« Vol.57 『必然性を利用して、価値を高める。』 | トップページ | 今月の本棚 【2004年1月】 »

2004年1月 1日 (木)

Vol.57 『ひとりの時間を確保する。』

人づきあいのことに話を戻すが、家の外にいてもらいたい人もいれば、居間に入ってもらいたい人もいる。キッチンに入ってもらいたい人もいるし、屋根裏部屋にあがってもらいたい人もいる。中には、あなたの寝室に入ってもらいたい人もいる。しっかりした境界線を作るというのは、あなたの生活の中で他人が占める場所をきちんと決めるということだ。他人に好き勝手な場所に入ってきてもらっては困るのだ。さて、この境界線の話と「立ち止まる」ことと、何の関係があるのだろう?「立ち止まる」というのは、ほかの人に向かって、いわばこう言うようなものだ。「みんな、ちょっとここから出てってくれる?準備ができたら、あとで呼ぶから!」。

(『急がない!ひとりの時間を持ちなさい』 デイヴィッド・クンツ 著 
主婦の友社 P.171より引用 )

 生産性の向上が至上命題になりつつある今、気が付かないうちに過労で心身ともに擦り切れている、ということがあります。仕事と心、身体のバランスをいかに保つか、が極めて重要な課題になってきています。特に、心と身体へのケア、どのくらい実践できていますか?
 私は以前はここに全く意識を払っていなかったので、ストレスがピークにくると風邪を引いたり、肩がこったり、気分的にトーンダウンしたりしました。そこで、ある時から私は、仕事が集中的に立て込んで余裕がなくなることを見通した時点で、必ず次のことを行うようにしました。その結果、大きな問題が発生する前に予防できるようになりました。

まず、大きく深呼吸をする。(余裕がない時、ちゃんと息をしていないのです!)
夜寝る前と、朝起きる前にベッドの中で、「私の身体と心はあらゆる面で毎日ますます良くなっている」とつぶやく。(自己暗示です)
血液の循環を良くするための腕振り運動を100回やる。(両腕をまっすぐ前に持ち上げ、重力に任せて後ろまで振り、また元に戻すことの繰り返し)
仕事の帰り道にミスドに寄って、コーヒーを一杯飲みながら、1日の振り返りと今後1ヶ月の見通しについて、イメージを頭の中でボーっと描く。
いつもなら移動の新幹線の中では、講演テープを聴きながら本を読んでいるが、それを辞めて、30分ぐらい窓の外をボーっと眺めている。
ハードスケジュールを乗り切ったご褒美として、車で2時間程度で行ける近場の温泉旅館に予約を入れ、お楽しみを作る。
  
 これらによって、心のケアはかなりできるようになりました。そのためには、ひとりでいられる時間を「積極的に」確保することが必要です。ふつうにしていれば、誰かが近くにいるものです。あなたはひとりの時間、ありますか?

|

« Vol.57 『必然性を利用して、価値を高める。』 | トップページ | 今月の本棚 【2004年1月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事