まがいなりにも外国人コーチと毎週20分間、電話で会話をし、本棚に洋書がずらっと並んでいる光景が自然なことになっていたのです。決して納得がいくような実力がついていたわけではないのですが、目標があいまいなので、達成感がないのです。そして、次の目標値をつくらない限り、さらなる向上心が引き出せないことに気づきました。

そこで私は大胆なチャレンジを掲げました。それは、「年末までに英語でキャッシュフロー経営のセミナーを行なう」というものです。これを実現しようと思ったら、今の延長上のやり方では到底不可能です。根本的にやり方を考えなくてはなりません。

そこで私はアイデアを思いつきました。プランはこうです。私が日本語で話した60分のセミナー原稿を英訳してもらい、テープと原稿をつくります。それを移動中に繰り返し聞いて、声を出して読むのです。また、毎週電話で発音のチェックを受けます。また、定期的にロープレを行い、ちゃんと外国人に伝わるかどうかのチェックを受けます。心の中では「本業の仕事をやりながら、そんなことが本当にできるのだろうか!?」という気持ちもあります。限られた時間の中での挑戦なので、どこまでやれるのかドキドキしていますが、1年後の成果がとても楽しみです。1年後にはどんなチャレンジを掲げることができるのだろう!?

|

« Vol.63 『ちょっと高めの目標も、2倍の時間を つかえば達成できる。』 | トップページ | 今月の本棚 【2004年7月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事