« 2002年5月 | トップページ | 2002年7月 »

2002年6月

2002年6月 1日 (土)

Vol.38 『100年も経てば、だれも覚えていないさ。』

よくないことが起こった時に、「100年もたてば、だれも覚えていないさ」と言う人がいます。(中略)ある男性は、宇宙空間から太陽系を見おろして惑星の運行をながめていました。そこからは、彼自身も、かかえている問題点も、地球の表面のほんの小さなキズのようにしか見えません。これとは別の映像を頭に描く人もいますが、大筋においては同じようなものです。つまり非常に遠くから、そして時間の経過を早めてながめると問題が小さく見えるのです。

『神経言語プログラミング』 リチャード・バンドラー 著 
東京図書 p.50より引用

 考えごとをして、頭の中がいきづまることがあります。堂々巡りしてしまうこともあります。そんなとき私はなるべく自然が恋しくなるのですが、それが何故かわかりませんでした。

 山に行くと、雨に濡れた木や土の匂いがします。川が流れる音、鳥のさえずりも聞こえてきます。空気もきれいで、身体の中の空気をすべて入れ替えるぐらい大きく深呼吸したくなります。それが、頭をリフレッシュしてくれる効果があります。しかし、自然が恋しくなる理由はそれだけではないようです。今思うと

「自分がおかれている環境を、広く大きくすることで、相対的に自分が考えていることのスケールの小ささを実感したいから」

 のような気がします。

 「自分が基準としている尺度」を変えることで、自分が抱えている問題が大きくなったり、小さくなったりします。ボーリングのボールが、1cm刻みの30cmモノサシの横にあると大きく見えますが、1m刻み50mの陸上競技トラックの横にあると、小さく見えます。大きい、小さいというのは主観ですよね。だから、ある人にとって小さな問題が私にとっては大きかったりします。また、その逆もありますね。

  ならば、大きな問題を抱えている人の「基準の尺度」を、今よりも10倍大きくしてあげたら、どうなるでしょうか?たとえば部屋の中だけでうなりながら必死で考えている人が、グランドキャニオンの絶景を見たときに、その問題を同じ深刻さで抱えているでしょうか。

 自分の捉え方を認識し、それを自在にコントロールできれば、悩みも支配できるかも?

|

Vol.38 『直感で動いて、未知なる可能性を広げる。 』

 本をつくりました。開業以来、毎月書き続けたワニレポが3年分たまったのをきっかけに、1冊の本にまとめてみたくなったからです。自費出版の場合、コストもかかるし、それなりにまとまった冊数をつくらなければなりません。「本当に、そんなに多くの人たちに読んでもらえるのだろうか」「採算割れになってしまうのではないか」など、いろいろな不安が頭をよぎりました。

 通常、私の仕事の仕方は「ゴールを決めて、それを逆算して」動きます。なぜなら、ゴールが明確でなければ、途中で挫折したり、成果を評価できなかったりするからです。また、ゴールが不明確なためにまわり道をしたり、非効率に二度手間なことをしてしまうこともあります。

 しかし、この本をつくることについては、直感で決めました。「まあ、知り合いに配ったり、セミナーで販売すれば、それなりにさばけるだろう。それに、コンサルタントという目に見えにくい仕事をしているので、パンフレットがわりになるかも。」という感じです。
 つくってみて、1ヶ月たった今、「やってみて分かった成果」がいろいろありました。

1) 親・親戚・友人に、私がどんな仕事をしているかを知ってもらえた。
(私の親は、いまだに私がどんな仕事をしているか、よく分かっていない)
2) クライアントに、私の考え方を再確認していただけた。
3) クライアント以外の方にも、私のスタンスをお伝えでき、精神的な距離感が縮まった。
4) 読まれた方が、まとめ買いされ、知人にプレゼントしてくれた。
5) 出版経験のある方に、より魅力的な文章の書き方をする上での具体的なアドバイスをいただけた。
6) 日頃私が御用達にしている本屋さんで、販売してくれることになった。

 今後、まだまだ"思わぬ成果"が出る予感があります。ゴールからの逆算発想と同時に、一方では直感で動くことが、未知なる可能性を広げてくれることを改めて実感しました。   その両方のバランスが大切なのかも知れませんね。

|

今月の本棚 【2002年5月】

1)「年間3万円で成功したスーパーインターネット通販」
岩上誠 著/フォレスト出版

販売する商品の価格以上の価値を伝えられる情報量をストーリーで語ることがポイント。

2)「年間3万円でできるスーパーインターネット顧客獲得術」
岩上誠 著/フォレスト出版

まず「儲かるHP」をつくり、次に「アクセス数を増やす」ことがHPで収益をあげるコツなんですね。。

3)「これまでのビジネスのやり方は終わりだ」
リック・レバイン クリストファー・ロック ドク・サールズ デビッド・ワインバーガー 著/日本経済新聞社

4)「新ど忘れ日本政治」
業田良家 著/小学館

今の日本政治を4コマ漫画で鋭く表現!似顔絵の長の捉え方がこれまた絶妙!

5)「カルロス・ゴーン物語」
富樫ヨーコ 作・戸田尚伸 画/小学館

カルロス・ゴーン本人に取材をし、経営者としての半生をわかりやすく描いてある。本人の自著「ルネッサンス」とあわせて読みたい。/p>

6)「新1日24時間をどう使うか」
レイ・ジョセフ 著/ダイヤモンド社

7)「知的経営の真髄」
パトリック・サリヴァン 著/東洋経済新報社

8)「コンサルタントの秘密」
G・M・ワインバーグ 著/共立出版

何気なく見過ごすところを踏みとどまって独特の感性で考察している、気づきを得られる本。

9)「NLPのすすめ」
ジョセフ・オコナー ジョン・セイモア 著/株式会社チーム医療/p>

10)「よりよい人間関係とコミュニケーションスキル」
エーブ&デービッド・ワグナー 著/株式会社チーム医療

11)「NLP」
高橋慶治 著/第二海援隊

12)「リフレーミング」
リチャード・バンドラー&ジョン・グリンダー 著/星和書店

13)「催眠誘導」
リチャード・バンドラー&ジョン・グリンダー 著/アニマ2001

14)「給料の上がる人上がらない人」
出馬幹也 著/東洋経済新報社

15)「竹村健一の最後に勝ちを拾う発想法」
竹村健一 著/青春出版

16)「ONとOFF」
出井伸之 著/新潮社

17)「変な人の書いた買ったら損する本」
斎藤一人 著/総合法令

本当に良いと思ったものだけを売っているのだから、身内に紹介することを躊躇する方がおかしいというのは納得。ただ、それが相手の迷惑にならないことを察する力も必要かな。

18)「the・親父」
近藤昌平 編/KKロングセラーズ

たまには親孝行をしようという気にさせてくれる。

19)「世界でいちばん受けたい授業」
藤原和博 著/小学館

学校の授業も、経営セミナーも、魅力あるものにするコツは、「いかに参加者に参加させるか」「いかに身近な話題を用意するか」ですね。

20)「世界でいちばん受けたい授業2」
藤原和博 著/小学館

|

« 2002年5月 | トップページ | 2002年7月 »