« Vol.52 『与えると、エネルギーが高まる。』 | トップページ | Vol.53 『最近、10分間以上真剣に話を聞いて もらったのは、いつ?』 »

2003年8月 1日 (金)

今月の本棚 【2003年8月】

1)「『孫子』に学ぶ仕事完遂力」
梅谷忠洋 著/PHP研究所

ビジネスマン必読の書。頭の中を空っぽにしておくことが、ヒラメキを多く得られるコツであることは、まさに実感!そのためにもメモは必須。

2)「牛乳神話完全崩壊」
外山利通 著/メタモル出版

牛乳に対する既成概念が強い人ほど、ショックを受ける。

3)「常識破りの超健康革命」
松田麻美子 著/グスコー出版

ライフスタイル革命に続き、常識を疑い、健康になりたい人は読みたい本。

4)「人生の選択」
大橋巨泉 著/講談社

久々の再読。人生設計を考える上で、参考材料になる。

5)「プレゼンスマネジメント」
鈴木義幸 著/日経BP

プレゼン力を高めたい人は迷わず読もう。中身が充実しているなら、外見も磨くべし。

6)「『スモールビジネス』成功のセオリー90!」
射手園達一 著/光文社

7)「成長経済の終焉」
佐伯啓思 著/ダイヤモンド社

意欲や動機が高まるのは、先の見通しがつくかどうか。このメカニズムは、経営にもいかせる。

8)「無法外資」
徳本栄一郎 著/講談社

おごることなく、社会の現実をよく見た上で、施策を実行する謙虚さが大切と実感させられる。

9)「暇つぶしの時代」
橘川幸夫 著/平凡社

「どんな時間の使い方をしたか」その納得と満足を満たすことが大切な時代。まさしくその通りだと思う。闇雲スケジューリングで忙しくするのはラットゲームでしかない。

10)「ビル・ゲイツの面接試験」
ウィリアム・パウンドストーン 著/青土社

前提条件を疑問視する力と、新しい視点から見る力。これは今後ますます磨いていきたい能力である。

11)「『クビ!』論。」
梅森浩一 著/朝日新聞社

前提条件をふまえないままの、よそからのノウハウ導入はあまりにも危険であることを気づかせてくれる。

12)「百万分の一の歯車」
松浦元男 著/中経出版

知的労働に対するプライドを貫く姿勢は小気味いい。

13)「タイムマシンをつくろう!」
ポール・デイヴィス 著/草思社

私が生きているうちに、タイムマシンが開発されるなら、未来に行くだろうか?それとも・・・。

14)「嫉妬学」
和田秀樹 著/日経BP社

ジェラシーを成長の原動力に使えるなら、ポジティブにとらえて活用すべき。エンビーとの違いはよく分かっておくべし。

15)「ブラック・ジャックはどこにいる?」
南淵明宏 著/PHP研究所

日本の医局システムは、一般人には知るべくも無い。こういうクローズドなシステムも、数年後にはオープンとなり、崩壊するであろう。

16)「私はどうして販売外交に成功したか」
フランク・ベトガー 著/ダイヤモンド社

再読。販売における最大の秘訣は「情熱」。情熱のある状態こそが、最大の成果を出すのであろう。その次にテクニックが必要になる。

17)「HOW TO GET RICH IN MAIL ORDER」
MELVIN POWERS 著/WILSIRE BOOK CO

アメリカでは20年以上も前から、これだけの広告ノウハウがあったんですね。日本ではここ数年でやっとやっているが。

18)「なぜ、あの人はうまくいくのか」
シャド・ヘルムステッター 著/きこ書房

再読。自分が自分に投げかける一語一句に耳を傾けてみよう。

19)「ウケる技術」
小林昌平 山本周嗣 水野敬也 著/オーエス出版社

写真とコメントのギャップが楽しい。笑いを分析的に解説した珍しい1冊。

20)「なぜあの商品は急に売れ出したのか」
マルコム・グラッドウェル 著/飛鳥新社

再読。人の集団心理のメカニズムは、ビジネスを行う上で把握しておきたい要素である。

|

« Vol.52 『与えると、エネルギーが高まる。』 | トップページ | Vol.53 『最近、10分間以上真剣に話を聞いて もらったのは、いつ?』 »

今月の本棚」カテゴリの記事