« Vol.46 『なぜ私はそれをやりたいのか?』 | トップページ | Vol.47 『ビジョンなきキャッシュフロー経営は、 あなたのエネルギーを抑えつける。』 »

2003年2月 1日 (土)

今月の本棚 【2003年2月】

1)「勉強の達人」
西口正 著/日新報道

2)「タイムシフティング」
ステファン・レクトシャッフェン 著/日経ビジネス人文庫

時間の流れるスピードを意識してシフトダウンするという概念は、ぜひ実現できるようになりたいものだ。

3)「幸せな小金持ちへの8つのステップ」
本田健 著/ゴマブックス

自分がやりたいことをやりながらお金持ちになれる。両方とも勝ち取ることが、実はできるんですね。

4)「実践的オンラインマネー獲得法」
ロバート・G・アレン 著/東急エージェンシー

ホームページやメルマガを利用して収入源をつくりたければ、これを読め!という、金儲けに徹した素晴らしい参考書。

5)「バビロンの大富豪」
ジョージ・S・クレイソン 著/キングベアー出版

必要な経費と自分自身の欲求を混同してはいけない。支出は必ず収入に応じて増えていくものなのだから。

6)「斉藤一人の百戦百勝」
小俣貫太 著/東洋経済新報社

一人さんの講演を聞いているような、分かりやすい商売のテキスト。

7)「ワンダフル・ライフ」
スティーヴン・ジェイ・グールド 著/早川書房

8)「営業マンは断ることを覚えなさい」
石原明 著/明日香出版社

コミュニケーション社会における対等な営業スタイルの概念を植え付けてくれる1冊。

9)「言葉の「気力」が人を動かす」
藤平光一 著/講談社+α文庫

自分の心構えを前向きにしたい時に何度も読み返したい本。

10)「当たり前だけどわかっていない経営の教科書」
武沢信行 著/明日香出版社

11)「企業再建屋が書いた借りたカネは返すな!」
加治将一 八木宏之 著/アスキーコミュニケーション

12)「楽しくなければ会社じゃない」
堀貞一郎 著/プレジデント社

再読。現在進行中のコースで、カンパニースピリッツ(企業理念)を策定するための課題図書として活用中。何度も読み返したい良書。

13)「働きがいのある人生」
ブライアン・トレーシー 著/きこ書房

再読。「最も価値の高い仕事から着手する」これを毎日心がけるだけで、投資効果は何倍にもなると実感した。

14)「勝者のビジョン」
マーク・アレン 著/PHP研究所

再読。副題の「夢みる勇気をもつ人だけが成功を手にできる」とはまさに勇気付けられる言葉です。夢をみるのも勇気がいるんですね。

15)「となりの億万長者」
トマス・J・スタンリー&ウィリアム・D・ダンコ 著/早川書房

再読。収入よりはるかに低い支出で生活する。この習慣づけを収入が小さなうちに付けておくことがお金持ちになる為の基本のようだ。

16)「金持ち父さん 貧乏父さん」
ロバート・キヨサキ 著/筑摩書房

再読。お金に関する知識と技術、そして人とのコミュニケーションの技術などの教育を、子供にはしっかりしてあげたい。

17)「7つの習慣」
スティーブン・R・コヴィー著/キング・ベアー出版

再読。状況を改善する最も良い方法は、自らのあり方に働きかけ続けること。主体性を発揮する基本は、シンプルで深い。

18)「日本人らしく凛と生きる武士道の智恵」
高井伸夫 著/かんき出版

再読。読むたびごとに気づきを得られる本。リーダーは、欲求・決断・巻き込みの3大パワーを強化しよう。

19)「100万ドルの法則」
ブライアン・トレーシー 著/きこ書房

再読。億万長者になるための21の法則のうち、いくつ実践しているか。ちなみに私は今のところ17は実践中。あと4つはこれからの課題。

20)「七田式超右脳英語勉強法」
七田眞 著/KKベストセラーズ

再読。英会話に限らず、学習のコツは、事前に深呼吸とイメージトレーニングをして、左脳から右脳の学習モードに切り替えることのようだ。自分に投げかける肯定的な言葉が進行を促す!

|

« Vol.46 『なぜ私はそれをやりたいのか?』 | トップページ | Vol.47 『ビジョンなきキャッシュフロー経営は、 あなたのエネルギーを抑えつける。』 »

今月の本棚」カテゴリの記事