« Vol.51 『アイデアは足元に落ちている。』 | トップページ | Vol.52 『“Eメールは遠くの人とのやりとりに使う” は、既成概念では?』 »

2003年7月 1日 (火)

今月の本棚 【2003年7月】

1)「癒し大全」
チャック・スペンザーノ 著/ヴォイス

日頃の自分の振り返りをするのに良い本。

2)「ハリウッド・ハルク・ホーガン」
ハリウッド・ハルク・ホーガン&まいける・ジャン・フリードマン 著/エンターブレイン

3)「神話の法則」
クリストファー・ボグラー 著/愛育社

4)「目覚めの一言、いい気分」
松浦英行 著/英光舎

1日1ページ、アットランダムに読みたい本。ワニレポにも通じるにおいを感じた。

5)「金持ち父さんの若くして豊かに引退する方法」
ロバート・キヨサキ 著/筑摩書房

レバレッジの威力をつくろう、という新しい目標値を与えてくれた1冊。

6)「なぜあの商品は急に売れ出したのか」
マルコム・グラッドウェル 著/飛鳥新社

これからメルマガや本を多くの方に読んで頂くためのヒントとして学びが多かった。

7)「『10分刻み』ニッチタイム超勉強法」
中島孝志 著/講談社

10分ごとに違うことをやって、脳に刺激をあたえるというのは、とても良い手法である。

8)「乙武レポート ’03」
乙武洋匡 著/講談社文庫

本文以上に、私にとってはあとがきに気づきを得た。新しいフィールドを開拓する姿勢にとても共感した。

9)「不思議と説得力のあるセールストークの秘密」
朝倉千恵子 著/こう書房

朝倉さんの人間ドラマの中に、充実した人生を歩むための秘訣がちりばめられた良書。自分を実際以上に高く見せない変わりに低くも見せない一貫した姿勢は重要。

10)「成功のストーカー」
高橋敏浩 著/アチーブメント出版

いかに人柄を表現するか、そしていかに自分と自分の商品に確信を持つかが、成功の秘訣のようだ。

11)「デカい態度で渡り合え!」
近藤藤太 著/フォレスト出版

海外でいかに渡り歩くか、を学ぶのに良い参考書となる。ちょうど英会話をトレーニング中なので、テキストとして。

12)「CONFESSIONS OF SHAMELESS SELF PROMOTERS」
DEBBIE ALLEN 著

著書を拡販するための5つのコツは習慣化したい。mail a letter, send out a news release, phone someone,take an editor to lunch, contact the media.

13)「社員心得帖」
松下幸之助 著/PHP研究所

リーダーは「解決の道は無限にある」との信念を持ち、積極的に皆を導く姿勢が大切。

14)「経営心得帖」
松下幸之助 著/PHP研究所

広告宣伝は、売らんかなではなく、本当に良いものを世の中に知ってもらうために行うのが基本。

15)「ユダヤ人大富豪の教え」
本田健 著/大和書房

幸せなお金持ちになるための考え方やモノの見方がよく分かる良書。これは繰り返し読みたい。

16)「実践的オンラインマネ獲得法」
ロバート・G・アレン 著/東急エージェンシー

新メルマガの発行もふくめ、ネットの活用をさらにバージョンアップしたいので、読み返した。情報起業家なら必読。

17)「NO.1理論」
西田文郎 著/現代書林

脳が現実と勘違いしてしまうぐらい、リアルなイメージング力を身につけたい。これは繰り返しの産物だろう。

18)「巨富を築く13の条件」
ナポレオン・ヒル 著/きこ書房

いかに部下に仕事を任せるか。それに熱心になるリーダー程、次のチャレンジを迎えることができる。

19)「『原因』と『結果』の法則」
ジェームズ・アレン 著/サンマーク出版

シンプルで薄い本ながら、極めて重要なキーワードが盛りだくさん。繰り返し読みたい本。

20)「キャッシュフロー経営って?」
和仁達也 著/デンタルダイヤモンド社

この本は、極めて実践的でわかりやすい。小企業経営者は必読の書。(と自分で評するのも妙なものだが)

|

« Vol.51 『アイデアは足元に落ちている。』 | トップページ | Vol.52 『“Eメールは遠くの人とのやりとりに使う” は、既成概念では?』 »

今月の本棚」カテゴリの記事