« Vol.61 『本当の原因は、違うところにある。』 | トップページ | 今月の本棚 【2004年5月】 »

2004年5月 1日 (土)

Vol.61 『弱さを知っているからこそ、先を読む。』

西武全盛期、森監督の話を聞いて、ひじょうに勉強になったことがあった。(中略)バッティング・ケージの中で、ポンポンいい当たりを飛ばしている清原選手を見ながら、森さんはこういった。「島村さん、いま清原、調子いいだろう」「とってもよさそうですね」「うん、まだいい。だけどね、あと三週間ぐらいすると、落ちてくるかもしれないよ。そのときどうするかを、うちはいまから考えておかないといけないんだ。それからほかの選手も、何人かはきっと調子が落ちてくる。皆さんはわからないだろうけど、僕にはこのチームに金属疲労がきているのがわかるんだ」「へえ、それってどんなところでわかるんです?」
「いや、ちょっとしたところなんだ。皆さんにはわからないはずだが、安心や慢心、危機感がなくなるのを見抜くのも監督の仕事のひとつだから」

(『星野仙一 決断のリーダー論』 島村俊治 著  ゴマブックス P.64より引用 )

私は手帳をにらめっこをする頻度が多いほうだと思います。移動時間や電車待ちのとき、あるいはちょっとした空き時間があると、手帳に目を向けています。それを見た周りの人が私の手帳を覗き込み、「うわ~、和仁さん、マメですねえ」と感嘆の声をあげたりします。私が頻繁に手帳を見るのには、訳があります。私は自分が記憶力が悪く、不器用なことを自覚しています。つまり、自分の弱さを自覚しているので、それを補うために先を読むことを真剣に行うのです。自分が強いと思っていれば、もっと横着すると思います。

たとえば人との会話の中で依頼事が発生したとします。そのときに相手が「ああ、いいですよ。わかりました」と言った後、ちゃんとメモをするかどうか、私はいつも見ています。私は人の記憶力はあてにしていません。「今のように時間の流れるスピードが速い時代に、ちょっとした口約束をいちいち覚えてなんかいられないだろう」と思っています。だからこそ、私はいつも胸ポケットにペンとポストイットを入れておき、すぐにメモをする習慣を持ちました。そのため私の目の前でメモをしない人には「よかったら忘れないようにメモされますか?」とポストイットを差し出すこともあります。そうしないと、あとで約束を破られることが目に浮かぶからです。

また私は自分の体調管理には非常に気を使います。私は子供のころから根性で頑張るタイプでした。しかし中学生時代、お腹が痛いのを我慢して学校で授業を受けていたときのこと。どうしても我慢できなくなり、救急車で運ばれました。盲腸が破裂し腹膜炎と診断され、もう少しで命も危ないところでした。それ以来、自分の体がそれほど強くないと知りました。私は休みを戦略的に取るようにしているのですが、それはムリが続くと身体を壊し、結果的に生産性が落ちることを自覚しているからです。そのような目で自分の動き、人の動きを見るようになると、大抵のことは問題が起こる前に気がつけるようになりました。

|

« Vol.61 『本当の原因は、違うところにある。』 | トップページ | 今月の本棚 【2004年5月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事