« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »

2003年12月

2003年12月 1日 (月)

Vol.56 『過去の記録がやる気を引き出してくれる。』

時間で区切ると、さぼろうと思えばいくらでもさぼれます。時間が過ぎるのを、待っていればいい。しかし、強くなるために多くこなそうとすれば、自分のやる気を高めなければいけません。部員のデータは常に取ってありますので、子ども自身が本気になってやろうと思えば、参考データはいくらでもあります。さぼっている子どもを見て、「こら、さぼるな、やれ」と追い込んでいくと、逆に子どもは目を盗んで、もっと上手にバレないようにさぼってやろうと思ったりもします。私の場合は、いいたくなるのをぐっとこらえて、「さぼりたかったらさぼれ。でも、先輩のデータはこうやで」と、子どもたちの内面からのやる気を待ちます。指示したくなって、のどから言葉が出かけますが、ここが我慢のしどころです。

( 『本気の教育でなければ子どもは変わらない』 原田隆史 著 旺文社
P.136より引用 )

 人に言われてからやるよりも、自分でモチベーションを高めて頑張った方が良い。それは、多くの人が言うことでしょう。しかし、実際には人にお尻を叩かれないと行動を起せない人が多いのも事実です。私も新人の頃は上司に怒鳴りつけられながら動いていました。しかし、事業主となった瞬間から、誰もお尻を叩いてくれません。その開放感と逆の意味での厳しさを肌で感じました。これは、サラリーマンから独立した方であれば多かれ少なかれ実感することではないでしょうか。

 特に私は事務所が自宅でしたので、サボろうと思えば、いくらでもサボれてしまいます。そこで、時間の使い方について自分で自分をマネジメントしなくてはいけないと痛感し、開業以来、「いつ何をしたか」「どんな業務に何時間を使ったか」をすべて記録していくことにしました。もうかれこれ5年になります。今改めて5年前の手帳を振り返ると、いかに荒っぽい時間の使い方をしていたか、とビックリします。

 私の手帳は、見開きで1ヶ月30日間の予定が1時間単位で書き込めるスタイルになっています。そして、報酬を頂いた仕事にはマーカーで色をつけ、その色がついた面積で視覚的に時間の有効活用度が分かるようにしてあります。昔は、スカスカに時間が空いていました。しかし、その当時としてはそれなりに忙しいと感じていたはずなのです。つまり、思考のスピードや行動の瞬発力が年々アップしたので、時間の刻み方が細かくなった、ということだと思います。以前は60分でやっと1つの仕事をしていたのが、今は60分あれば、3~4の仕事を並行してこなすことができます。これは過去の記録を残していたからこそ、なしえた成果だと思います。何をやったか、どんな成果を残したか。それを記録に残すことで、過去の自分に勝ち続けていることを確認でき、達成感を味わえるのです。

|

Vol.56 『マズいメロンより、美味しいスイカ。』

 人の価値観って、面白いなあ、と思う出来事がありました。今年のお盆休み、私は家族と仲間達と共に、豪華客船「飛鳥」の3泊4日の船の旅を楽しみました。東京から八丈島に行き、三重県の熊野大花火を見て、横浜に戻る周遊ツアーです。船の旅なんて未知なる体験だったので、ワクワクドキドキし、あっという間でしたが楽しいひとときを堪能しました。帰ってから、知人にその話をしたところ、「うわ~、リッチだねえ」なんて言っていました。それで、私は彼に「あなたはどこに行ったの?」と尋ねると、「5日間ほどハワイに家族で。」と言うではありませんか。
「ちょ~っと待った!リッチなのは、どっちですか?」
彼の言い分はこうでした。ハワイには度々行っているし、パックツアーで格安で行っているから、国内ではあっても豪華客船の旅の方がリッチな気がする、と。

