« Vol.39 『今のポジションの寿命を、自分で決める。』 | トップページ | Vol.40 『やる気のある人の行動を後押しするコツは、 ①傾聴⇒②フィードバック⇒③承認⇒④提案。 』 »

2002年8月 1日 (木)

今月の本棚 【2002年7月】

1)「どんな壁でも突破できる!」
堀紘一 著/三笠書房

2)「会社をマスコミに売り込む法」
山見博康 著/ダイヤモンド社

自社のノウハウや強みをタダで伝えるノウハウは持っていないとソンである。

3)「非常識」
アントニオ猪木 著/河出書房新社

4)「トヨタ式最強の経営」
柴田昌治 金田秀治 著/日本経済新聞社

5)「トヨタ利益1兆円の経営哲学」
ショーン・コヴィー 著/キングベアー出版

6)「孫子 勝つために何をすべきか」
谷沢永一 渡部昇一 著/PHP研究所

もっとも賢い戦い方は、戦いを未然に防ぐこと。そのために相手をよく知ること。この思考回路は身に付けておきたい。

7)「誰にも聞けなかった値段のひみつ」
小川孔輔 著/日本経済新聞

自社商品の値付けの根拠をいろんな角度で検証するときのヒントが満載です。

8)「組織を救うモティベイター・マネジメント」
A・ブルース J・S・ペピトン 著/ディスカヴァー21

9)「社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった」
香取貴信 著/こう書房

お店のバイトスタッフが、仕事の姿勢やサービスの意味を、構えず学べる、気づける本。

10)「小枝にしばられたゾウ」
ジェフ・トンプソン 著/きこ書房

目標に向かって走る過程でくじけそうになったら読みたい本。

11)「ベストオブマーフィー人生の真実」
ジョセフ・マーフィー ジーン・マーフィー 著/きこ書房

12)「ただしい人からたのしい人へ」
小林正観 著/弘園社

正義感は使い方を間違えると、相手を攻撃する凶器にもなる。楽しさを追求しながら理想を求めることもできるんですね。

13)「転職先は私の会社」
中谷彰宏監修 女性企業塾 著/サンクチュアリ出版

14)「ちっちゃな本がでかいこと言うじゃないか。」
メガミックス 編/学陽書房

言葉って、威力があるなあ。

15)「グレートゲーム・オブ・ビジネス」
ジャック・スタック 著/徳間書店

私がクライアント先で提供しているサービスと重なった。やっている方向性が間違っていないことが確認できて、嬉しかった。

16)「こうすれば組織は変えられる!」
ピーター・クライン バーナード・サンダース 著/フォレスト出版/p>

学習リーダーを任命し、学ぶ習慣付けをすることはこれからの組織体には不可欠ですね。

17)「90秒で”相手の心をつかむ!”技術」
ニコラス・ブースマン 著/三笠書房

18)「トヨタの方式」
片山修 著/小学館文庫

19)「ソニーの法則」
片山修 著/小学館文庫

トランジスタラジオでソニーブランドを切り開いたソニーの切り込み隊長たちの当時の思いが伝わってくる。

20)「なぜデルコンピュータはお客の心をつかむのか」
宇井洋 著/ダイヤモンド社

技術力よりもコミュニケーション力を磨くことの大切さを説く姿勢に、コミュニケーション社会の企業スタンスを感じる。

|

« Vol.39 『今のポジションの寿命を、自分で決める。』 | トップページ | Vol.40 『やる気のある人の行動を後押しするコツは、 ①傾聴⇒②フィードバック⇒③承認⇒④提案。 』 »

今月の本棚」カテゴリの記事