« Vol.42 『試練を楽しむための工夫。』 | トップページ | Vol.43 『提案を与えるよりも、選択肢を与える。』 »

2002年10月 1日 (火)

今月の本棚 【2002年10月】

1) 「よしもと革命宣言」
吉本総合研究所 編/幻冬舎

ここまで会社のビジョンをオープンにできるよしもとはすばらしいと感じた。

2)「しあわせを感じる技術」
しあわせ研究プロジェクト 編/東洋経済新報社

3)「会議革命」
齋藤孝 著/PHP研究所

自社の会議を客観的に見直したいときにチェックリスト代わりに使えそう。

4)「チェンジ・ザ・ルール!」
エリヤフ・ゴールドラット 著/ダイヤモンド社

5)「国家破産?気づいた人には大チャンス」
浅井隆 著/あ・うん

経営者がこれから磨くべきスキルを実体験にもとづき分かりやすく提示している良書。直感を磨くこと、自ら変化することがキーワードですね。

6)「会社を変える「日本式」最強の法則」
デイル・ドーテン 著/きこ書房

7)「君に成功を贈る」
中村天風 述/日本経営合理化協会出版局

自分の心を積極的にする言葉を見つけたいときに読みたい。

8)「NO.1理論」
日下公人 著/ソニー・マガジンズ

プラス思考になれ、という本が多い中で、どうやってプラス思考に自分を誘導するかをここまで詳しく解説している本は貴重!

9)「強い会社はこうしてつくれ!」
堀紘一 著/PHP研究所

10)「吉本興業から学んだ「人間判断力」」
木村政雄 著/講談社

11)「理念経営のすすめ」
田舞徳太郎 著/致知出版社

12)「できる男が選ぶ生き方ビジネスダディ」
トム・ハーシュフェルド ジュリー・ハーシュフェルド著/きこ書房

子供が生まれたばかりのときに、タイムリーな本を発見!ビジネスパーソンが育児に対してどんなスタンスを確立すると豊かな人生を送れるか、を分かりやすく示してくれる。

13)「Sカーブ」が不確実性を克服する」
セオドア・モディス 著/東急エージェンシー

努力だけではライフサイクルは変えられない。ならば、今はそれに乗りつつ、次の成長カーブをつくる分野を準備しておこう。

14)「自分を伸ばす「実践」コーチング」
藤田完二 高橋慶治 木村孝 著/ダイヤモンド社

15)「全部無料で宣伝してもらう、対マスコミPR術」
玉木剛 著/翔泳社

マスコミの活用法は、中小企業こそ研究したいテーマである。

16)「日本さん家の家計簿」
読売新聞経済部/祥伝社

日本を家庭に見立てると、この異常な財政状態は誰にでもよく分かる。

17)「こうして会社は儲かった!180日間売上拡大日記」
山田英司 著/フォレスト出版

18)「3秒間リラックス」
ミナ・ハミルトン 著/ディスカヴァー21

めまぐるしく忙しい日々を過ごす中で、我に返る時間をもち、自分の体に意識を向ける時間を持ちたい。具体的なリラクゼーション法が満載。

19)「スピード自己実現」
中谷彰宏 著/ダイヤモンド社

後から挽回ではなく、最初にスタートダッシュしてリードしておくことが大切なのは、マラソンと同じですね。

20)「億万長者が教える!億万長者になりたければ、貧乏になれ!」
杉崎仁志 著/文芸社

|

« Vol.42 『試練を楽しむための工夫。』 | トップページ | Vol.43 『提案を与えるよりも、選択肢を与える。』 »

今月の本棚」カテゴリの記事