私は本を毎月20冊程度買います。それを全て保存していては、狭い部屋がさらに狭くなるので、保存版にすべき本以外はすべて処分しています。私にとって雑誌は新聞感覚です。つまり、その日のうちに処分します。本は雑誌感覚です。つまり、1ヶ月以内に処分します。私にとっては、必要な情報さえ入手すれば、2度と読まない本を保存する必要性はありません。すると、それを聞いた友人は「勿体無い!」と言いました。そういう彼は、私が本につぎ込む以上のお金をタバコとお酒につぎ込んでいたります。「勿体無いのはどっち?」

先日、あるお店で、スイカが1つ6千円で売っていました。スイカにしては高めですよね。きっと、よほど手間をかけて育てたスイカなのでしょう。味も相当良いと期待できます。それを買っている人を見て、ある人が「うわっ、リッチだなあ。」と言いました。でも、その人は8千円のマスクメロンを買っていました。「リッチなのは、どっち?」

そのとき私が気づいたのは、人は既成概念でモノの価値を見ていることが多いということです。「船の旅は贅沢である」「本を処分するのは勿体無い」「スイカに6千円を払うのは贅沢である」そう言う人が、実は別のところでは他人から見たら「勿体無い」「贅沢だ」と言われるようなお金の使い方をしていることはよくあるのです。
他人の価値観に左右されず、自分の中に価値決定基準を持ちたいものだと思いました。

|

今月の本棚 【2003年11月】

1)「商売の原点」
鈴木敏文 著/講談社

基本の徹底、データからの仮説検証、心理学を学ぶ。いずれも見過ごされがちだが重要なことである。

2)「商売の創造」
鈴木敏文 著/講談社

機会損失の撲滅の追求は、多くの企業の共通課題であろう。

3)「Advertising Secrets of the Written Word」
Joseph Sugarman 著/DELSTAR

ビジネスにおいて、ストーリーを語ることの大切さを理解したい。

4)「『売れるセールス』は女性にまかせなさい」
朝倉千恵子 著/こう書房

5)「お金がないから成功できる『波乗り』経営」
主藤孝司 著/フォレスト出版

プレゼン力を高めたい人は迷わず読もう。中身が充実しているなら、外見も磨くべし。

6)「バカの壁」
養老猛司 著/新潮新書

7)「鉄腕アトムのロボット学」
福田敏男 著/集英社

8)「社長!こんな税理士が会社をダメにする」
平山憲雄 著/日本実業出版社

9)「あなたはナンバーワンになれる」
頼朝 著/河出書房新社

分かりやすくて為になる。ホストがマネジメント論を書いているというギャップも良い。

10)「漂流国家ニッポンの大問題!」
井戸一平 他 著/宝島社

11)「本気の教育でなければ子どもは変わらない」
橘川幸夫 著/平凡社

中学生ですらここまでやっているのだから、経営者がやれないわけがない。気合が入る一冊。

12)「ちょっと話してみました」
船井幸雄 浅見帆帆子 著/グラフ社

夢が叶うと信じるために、叶う道筋をつくることが大切。そのために専門家の力をかりれば良いのであろう。

13)「お金持ちになれる1分間の魔法」
マーク・ヴィクター・ハンセン&ロバート・アレン 著/徳間書店

再読。ロバートの本は時々読み返すことで、視野を遠くに置くことができる。

14)「ロバート・アレンの実践!億万長者入門」
ロバート・アレン 著/フォレスト出版

再読。

15)「実践的オンラインマネー獲得法」
ロバート・アレン 著/東急エージェンシー

再読。

16)「60分間・企業ダントツ化プロジェクト」
神田昌典 著/ダイヤモンド社

再読。

17)「お金をかけずにお金を稼ぐ方法」
ジェイ・エイブラハム 著/PHP研究所

再読。年に数回、ビジネスモデルを見直すために読みたい本。

18)「セクシープロジェクトで差をつけろ!」
トム・ピーターズ 著/TBSブリタニカ

再読。

19)「知能販のプロになれ!」
トム・ピーターズ 著/TBSブリタニカ

再読。

20)「ブランド人になれ!」
トム・ピーターズ 著/TBSブリタニカ

再読。

|

« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »