« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004年2月

2004年2月 1日 (日)

Vol.58 『今、完全燃焼しているか?』

嫉妬ほど醜い行為はない。なのに、なぜ人は嫉妬するのか?それは、その人が“完全燃焼”した経験がないからである。“完全燃焼”したことがない人は、いつもくすぶった心を抱えたまま、うまくいかない理由を正当化したり、今の自分は本当の自分じゃないと言い訳をしたりする。そしてあろうことか、順調にいっている人を見れば、その人をうらやみ、激しい嫉妬心を燃やすのだ。そもそも、人はどうして他者と自分を比較するのか。ひと言で言えば、“自己”が確立されていないからである。自分自身がしっかりしていないから、人と比べて、その差を確かめることでしか、自分の価値を計ることができない。どんなことでもいいから一生懸命に取り組み、完全燃焼し、失敗や成功を通じて“自分”という存在の手応えを得たことのある人は、他人に嫉妬などしない。

(『6000人を一瞬で変えたひと言』 大越俊夫 著 サンマーク出版
P.66より引用 )

 自分がどれだけ成長したか、自社がどのレベルに達したか、を確認したいとき、私たちは他者(他社)と比べますよね。通常は目標とする人やライバル的な存在と比べます。そこで、1つ困ったことが起こります。通常、比較をすれば自分が上か下かが分かってしまうのです。
自分が上だと思うと、傲慢になります。逆に下だと思うと、卑屈になります。どちらにしても、良いことがありません。

傲慢になると、学ばなくなり、成長がストップします。すると、時代は進んでいますから、気が付くと自分の価値はどんどん低くなっていきます。あるいは、そのことに気づかせるためか、思いもしない試練がやってきたりします。
一方、卑屈になると、自信がなくなり落ち込みます。すると、エネルギーが下がり、やること言うことにパワーがなくなるので、ますます上手くいかなくなったりします。
私はこれまでにこのような体験をした結果、「人と比べるのはやめよう」と決心しました。
しかし、どこかで自分の成長を実感として確認したい気持ちは変わりません。ならば、どうすれば良いのでしょうか?

それは、「常に、自分のビジョンと比べる」と良いようです。1年後、3年後、10年後、それ以上先の理想の姿を描き、それと比べて今どうかを考えるのです。そこに集中している間は、傲慢になることはありません。また、成長の度合いを確認したい場合は、過去の自分と今の自分の状態を比較するのです。過去に行った仕事、つくった資料、メールの文章、日記の内容、当時のライフプランなどを読み返すと、成長の軌跡を実感できます。
常に基準は自分の中にあると、そこに向けて完全燃焼できることに気が付きました。

|

Vol.58 『あなたを考え続けさせる原動力は?』

 本屋のビジネス書コーナーに立ち寄ると、「いかに考えるか」についての本が山積みになっています。「ロジカル・シンキング」「図で考える○○」「質問力」などなど。これは、今の時代、ビジネスマンにとって考える力を鍛えることがとても重要であることの証明でしょう。
多くの人が、「どうすれば考える力が身につくか?」という質問をしますが、多くの場合、方法論ばかりが先行している気がします。今、多くの人にとって必要なのは、実は「どうやって考えるか」ではなく、「いかに考え続ける原動力を引き起こすか」ではないでしょうか。

かつては考えることが苦手だった私の経験から言うと、「考える方法ありき」で発想しているうちは、考える力は付きません。なぜかというと、「考える」のはとてもエネルギーがいるからです。そのエネルギーを引き起こす必要があります。つまり、考えざるを得ない状況を作り出さないと「考える方法論」を使う機会が得られないのです。

ある人は、営業で売れないときが考える機会になっています。つまり、営業で売れなかったときに、「こんなに良い商品が、売れないわけがない。それなのに、なぜ売れないのだろう?」という自分への問いかけが考え続ける原動力になっています。

またある経営者は、社員が期待通りに動かないときが考える機会になっています。社員が思ったように動いてくれないので、社長がその尻拭いに奔走していて、「こんな状況は耐えられない!」という怒りが「どうしたら良いか?」と考え続ける原動力になっています。

ちなみに私は、ナニクソ!と思ったときが原動力になっています。たとえば、人の前で恥をかいたとき。人から批判をされたとき。人から理不尽なことを言われたとき。そんな時に自分に投げ掛ける質問は決まっていて、次の質問を自分に投げ掛けています。
「私は今、非常に悔しい。だからこそ、この機会を私の成長につなげるために、一体何ができるだろうか?」
ところで、あなたを否が応でも考え続けさせる原動力は、なんでしょうか?

|

今月の本棚 【2004年1月】

1)「成功して不幸になる人びと」
ジョン・オニール 著/ダイヤモンド社

いかに俯瞰的な目で自分と周りに心配りをする必要があるかを気づかせてくれる。

2)「会社にお金が残らない本当の理由」
岡本史郎 著/フォレスト出版

3)「きっと!すべてがうまくいく」
ジェームズ・アレン 著/PHP研究所

このタイトルだけで、私は大いに助けられた。

4)「早朝会議革命」
大久保隆弘 著/日経BP社

「会議は教育の場に最もふさわしい」は納得の一言。

5)「黒字浮上!最終指令(新装版)」
猿谷雅治 著/ダイヤモンド社

変革のときは、トップの姿勢と熱意がありき。

6)「6000人を一瞬で変えたひと言」
大越俊夫 著/サンマーク出版

1つ1つの言葉に重みがある。考えながら読みたい1冊。

7)「生きること、闘うこと太気拳の教え」
岩間統正 著/ゴマブックス

8)「『思い』が現実をつくる」
ジェームズ・アレン 著/ゴマブックス

9)「あなたはガルシアに手紙を届けられるか?」
エルバート・ハバード 著/三笠書房

10)「富を手にする10の戦略」
ジャック・キャンフィールド他 著/たちばな出版

人に任せることの重要性を再認識させてくれる1冊。

11)「日本人らしく凛と生きる「武士道」の智恵」
梅谷忠洋 著/ゴマブックス

再読。映画「ラストサムライ」を観た後に読み直したら、多くの学びがとても心にスッと入ってきた。

12)「『孫子』に学ぶ仕事完遂力」
梅谷忠洋 著/ゴマブックス

再読。上の本とあわせて、今の自分を客観的にチェックするテキストとして最適。

13)「今日の芸術」
岡本太郎 著/知恵の森文庫

14)「ベンジャミン・フランクリン富を築く100万ドルのアイデア」
リン・G・ロビンズ 著/産能大学出版部刊

15)「若き商人への手紙」
ベンジャミン・フランクリン 著/総合法令

16)「ザ・リーダー」
ライル・サスマン他 著/ディスカヴァー21

17)「The Innovator's Dilemma」
Clayton M. Christensen 著/Harper Business

18)「FOCAL POINT」
Brian Tracy 著/AMACOM

19)「成功者の告白」
神田昌典 著/講談社

人のストーリーから学べることは非常に多い。成長意欲の高い人程、一読しておきたい本。

20)「自己プロデュース力」
齋藤孝 著/大和書房

再読。モハメド・アリの「先に宣言し、後からそれに沿うように現実を整えていく」発想はとても共感できた。

|

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »