« Vol.49 『生まれたアイディアに命を吹き込む。』 | トップページ | Vol.50 『立ち止まってみる。』 »

2003年5月 1日 (木)

今月の本棚 【2003年5月】

1)「90日で幸せな小金持ちになるワークブック」
本田健 著/ゴマブックス

2)「もっとも大切なこと」
ハイラム・W・スミス 著/キング・ベア-出版

3)「価格の決定権を持つ経営」
酒井光雄 著/日本経営合理化協会

これは主導権を握った経営をしたい人は必読。演習シートもついていて、実践的な本。

4)「『原因』と『結果』の法則」
ジェームズ・アレン 著/サンマーク出版

成功哲学の原書。薄くてスラっと読めるだけに繰り返し読みたい。毎晩のフォトリーディングに向いている。

5)「お金持ちになれる1分間の魔法」
マーク・ヴィクター・ハンセン&ロバート・アレン/徳間書房

お金持ちになる人の思考パターンを身に付けるために、この本は毎月目を通したい。1つの収入源に頼らず、複数の収入源をつくることが大切だ。

6)「ニワトリを殺すな」
ケビン・D・ワン 著/幻冬舎

失敗を犯した原因を追究して反省し、二度と同じ原因で失敗をしないようにすることが肝心。

7)「SONYの旋律」
大賀典雄 著/日本経済新報社

8)「HOW TO MAKE MILLIONS WITH YOUR IDEAS」
DAN S. KENNEDY 著/A PLUME BOOK

概要をつかむだけでも興味を引くトピックが盛りだくさん。また改めてじっくり読みたい。

9)「鈴木敏文の『統計心理学』」
勝見明 著/プレジデント社

今が安定しているからこそ、将来に不安を持つ。安定はときに人を弱くする、ということに気づかされた。

10)「たった1行の成功法則」
竹村健一 著/青春出版社

自分にハッタリをかける(公言する)ことで、やらざるをえない状況に自分を持っていくことが実力の幅を伸ばす最善の方法とは、納得である。

11)「中村天風と植芝盛平 氣の確立」
藤平光一 著/東洋経済新報社

12)「言葉の「氣力」が人を動かす」
藤平光一 著/講談社+α文庫

「重みは下」このひと言で、心身統一ができ、不安定さがなくなるのは、不思議だがパワフルだ。

13)「勝者のビジョン」
マーク・アレン 著/PHP研究所

「はっきりした目標に心を集中させなさい。そうすれば細部は宇宙が整えてくれます」成功のビジュアル・イメージの大切さを思い出させてくれる本。

14)「人を集める」
堀貞一郎 著/TBSブリタニカ

プロデューサーとはどういう仕事か、よく分かる。人集めの戦略のお手本として、何度も繰り返し読みたい。

15)「宇宙の響き 中村天風の世界」
神渡良平 著/致知出版社

心を積極的にして、魂のレベルを向上させることの大切さに気づかせてくれる。自分を振り返りたい時に読みたい。

16)「コーチングが人を活かす」
鈴木義幸 著/ディスカヴァ-21

コーチングの基本スキルをおさらいするのにぴったりのテキスト。

17)「なぜ、あの人はうまくいくのか」
シャド・ヘルムステッター 著/きこ書房

無意識に自分に投げかけている言葉を振り返り、軌道修正したいときに読みたい。

18)「変な人の書いた成功法則」
斎藤一人 著/総合法令

成功するには、「楽しくて楽しくて、仕方がない」というストーリーを考えることが大切。

19)「変な人の書いたツイてる話 I」
斎藤一人 著/総合法令

20)「変な人の書いたツイてる話 II」
斎藤一人 著/総合法令

|

« Vol.49 『生まれたアイディアに命を吹き込む。』 | トップページ | Vol.50 『立ち止まってみる。』 »

今月の本棚」カテゴリの記事