« Vol.48 『大好きなことを見つけ、それを仕事にする。』 | トップページ | Vol.49 『このアクションの“梃子(てこ)”はどこか?』 »

2003年4月 1日 (火)

今月の本棚 【2003年4月】

1)「お金持ちになれる1分間の魔法」
マーク・ヴィクター・ハンセン&ロバート・アレン 著/徳間書店

1億円を稼ぐ覚悟さえ本物なら、アプローチはいくらでもあることを具体的に物語としてイメージさせてくれる。実践的で面白い。

2)「質問する力」
大前研一 著/文藝春秋

具体的な質問は具体的な答えをもたらす。今は知識をつけること以上に、質問を作り出す力を磨くことが大切な時代だと感じる。そんな人に読んで欲しい1冊。

3)「不良牧師!「アーサー・ホーランド」という生き方」
アーサー・ホーランド 著/文春文庫

4)「海辺のカフカ(上)」
村上春樹 著/新潮社

ちょっと日常から離れた異質な疑似体験をしたいときにぴったりな本。この本は小説なので、フォトリーディングではなく普通にじっくり読んたので時間がかかった。

5)「海辺のカフカ(下)」
村上春樹 著/新潮社

6)「TESTED ADVERTISING METHODS」
JOHN CAPLES 著/PRENTICE HALL

初めて洋書にチャレンジ。今月から月に1冊のペースで原書を見る(watch)ことにした。読む(read)ではなく・・・。

7)「ブランドなんかいらない」
ナオミ・クライン 著/はまの出版

ブランドつくりをする際には、同時に思わぬ反発の要因をつくらないよう、じっくりマクロ的に考えることが大切ですね。

8)「日本人よ、侍スピリットでよみがえれ!」
竹村健一 鍋島健士 著/致知出版社

日本人がもともと持っている精神的な柱を思い起こすこと、自分を信じることの大切さに気づかせてくれる。

9)「選ばれる男は見かけが違う!」
酒井尚子 著/PHP研究所

人前に出ることが多くなったので、どう見られているかにも少しは意識を払おうかと・・・。

10)「業績をのばす心技体」
内山博之 著/新日本保険新聞社

11)「地球人口100億の世紀」
大塚柳太郎 鬼頭宏 著/ウェッジ

スケールの小さなことに悩んでいる場合じゃないとグローバルな視野を持てる本。

12)「今がどん底這い上がるしかないじゃないか」
落合信彦 著/青春出版社

目先の狭い世界で生きているなあ、と感じたときに落合氏の本は視野を世界に向けて広げてくれる。

13)「金持ち父さんのビジネススクール」
ロバート・キヨサキ 著/マイクロマガジン社

ネットワークビジネスをやることには私は興味がないが、そのメカニズムと特長を把握する意味で読んでみるには良い本だった。

14)「パワープレイ」
内藤誼人 著/ソフトバンクパブリッシング

ここに書かれたノウハウは、プレゼンテーション、セールスにおいて即使えるものが盛り沢山。実践するかどうかは別として、知識としてまずは持っておきたい。

15)「非常識に儲ける人々が実践する成功ノート」
起業家大学 著/三笠書房

これまでの神田さんの本を短時間で総復習するには便利な1冊。

16)「なぜあの人はカリスマがあるのか」
中谷彰宏 著/ぜんいち

自分の魅力を磨くためのコツが満載。カリスマはライフスタイルを売っているという発想には大いに共感した。

17)「斎藤一人の百戦百勝」
小俣貫太 著/東洋経済新報社

本人ではなくお弟子さんが書かれたところに分かりやすさがある。商売人のプロとしての考え方が盛りだくさんで何度も読みたい本。

18)「7つの習慣」
スティーブン・R・コヴィー 著/キング・ベア-出版

19)「日本人らしく凛と生きる武士道の智恵」
梅谷忠洋 著/ゴマブックス

自分の考え方がぶれていないか。自分に問い掛けたいときに確かな物差しを与えてくれる貴重な1冊。

20)「金持ち父さん貧乏父さん」
ロバート・キヨサキ 著/筑摩書房

|

« Vol.48 『大好きなことを見つけ、それを仕事にする。』 | トップページ | Vol.49 『このアクションの“梃子(てこ)”はどこか?』 »

今月の本棚」カテゴリの記事