« 今月の本棚 【2003年9月】 | トップページ | Vol.54 『社長は、社員の目隠しを外せ!』 »

2003年10月 1日 (水)

Vol.54 『“お金がない”“時間がない”というウソ?』

 日常会話で、こんな言葉を耳にすることがあります。

「お金がないから、それは買えません」「時間がないので、それはやれません」

これって、とても便利な断り文句ですよね。なぜ断り文句かというと、「お金がない」と言いながら、飲み屋で一晩でその金額を使い果たし、「時間がない」と言いながらもメルマガの乱読やネットサーフィンで数時間費やしたりしているからです。要はその人の中での優先順位が低い、ということに他なりません。
でも、そのような曖昧な常套文句も、相手によっては通用しない場合があります。実際、私の周りでも、言葉をきちんと使おう、という傾向が徐々に強くなってきました。

では、真実の言葉を使うとしたら、どんな表現になるのでしょうか?

「お金がないから、それは買えません」
 ⇒「私は、それにはそれだけの金額を支払う価値を見出せないので、
   買いません」
「時間がないので、それはやれません」
 ⇒「他に時間を使いたいことがあるので、それはやりません」

う~ん、カドの立つ表現ですよね。もっと、丸く言うことはできないのでしょうか?
そう思いながら、気が付きました。相手に聞けば良いのだと。すると、こうなります。

「お金がないから、それは買えません」
 ⇒「私がそれに、それだけの金額を支払う価値をどうやって見出せば
   良いか、教えて頂けますか?」
「時間がないので、それはやれません」
 ⇒「今、既に時間を使ってやりたいことがこれだけあるのですが、
   どのように時間調整をすれば良いか、一緒に考えていただけますか?」

曖昧な表現で逃げるのではなく、相手に聞いてしまえばよいと思うと、気が楽ですね。

|

« 今月の本棚 【2003年9月】 | トップページ | Vol.54 『社長は、社員の目隠しを外せ!』 »

今月のワニレポ(今月の気づき)」カテゴリの記事