« Vol.45 『異質環境体験を与えれば、ここが観光地になる。』 | トップページ | Vol.46 『“やれない”のか“やらない”のか。』 »

2003年1月 1日 (水)

今月の本棚 【2003年1月】

1)「目先の利益を捨てなさい」
広岡等 著/東洋経済新報社

本当のサービスは、お客さんの潜在意識にアピールし、受け入れてもらってこそのものなのですね。

2)「なぜあの人は部下をイキイキさせるのか」
中谷彰宏 著/ダイヤモンド社

10回言って通じないことは20回、20回言って通じないことは30回言う。大切なことならそこまで言うべきなんですね。

3)「なぜあの人はリーダーシップがあるのか」
中谷彰宏 著/ダイヤモンド社

夢と現実の距離を教え、詰めていくことは、リーダーの重要な役割の1つですね。

4)「コーチング・バイブル」
ローラ・ウィットワース他 著/東洋経済新報社

5)「小さな会社 儲けのルール」
竹田陽一 栢野克己 著/フォレスト出版

リピーターをしっかりつかむ工夫を心がけたい。

6)「ザ・プロフィット」
エイドリアン・スライウォツキー著/ダイヤモンド社

7)「こうすれば儲かる!」
ブライアン・シャー 著/きこ書房

8)「笑って金持ちになる方法」
リック・シーゲル&ダレン・ラクロワ 著/扶桑社

仕事にユーモアをおりまぜる習慣は是非取り入れたい。

9)「英語は絶対、勉強するな!」
チョン・チャンヨン 著/サンマーク出版

去年読んだだけで実践しなかった。今年初めてアメリカに行って、英語を話せない悔しさを味わったので、今年こそ・・!

10)「七田式超右脳英語勉強法」
七田眞 著/KKロングセラーズ

右脳活用のアプローチから英会話も学べる論理がとてもユニーク。

11)「ビッグ・ファット・キャットの世界一簡単な英語の本」
向山淳子 向山貴彦/幻冬舎

文法の基礎の基礎をわかりやすく教えてくれる。

12)「モリー先生との火曜日」
ミッチ・アルボム 著/NHK出版

人生に一層の価値をもたせるために、どんなことを考えればよいか。今すぐそれを探す旅に連れて行ってくれる良書。

13)「巨象も踊る」
ルイス・ガースナー 著/日本経済新聞社

ガースナーがIBMという巨大組織をいかに動かしたか、特にメールを社員とのコミュニケーションツールとして最大限活用している点が印象的。メール文章を公開している点もすごい。

14)「高塚猛の実践企業よみがえり学講座」
高塚猛 著/財界研究所

15)「仕事に効くビジネス書超要約101選」
藤井孝一 編集/ぶんか社

何冊もベストセラーを書く人には、本を書くことで果たしたいミッション、こだわりが明確ですね。インタビューが参考になる。

16)「武士道」
新渡戸稲造 著/教文館

TVなどから知る武士のイメージと実際の姿には、かなり違いがありそうだ。ここまで厳しさを追求するかどうかは別として、その魂は日本人として忘れずに継承したい。

17)「ポータブル・コーチ2」
トマス・レナード 編/ディスカヴァー21

自分の発想を広げる質問を自分に投げかける、セルフコーチングに使える1冊。

18)「朝10時までに仕事は片づける」
高井伸夫 著/かんき出版

朝、早く起きた方が良いことは分かるが、いまだ夜型の私であった。

19)「思考は現実化する」
ナポレオン・ヒル 著/きこ書房

かつて様々なハードルを乗り越え、私たちが知っている偉業を成し遂げた実例を思い出すことで、勇気が湧いてくる。定期的に読み直したい本。

20)「人生の意味」
キャロル・アドリエンヌ 著/主婦の友社

シンクロニシティの威力を再認識できる。どうせ寝るなら、寝ている間もビジョン実現のために活用したい。

|

« Vol.45 『異質環境体験を与えれば、ここが観光地になる。』 | トップページ | Vol.46 『“やれない”のか“やらない”のか。』 »

今月の本棚」カテゴリの記事