« Vol.40 『やる気のある人の行動を後押しするコツは、 ①傾聴⇒②フィードバック⇒③承認⇒④提案。 』 | トップページ | 今月の本棚 【2002年8月】 »

2002年8月 1日 (木)

Vol.40 『自分の意見の押しつけではなく、役立つ情報の伝達に徹する。』

この本を読んでいる人の中で、人前で話すという状況を与えられた場合、あまり得意でない人にも、そのコツをお教えすることができます。それは、自分が思っていることを他人に押しつけるのではなく、自分の持っている「情報」を話せばよい、ということです。聞いている人たちは、その人の「好きだ」「嫌いだ」「こうすべきだ」「こう生きるべきだ」という話を聞きたいわけではありません。

『ただしい人からたのしい人へ』 小林正観 著 弘園社 P.62より引用

 人の話を聞くときに、私はあることを意識しています。それは、「事実と解釈(あるいは思い込み)を分けて聞く」ということ。私は毎月いろいろなコンサルタントや経営者の講演を聴きに行きます。その中でも、引き込まれる話・説得力のある話をする人と、受け入れ難い話し方をする人がいます。引き込まれる話に共通することは、「事実や情報を客観的に話している」場合のようです。
 その人が経験したこと、見たこと、気づいたことを情報として伝えてくれる分には、(内心でいろいろな感想を抱きながらも)素直に聞けます。それは、その情報を受け取るか否かは聞き手に委ねられていて、選択権を守られているからです。
 しかし、そこからもう一歩踏み込んで「だからこうすべき、こうあるべき」と「べき論」になった途端、聞き手の中に"反発心"が芽生え始めるのです。これは、話し手のエネルギーのベクトルが聞き手に突き刺さるからです。聞き手は、話し手が自分の領域に踏み込んできたと感じた途端に、身構えます。そして、反撃を開始します。(聞き手に反論する、無視する、など)

 先日、ある方にこんなアドバイスをいただきました。 「和仁さんは正しいことを言っているが、それを押し出し過ぎると、中には若さ故に"生意気だ"とか抵抗感を持つ人も出てくるかも知れない。そういう場合は、『~という話を聞きました。私もそれについては、~と考えています。』という風に、ワンクッション置いて自分の意図を伝えると、相手は受け取りやすくなるよ。」

  確かに私が見ていても、若い人がもっともらしいことを流暢に話すと、エラソウに見えますから、このアドバイスはとても身にしみました。
  当然、ときには自分の考えや思い、要望を率直に伝えるべき場面もあります。それはそれで必要なことです。要は、「私は今、彼らにこの話をすることで、何を得たいのか?(情報の伝達、気づき、行動の変革、協力の取り付け、・・・etc)」という質問を、常に自分に投げかけることが大切なのだと思うのです。

|

« Vol.40 『やる気のある人の行動を後押しするコツは、 ①傾聴⇒②フィードバック⇒③承認⇒④提案。 』 | トップページ | 今月の本棚 【2002年8月】 »

今月のワニレポ(今月の一冊から)」カテゴリの記事