« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »

2004年3月

2004年3月 1日 (月)

Vol.59 『全体の中から自分を見る。』

自分を中心に考えれば、自分がやりたいことの抑制がきかなくなってしまう。全体の中で 自分が置かれた状況を正しく理解し、自分ができること、周囲に求められていることを実 行するよう心がければ、行動にも変化があらわれる。ただそれだけで、自然と円滑な人間 関係が形成されるようになっていく。全体と個の関係は複雑だ。
「個が集まれば全体となる。この時、個は全体の一部にすぎない」「いかなる個が存在す るかによって、全体が変わる」これは、部分と全体について述べた「ホロンの法則」であ る。<中略> 人はそこにいるというだけで、それぞれが互いに影響を受け合うものなのだ。

(『6000人を一瞬で変えたひと言』 大越俊夫 著 サンマーク出版
P.45より引用)

 仕事も趣味も、グループで活動していれば、人間関係の行き違いはどこにでも起こりますよね。そして、お互いに「あいつが悪い」と思っていたりします。それを第三者が見ると、冷静に判断できるのですが、当事者はなかなか客観的に見れないのです。

 自分に何か問題があって、そのまま気づかず直さずにいると、ある日突然、アクシデントがやってきます。それは、仕事で言えば、優秀な社員の突然の退職や優良顧客の流出、家庭で言えば、突然の妻の家出や息子の登校拒否、健康で言えば、病気などなど。いずれも、できることなら避けて通りたいことばかりです。

 そこで、このような大きな問題が発生する前に、何か対処できることはないかを考えてみました。そこで気がついたのは、「相手の目から自分を見る」ということ。そして、「全体の中から自分を見る」ということでした。

 私は少林寺拳法をやっていまして、いつも気づかされることがあります。それは、相手を投げるときに、自分の体の使い方にばかり注意を向けると上手くいかない、ということです。むしろ、相手の重心がどう移動しているか、どう体勢が崩れているかに焦点を当てることで、自分の体は必然的に適切な動き方をしてくれるのです。そのとき、「自分の体をどう動かそうか」とは考えていないのに、自分の体はちゃんと動いて目的(相手を投げる)を果たすのには驚きました。焦点を相手の状態に当てている、ということです。

 これは、自分と相手の2人のときだけではなく、複数の人と活動しているときでも同じことが言えるのではないかと思います。ちょっと深呼吸をして、「グループ全体としての現状と理想の状態を踏まえて、このグループの中で自分の向かおうとする方向性は適切なんだろうか?」と問い掛けてみると、思わぬひらめきがあるかも知れません。

|

Vol.59 『人と比べるな!』

 人と比べて判断し、行動する人がとてもよく目につく今日この頃。「あの人がやるから私もやろう」「みんなが買うから、僕も買ってみよう」そういう思考は誰にでもあるものです。それが全て悪いとは思いません。しかし、中にはこういうケースもあります。

「あなたがそんなボーナスをもらえるなら、私はもっと貰わないとおかしい!」
「あの人はいいよな~、あんなに順調に仕事が成功して。それに比べて私は・・・」

こういう会話を聞くと、私はこう言いたくなります。

「不平不満を言ったり、落ち込むくらいなら、人と比べるのは辞めたら?」と。

特に後者のように、人と比べて落ち込むのは人生において多大なる損失を被ります。
「あれだけ凄い人がここまでの成績だったら、自分なんてせいぜいこれぐらいが関の山だろうなあ」と、勝手に自分の上限を決めてしまうのです。本当はもっと違った分野、あるいは違ったアプローチでさらに高い次元を目指せる力を持っているかも知れないのに。

また、人と比べることの弊害の1つに、既成概念に縛られる、ということがあります。これまでの常識にとらわれ、本来自分がやりたいことが見えなくなり、願っていることと実際の行動にズレが出るのです。つまり人の目を意識するがあまり、自分の気持ちに素直になれない、ということです。

ならば、人と比べるメリットはないのでしょうか?そんなことはありません。

「自分を成長させるために比べる」のです。

「あの人は1年でこれだけのことを成し遂げたのか!よ~し、自分はそれを10ヶ月でやってやるぞ!」というように、自分の目標達成を後押しする励みとして、人と比べるのはとても有効だと思います。せっかく比べるなら、自分を押し上げる比べ方はいかがでしょうか?

|

今月の本棚 【2004年2月】

1)「儲けを生みだす表現力の魔法」
平野秀典 著/かんき出版

2)「行列のできるスーパー工務店の秘密」
平秀信 著/日本実業出版社

3)「安くていい家」
平秀信 著/オーエス出版

4)「なぜか「忙しい」「時間がない」が口ぐせの人へ
和田秀樹 著/海竜社

時間を如何に活用するか。実践者だからこそ言える具体例が参考になる。

5)「メルマガ成功の鉄則」
平野友朗 著/サイビズ

6)「あなたに売れないモノはない」
朝倉千恵子 著/ソフトバンクパブリッシング

7)「夢をかなえるお金の教え豊かさの知恵」
本田健 著/フォレスト出版

8)「会社を辞めずに億万長者!情報起業家入門」
牧野真 著/オーエス出版

9)「「本当の学力」は作文で劇的に伸びる」
芦永奈雄 著/大和出版

ストーリーを書くためのヒントが得られた。私自身、報告書を書きまくってスキルアップをした経験からも納得の内容。

10)「いらない人は一人もいない」
タック川本 著/ゴマブックス

11)「はじめの一歩を踏み出そう」
マイケル・E・ガーバー 著/世界文化社

再読。企業家とマネージャーと職人のアイデンティティのバランスをいかに保つか。拡大思考のスモールビジネス実践者は読みたい1冊。

12)「何度だって闘える サンダー杉山物語」
安藤千絵 著/名古屋流行発信

13)「心のチキンスープ」
ジャック・キャンフィールド マーク・V・ハンセン 著/ダイヤモンド社

14)「星野仙一 決断のリーダー論」
島村俊治 著/ゴマブックス

野球の監督も経営も、極めた人から出てくる言葉は同じですね。

15)「マーフィー成功者の50のルール」
佐藤富雄 著/ゴマブックス

16)「メンタルバンクでいつも幸せな人になる」
志賀一雅 著/ゴマブックス

17)「自分が変わればまわりが変わる」
ジェームズ・アレン 著/ゴマブックス/Harper Business

18)「自衛隊員も知らなかった自衛隊」
松島悠佐 著/ゴマブックス

19)「楽しくなければ会社じゃない」
堀貞一郎 著/プレジデント社

再読。自分のカンパニースピリッツを見直すために年に1回は必ず読み直したい1冊。

20)「ドクタースタッフ 生き生き歯科医院経営術」
和仁達也 福重真佐子 著/デンタルダイヤモンド社

歯科医院の経営者はもちろんのこと、スタッフとの心の壁に悩むあらゆる業界の小企業経営者にヒントを与える1冊。

|

« 2004年2月 | トップページ | 2004年4月 »