« Vol.62 『人は、楽しみ方を教えてくれた人からモノを買いたくなる。』 | トップページ | 今月の本棚 【2004年6月】 »

2004年6月 1日 (火)

Vol.62 『自分の焦点はどちらを向いている?自分か、周りか。』

立ち止まると、周りにも関心が向く
「関心を持つのが、いちばん大事なことだ。関心を持つのが、いちばん肝心なのだ」
- フリードリヒ・フォン・ヒューゲル(イギリスの神学者)
(中略)「立ち止まる」ことをしばらく実践していると、自分自身の関心が、そうした個人的な問題を超えて、世界に関連する大きな問題にまで広がっていくのがわかってくる。きわめて個人的な事柄や希望をじっと見つめているうちに、自分だけの世界からいつの間にか抜け出し、世界の問題にまで関心がおよんでゆくのだ。「立ち止まる」ことを続けていると、自分の周りで起こることにいっそう注目するようになる。近くのことにも遠くのことにも関心が広がっていく。そうなるのが当然だ。注目する度合いがどんどん広がっていくからである。

(『急がない!ひとりの時間を持ちなさい』 デイヴィッド・クンツ 著 主婦の友社 P.276より引用

仕事もプライベートも、勢いに乗っているとき、身の回りの変化を肌で感じ、心地よく感じることがあります。そして、ますますそのスピードを加速します。順調なので、精神的には負担をほとんど感じていません。そういう体験、ありませんか?私はそういうときこそ「バランスを崩し始めている兆候だ」とこれまでの経験で学びました。つまり、焦点が目先に行ってしまい、家族、仕事仲間、その他自分の周りのことに意識が向かなくなってしまうのです。それ以来、階段の踊り場のように、順調な時ほどちょっと立ち止まり、自分の焦点をチェックすることの大切さを学びました。

しかし、1つ重要なことに気が付いたのです。それは、私は大丈夫でも、周りの仲間が大変な状況に陥っている可能性がある、ということ。私を支えてくれている仲間の器を超える仕事をやり続けていたら、いつかパンクします。それは、健康を損ねる形だったり、精神的に憂鬱になったり、仕事で失敗をしたり、いろいろな形で噴出することでしょう。いずれは彼らが自己管理でそれをもコントロールできるようサポートしたいと思っています。それまでは、リーダーは自己管理は当然のこととして、周りの仲間にちゃんと焦点をあて、バランスをとりながらビジョンに向かって走る器が必要なんだと感じている今日この頃です。

|

« Vol.62 『人は、楽しみ方を教えてくれた人からモノを買いたくなる。』 | トップページ | 今月の本棚 【2004年6月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事