« Vol.55 『耳の痛い話は、期待する目的を言ってから。』 | トップページ | 今月の本棚 【2003年11月】 »

2003年11月 1日 (土)

Vol.55 『目標の根拠は、自分でつくる。』

集中している人間は、他と「比べる」ことによって、行動の基準を極めることはありません。自分自身で決めた、しっかりとした目標を持つことを心がけます。また、世の理や、自然界の法則に合致した理想を構築し、時間に惑わされることなく、焦らずじっくりとその目標に向かって突き進んでいきます。このような人は不思議なオーラに包まれ、話す言葉は明快で頼もしく、周りを大いに巻き込んでいきます。十九世紀アメリカの思想家で、牧師のエマーソンは、「たったひとりの賢者が仲間の中にいればよい。そうすれば全員が賢くなる。伝染力というものはかくも急速である」と説いています。

( 『「孫子」に学ぶ仕事完遂力』 梅谷忠洋 著 PHP研究所 P.30より引用 )

 先日、歯科医師を対象にセミナーを行い、こんな質問を投げかけました。
「皆さん、売上目標はどうやって決めますか?」
「販売会社の営業マンが数百万円の器材を売り込みにきた時、どういう基準で買うかどうかを決断しますか?」
「資金が不足して、銀行に借金をするかしないかを決めるとき、借金の上限はどのように決めていますか?」

 すると、こんな答えが返ってきました。
「売上は、昨年対比で決めます。不況なので、昨年同等くらいならいいかな、って。」
「その器材を買うかどうかは、周りの同業者に相談して決めます。」
「借金の上限は、銀行が貸してくれない、というまでは借ります。」

 そこで私は彼らに聞いてみました。
「その根拠で決断したとして、どれぐらい納得感はありますか?」
すると、ほとんどの人が戸惑った表情を浮かべるのです。そうです、納得していないのです!
だけど、目標の根拠をどうやってつくれば良いかが分からないので、回りに基準を求めているに過ぎないのです。これは、会社を流れるお金の入りと出の構造を知らないから、という理由もありますが、それ以前に、自分が何を目指し、どうなりたいのか、を具体的に描けていないから、ではないかと思いました。

 私は自分の目標をつくるとき、意識していることは2つあります。1つは、目先で考えるのではなく、3年、5年、10年という長いスパンで考えた上で、さかのぼって今を考える、ということ。もう1つは、なぜそれを目指すのか、という理由づけです。言わば、自分や周りの仲間を奮い立たせる大義名分があるかどうか、を重要視しています。その目標が、何年も追い求め続けるに足る魅力を持っているかどうか!?私は時々見直すようにしています。

|

« Vol.55 『耳の痛い話は、期待する目的を言ってから。』 | トップページ | 今月の本棚 【2003年11月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事